コラム

ボディに色が入ったよ~ メチャクチャ派手で格好良いじゃん!【デュランゴの挑戦 Vol.80】


DURANGO CHALLENGE【デュランゴの挑戦】
世界で一台のマッスルSUV への道Vol.80

驚くほどあったボディのサビを落とし、徹底的な下地処理を行なって、遂に塗装ブースに入りました!今までオールペンって簡単に言ってたけれど、本当に大変な作業を重ねて完成していくんだね~。ともあれ、オレンジデュランゴ披露です!

悩んで作った色が、こんなにも美しいとは

前回を振り返ると、ボディにあった大量のサビは、鉄板も朽ちている部分は切り取り、新たな鉄板を継ぎ足す「切り貼り」をし、中程度の部分はサビを削り取り、防錆剤を塗り込むなどの防錆対策を実施。加えてボディの傷や凹みも補修して、ボディをサンディングする下地処理を行なったのだ。華やかに変わるオールペンの裏には、地道な作業があってこそ綺麗に仕上がるってことが分かったね。台風の影響でガレージジョーカー周辺も停電があり、スタッフの島田さんの自宅は数日間停電だったとか。大変な状況のなか、ホントお疲れさまでした。

とはいえ、作業はこれからが本番なのであります。今回の作業の流れとしては、サンディングの続きの下地処理として、仕上げにサフェーサー処理を行なってから、ボディ全体をマスキング。リアクォーターガラスを取り外す必要はないけれど、以前ガラス周辺から雨漏りが発生していたので、雨漏り処理も兼ねて取り外すことに。そして、いよいよ塗装に入るという流れ。ペイントカラーがオレンジなので、下地としてホワイトでまず塗装。その後オレンジを吹き付け、最後にクリアを吹き付ける「スリーコート・ペイント」。

そして遂に現れたオレンジデュランゴ。なかなか良いでしょ? 微妙なパールもいい感じ。実車はもう少し赤っぽいかな。塗装前には、ドアノブは黒にする予定でいたけど、、実際オレンジになった姿を見てみると、このままでもありだね。あとは、ミラー、オーバーフェンダーをオレンジにするか黒にするか。オーバーフェンダーはオレンジかな~。この辺の各パーツの色を決めて、取り付ければとりあえずは完成。でもそれは、また次回。ホイールのペイントもお願いしたいな~。

長いサビとの格闘&下地処理も終わり。遂に塗装ブースへ!

迷走したカラーは本当に大丈夫?

塗装前の最後の下地処理を行なっていく。パテ処理や切り貼りを行なった部分にサフェーサーを吹き付けていく。順調な作業に、素人が参戦するイレギュラーもありつつ、サフェ作業も終了。メッキバンパー、バンパーエアロもサンディング。この後ボディ全体をマスキングしていき、塗装の準備が完成した。

またしても悪魔の囁き。お前もやってみろよ

突然始まる、悪魔の囁きはホントに勘弁して欲しいです…。前回も言われたから、一応ツナギを着ていたものの、まさかサフェーサーとは。スタッフの島田さんも「こ、ここですか?」と大慌て。僕がやった場所のリカバリーに時間も掛かるし大変ですよね~。

リアクォーターガラスから以前雨漏りしていたので、塗装前に取り外すことに。綺麗に古いシリコンを落とし、改めて外周にシリコンを注入。「俺が生きている間に、ここから雨漏りは絶対にしねえぜ」とのこと。

遂にこのときがやってきた! 二転三転と迷走したカラー決めに始まり、思いがけない大量のボディのサビ処理など、地道な作業を終え塗装ブースに入ります!もうここまで来たら、後戻りはできないぜ~。どんな姿になるか、楽しみであり不安でもある。予想以上のカッコ良さに生まれ変わることに期待!

塗装ブースに入ったデュランゴを見ると、何か手術室に入る人を見送る感覚(笑)オレンジに塗装するには、まず下地をホワイトで塗装し一時的にホワイトデュランゴに。乾ききる前にすぐさまオレンジ(パール入)に塗装し、クリアを吹き付ける3コート・ペイントとなるのだ。

塗装後に剥がしたマスキングを持つと結構重い。3コートで使った塗料は約20ℓなので、約20kgボディに追加されたことになる。オールペンって車重が増えるんだ。

_MG_9981

実は塗装の前に最後まで迷ったのがパールの分量。パールを大きく主張するか、微妙に見えるスタイルにするか。結果あいだを取り、10%から13%へ増量。

オレンジのボディが、想像以上にいい感じに仕上がったことで、気になるのがホイールのペイント剥がれ。これも追加でお願いしようかな~。

どうですか皆さん、すごくない? こんなに変わるんだね~。超びっくり。超格好良い! 超目立つ! 写真ではパールが見にくいかもしれないけど、実車はパールがいい感じにアクセントになってます。現状オーバーフェンダーが装着されてないけど、無しもあり? 細かい部分の色決めはゆっくり悩みます。いや~格好良いいな~。

1999y DODGE DURANGO
デュランゴの軌跡

埼玉県所沢市にある解体屋「T&Kインターナショナル」に持ち込まれたデュランゴを、当時所有していたアメマガ号アストロと強引に交換トレード。エンジンこそ調子が良かったデュランゴだが、外装にキズも多く、内装もパーツが外されていたりと、一般に売られている車両と比べると程度は中の下。引き取り手がいなければ、今頃はスクラップになってたかも…。そんな状態だったデュランゴを日本一のスタイルにすべく、復活&カスタムをしていくのである。

Special Thanks
GARAGE JOKER【ガレージジョーカー】
住所:千葉県銚子市野尻町51
HP:http://www.garage-joker.com/
TEL:0479-26-3949
FAX:0479-25-7743
営業:10時~19時
定休日:火曜日

GARAGE JOKER、ガレージジョーカー

■写真&文:相馬一丈


関連記事

  1. _MG_2420 ホイールをペイントしてアレンジだけど少し想定外の出来事が…【デュ…
  2. アメ車のメンテナンスお任せください【WINGAUTO FACTO…
  3. DSC_1393 のコピー イメージカラーはブルー『Ford Tools』アメ車好きはもちろ…
  4. N6I9692 のコピー ただでさえデカイ1/18スケールもフルサイズラックは大迫力!!
  5. _N6I9263 匠の融合 LUXZ × ROHAN コラボレーション
  6. _N6I1597 ひと足早くセマショー2019で、ラグジ×ローハンコラボ・チャレン…
  7. ブレーキトラブルの代表例である「フェード現象」もしくは「べーパー…
  8. チャレンジャーは故障が少ないは本当か?CHALLENGER健康診…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP
×