クライスラー

300Cにマグナムフェイスをスワップし 24インチを収める究極加工

2010 CHRYSLER 300C SRT8、2010 クライスラー300C SRT8

2010 CHRYSLER 300C SRT8、2010 クライスラー300C SRT8

2010 CHRYSLER 300C SRT8

EXTREME AMERICAN

妥協を許さない徹底したスタイルを目指す方針により、これまで多くのカスタムモデルを世に送り出してきた岡山のエクスカーズ。今回のマグナムフェイスをスワップした300Cも、24インチを履きながら極低を追求するボディ加工が満載となっている。

ボディラインを崩さないワイドフェンダー

キャンディレッド&シルバーフレーク入ブラックボディに、トライバルペイントが施される10年型300C・SRT8。フェイスはマグナムフェイスをスワップ。ボンネット形状も変わるため、社外ダクト付きボンネットも加えられている。これだけであれば、少々言葉は悪いが、どのショップでもできると思えるメニュー。しかし、レクサーニの24インチを履いてここまで極低に仕上げる為には、単にエアサスを装着するだけでは不可能で、多くのボディワークが必須となる。まさに職人がなせるカタチ。それを見事に表現できるのが岡山のエクスカーズだ。

2010 CHRYSLER 300C SRT8、2010 クライスラー300C SRT8

24インチを装着にあたり、フロントフレームスライス加工、インナー加工、アーム類逃げ加工を行ない、リアインナーは新規作成、給油口移設(リアトランク)、足回り加工、フレーム加工といった大作業が行なわれている。フロントフェンダーワンオフ、リアフェンダーは25mmワイド化され、プレスラインも作成。リアドアにもプレスラインが入り、ダクトも追加するという細かいこだわりも追求。ワークスフェンダーがブームだが、純正ボディラインを活かしたスタイリングとなる。他にもブレーキはグランドデザインのフロント8、リア6ポッドを装着し強化。エンジンルーム内も一新され、ボディ同色でパネル作成、インテークやサブタンクなどをクローム処理。オーディオはフルキッカーだ。

24インチ履きの豪快なスタイルに見えるかもしれないが、そこには職人の細かい技がビッシリ詰まっているのである。

マグナムフェイスをスワップ。それに合わせてボンネットもダクト付きタイプに変更。エンジンルーム内は、パネル類を作成しボディ同色のキャンディレッドでペイント。インテーク、インマニ、サブタンクなどをクローム処理。

24インチをフェンダーに収めるため、フレーム加工、インナー加工、アーム類加工、給油口移設などを実施。リアフェンダーは25mmワイド加工。プレスラインもしっかり入れて、純正ボディラインを活かしたスタイルとなっている。マフラーはボーラ。

ホイールはレクサーニ・24インチ。ブレーキはKRZ・グランドデザイン

ブレーキはKRZ・グランドデザイン

フロントフェンダーはダクト付きワンオフ。ホイールはレクサーニ・24インチ。ブレーキはKRZ・グランドデザイン。キャリパーはフロント8、リア6ポッド。

センターパネル類はボディ同色化し、Aピラーやフロントドアにはキッカーのツィーターやミッドスピーカーをインストール。

Produce:EXCARS
TEL:0867-34-1020
URL:http://excars-st.com

■写真:高原義卓
■文:相馬一丈


関連記事

  1. 2009 フォード クラウンヴィクトリア ポリスインタセプター、2009 FORD CROWN VICTORIA POLIS INTERCEPTOR ポリスカーらしさを残す最後の個体がクラウンビクトリア
  2. ダッジチャージャー チャージャーを選択した時点で、出会うべくして出会った二人
  3. AM3I0150 高校時代に一目惚れ、300に対する愛は深い クライスラー300 …
  4. 2012 DODGE CHARGER 青い差し色と多車種エアロ流用の造形美で魅せるチャージャー
  5. 1940 Willys Sedan 利便性の高い4ドアでありながら2ドア同様のスタイリッシュな「ウィ…
  6. N6I5519 V6で何が悪い?! スポーティに走れるダッジ【グッドスピードイン…
  7. DSC_4517 ハイインパクトカラーに身を包んだダッジブラザー【BUBU横浜】
  8. 2012y CHRYSLER 300C、2012y クライスラー 300C カスタマイズ済の初代300Cと出会った事で、300Cライフがスタ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP
×