オープン

激レアなプリマスロードランナー・コンバーチブル

1969 Plymouth Road Runner、1969 プリマス ロードランナー

1969 Plymouth Road Runner、1969 プリマス ロードランナー

1969 Plymouth Road Runner

INITIAL P PONTIAC & PLYMOUTH

383標準のロードランナーは、最もメジャーな69年型にして激レアなコンバーチブル。440が標準のGTXは、ハードコアなMoparファンが好むいぶし銀な68年型。そして70年型ダスターもプリマスを語る上ではマストなクルマだ。

歴代ロードランナーにおいて、最も幅広い層から人気があるのが69年型。デビューの68年型とは、わずかなディテールの違いしかないものの、69年型の方が、キャッチーで親しみやすい。ロードランナーとコヨーテのイラストが、エアークリーナーなどに、よりキャッチーに採用されているのもポイントだ。

そして、69年にはラインナップされていなかった、コンバーチブルが登場。クーペ&ハードトップの合計が約4万7000台なのに対して、コンバーチブルは僅か1890台しか出荷されていない激レアな存在。その数はスーパーバード以下なので、いかに希少かが分かる。

1969 Plymouth Road Runner、1969 プリマス ロードランナー

おそらく国内には、この1台と思われる。タフなマッスルカーという性質や、プリマス・ユーザーには実質剛健ありきで求めるユーザーが多いことなども影響して、マッスルパッケージのコンバーチブルは特に希少なのだ。

1969 Plymouth Road Runner、1969 プリマス ロードランナー

そもそも長いリアオーバーハングが、コンバーチブルではより強調される。ハードトップでのCピラーの付け根部分のM時形状が、そのまま活かされた独特のデザイン。ドア前方とトランク部のロードランナーのステッカーはオリジナル。

1969 Plymouth Road Runner、1969 プリマス ロードランナー

ロードランナーではベンチシートが標準。そのため、AT車ではコラムシフトも多い。ダッシュ部に吹き出し口のあるファクトリー・エアコン車。

標準の383エンジンは、ハイパフォーマンスな4バレルで335hpを発生。トランスミッションは、3速ATのTF727。リアエンドは純正では最大級の8.75にLSD を組み込んだ“ シュアグリップ” が設定される。

Mopar純正の14インチ・マグナムホイール

カップ形状のセンターキャップである「ブルズアイ」とトリムリングが特徴的なMopar純正の14インチ・マグナムホイール。タイヤは定番のBFG(F:225/60R14、R:245/60R14)。

Special Thanks ◆ Auto Raid
tel:0766-52-8830
HP:http://www.auto-raid.com/

Photo ◆ Hiroshi Nose
Text ◆ Hideki Ishibashi


関連記事

  1. 1967 FORD MUSTANG、1967フォードマスタング ビンテージマスタングを乗りこなすステキな生き方
  2. main エレノアらしい“走り”を磨き上げた珠玉の一台、シェルビーマスタン…
  3. 1969年 シボレー・カマロ ドラッグ専用マシンのCOPOを完全に再現したシボレーカマロ
  4. 1962 Pontiac Bonneville、1962 ポンティアック ボンネビル レースシーンでも活躍した初期のマッスルカー ポンティアックボンネ…
  5. こだわりMAXなビンテージ・モパー・オーナーズ
  6. Chevrolet Camaro、シボレーカマロ カマロのカスタムに込めた “ ワクワク感” あるカーライフ
  7. 1965 Buick Riviera、1965 ビュイック リビエラ ずっと憧れていた65年型リヴィエラをネットで発見し、現車を見ずに…
  8. _B0V0464 69年型から、以前はシェビーⅡのサブネームだった「ノバ」に車名統…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP
×