オープン

激レアなプリマスロードランナー・コンバーチブル

1969 Plymouth Road Runner、1969 プリマス ロードランナー

1969 Plymouth Road Runner、1969 プリマス ロードランナー

1969 Plymouth Road Runner

INITIAL P PONTIAC & PLYMOUTH

383標準のロードランナーは、最もメジャーな69年型にして激レアなコンバーチブル。440が標準のGTXは、ハードコアなMoparファンが好むいぶし銀な68年型。そして70年型ダスターもプリマスを語る上ではマストなクルマだ。

歴代ロードランナーにおいて、最も幅広い層から人気があるのが69年型。デビューの68年型とは、わずかなディテールの違いしかないものの、69年型の方が、キャッチーで親しみやすい。ロードランナーとコヨーテのイラストが、エアークリーナーなどに、よりキャッチーに採用されているのもポイントだ。

そして、69年にはラインナップされていなかった、コンバーチブルが登場。クーペ&ハードトップの合計が約4万7000台なのに対して、コンバーチブルは僅か1890台しか出荷されていない激レアな存在。その数はスーパーバード以下なので、いかに希少かが分かる。

1969 Plymouth Road Runner、1969 プリマス ロードランナー

おそらく国内には、この1台と思われる。タフなマッスルカーという性質や、プリマス・ユーザーには実質剛健ありきで求めるユーザーが多いことなども影響して、マッスルパッケージのコンバーチブルは特に希少なのだ。

1969 Plymouth Road Runner、1969 プリマス ロードランナー

そもそも長いリアオーバーハングが、コンバーチブルではより強調される。ハードトップでのCピラーの付け根部分のM時形状が、そのまま活かされた独特のデザイン。ドア前方とトランク部のロードランナーのステッカーはオリジナル。

1969 Plymouth Road Runner、1969 プリマス ロードランナー

ロードランナーではベンチシートが標準。そのため、AT車ではコラムシフトも多い。ダッシュ部に吹き出し口のあるファクトリー・エアコン車。

標準の383エンジンは、ハイパフォーマンスな4バレルで335hpを発生。トランスミッションは、3速ATのTF727。リアエンドは純正では最大級の8.75にLSD を組み込んだ“ シュアグリップ” が設定される。

Mopar純正の14インチ・マグナムホイール

カップ形状のセンターキャップである「ブルズアイ」とトリムリングが特徴的なMopar純正の14インチ・マグナムホイール。タイヤは定番のBFG(F:225/60R14、R:245/60R14)。

Special Thanks ◆ Auto Raid
tel:0766-52-8830
HP:http://www.auto-raid.com/

Photo ◆ Hiroshi Nose
Text ◆ Hideki Ishibashi


関連記事

  1. 1976 FORD MUSTANG GHIA、1976 フォードマスタング GHIA 人気のファーストの後、74年に登場したセカンドジェネレーションの…
  2. DSC_5840 大胆メイクでヴィンテージマッスルカーの新境地を開拓! その名は「…
  3. 72 シボレーC10シャイアン 年々上昇傾向にあるビンテージトラックの大本命シボレーC-10はオ…
  4. 1982 CHEVY CORVETTE ジムカーナ仕様のC3コルベット
  5. 2012 FORD MUSTANG CONVERTIBLE 豪快なワイドフォルムで、圧巻のオーラを放つマスタングコンバーチブ…
  6. main のコピー シボレーステップバンP10は、今や希少な存在であり、入手できる機…
  7. 1966 Pontiac GTO、1966 ポンティアック GTO 上品なスタイリングに暴力的なパフォーマンス、ポンティアックを代表…
  8. 1961 Buick LeSabre “Moonblessing”、ビュイック ルセーバー もっとも輝いていた頃のゴージャスなアメ車たち

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP
×