クーペ

ファイヤーバードのトップグレードがトランザムだ!

1973 Pontiac Firebird Trans Am、1973 ポンティアック ファイアーバードトランザム

1973 Pontiac Firebird Trans Am、1973 ポンティアック ファイアーバードトランザム

1973 Pontiac Firebird Trans Am

INITIAL P PONTIAC & PLYMOUTH

ポンティアックの代表モデルとして最もポピュラーなファイヤーバードシボレー・カマロと姉妹車関係にありながら、そのキャラクターは大きく異なる。中でも「トランザム」は、大排気量エンジンの搭載と特有のルックスで、マッシブかつエレガントさを兼ね備える。

67年のデビューより、バンパーがないかのようなマスクに融合したデザインを採用し、シボレーの姉妹車カマロよりも強い個性を放つポンティアック・ファイヤーバード。70年にモデルチェンジした第二世代では、スチール製バンパーに替わって、ウレタン樹脂によるエンデューラの採用で、独創的かつモダンなルックスとなった。

1970 Plymouth Road Runner、1970 プリマス ロードランナー

ファイヤーバードは、ベーシック、エスプリ、フォーミュラ、そしてトランザムの4バリエーションでラインナップ。デザインが変わらないまま73年まで採用された。73年では、フォーミュラとトランザムに、それぞれSD455が加わる。これは、NASCAR用366を流用したレースに耐えられる「スーパーデューティ(強靭)」な仕様で、当時としてもマニアックであり、出荷台数は250台程度。この個体は、トランザム455だが、レストアの際に、SDのステッカーを追加したトリビュート車である。

1970 Plymouth Road Runner、1970 プリマス ロードランナー

70~ 73年型は基本的に変更がないが、73年型では、フードの大きなファイヤーバード・グラフィックが採用されるのがポイント。シェイカーフードにはSDのデカール。

搭載エンジンは、当時ならではの最大級455ci(7.5ℓ)。排気ガス規制の関係で、300hp以内に留められているが、リッチなトルクで、Dレンジ(ミッションは3速AT)で踏み込むだけで、簡単にタイヤスモークする。

1970 Plymouth Road Runner、1970 プリマス ロードランナー

1970 Plymouth Road Runner、1970 プリマス ロードランナー

エスプリ、フォーミュラがウッド調なのに対して、プリズムのクラスターは、トランザムならではのチャームポイント。ステアリングもお約束の小径なフォーミュラタイプ。

70~76年型に採用されたファイヤーバードを象徴するハニカムホイール。アルミキャストと思いきや、スチールリム&ポリキャスト製!タイヤサイズはF:215/70R15、R:255/70R15。

Special Thanks ◆ Auto Raid
tel:0766-52-8830
HP:http://www.auto-raid.com/

Photo ◆ Hiroshi Nose
Text ◆ Hideki Ishibashi


関連記事

  1. 1970 PLYMOUTH 'CUDA 340 ふくよかで独特の優美さを誇るEボディ・バラクーダ
  2. 2018 DODGE CHALLENGER 392HEMI SCATPACK SHAKER EDGE CUSTOMS DDOGE CHALLENGER R Produced by LUXZ レーシーさというテーマに異なる手法で理想を追求した2台のチャレン…
  3. IMG_0712 初代チャレンジャーの魂を色濃く反映 MOPARらしさが光る「T/…
  4. mustang_02_front “超希少”なブリットを手に入れるチャンスあり【ウイングオート】
  5. 3M7A0541-1 マスタングのファストバック。クーペにはないセクシーなリアスタイル…
  6. DSC_3566 アメ車女子ユーチューバーの素顔を覗き見♪「YUI_TUBE」
  7. 2013 シボレー カマロRS 街で見かけたカマロに心奪われ、初めてのアメ車デビュー!
  8. IMG_9981 ノックダウン生産された車をベースに、レストア必須のストック状態か…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP
×