クーペ

映画の劇中車として人気に火が付いたイーグルマスクのファイーバードトランザム

1978 Pontiac Firebird Trans Am、1978 ポンティアック ファイアーバードトランザム

1978 Pontiac Firebird Trans Am、1978 ポンティアック ファイアーバードトランザム

1978 Pontiac Firebird Trans Am

INITIAL P PONTIAC & PLYMOUTH

ポンティアックの代表モデルとして最もポピュラーなファイヤーバードシボレー・カマロと姉妹車関係にありながら、そのキャラクターは大きく異なる。中でも「トランザム」は、大排気量エンジンの搭載と特有のルックスで、マッシブかつエレガントさを兼ね備える。

78年型は、とにかくいろいろな要素が変更された混乱の年のモデル。トランザムのレタリングは、ループ式からブロック式に変わった上で、この個体の独自フォントのタイプは77年型。ライト上のTrans Amデカールは、77年型の特徴。

国内でのファイヤーバード人気はここから始まったと言っても過言ではないほどの影響を及ぼしたのが映画『Smokey and the Bandit』(邦題: トランザム 7000)の劇中車。バート・レイノルズ演じるバンディットの愛機として登場する77年型トランザムが激走するシーンは文句なしのカッコ良さ。邦題をトランザム 7000としたことで、国内でのトランザムの知名度は一気に高まった。

1978 Pontiac Firebird Trans Am、1978 ポンティアック ファイアーバードトランザム

1978 Pontiac Firebird Trans Am、1978 ポンティアック ファイアーバードトランザム

この個体のオーナーも、映画を通してトランザムの魅力にはまり、劇中車同様のイーグルマスクの78年型を入手した。77年のモデルチェンジで規格の角型4灯式となり、かつてない戦闘的なマスクとブラック&ゴールドのカラーリングによって、ダークヒーロー的な魅力を放っている。当時以上に、現在では人気が高く、現存する個体が減少しているため、同年代の他のモデルに比べて、とりわけプレミアムな存在だ。

搭載エンジンは、通常はポンティアック製400ciだが、カリフォルニア仕様としてオールズモビル製403ciが設定され、国内への正規輸入車も403ciとなる。トランスミッションは3速AT または4速マニュアル。

1978 Pontiac Firebird Trans Am、1978 ポンティアック ファイアーバードトランザム

0S7A1819_00001

1978 Pontiac Firebird Trans Am、1978 ポンティアック ファイアーバードトランザム

クラスターのプリズム部とステアリングのスポーク部がゴールドで統一されるのは、スペシャルエディションならでは。Tトップの脱着はワンタッチでできる。

メッシュ風のアルミキャストホイールは、“ スノーフレーク” の愛称で呼ばれる純正品。よく似合うホワイトレター・タイヤはDUNROP G/T Qualifier(245/60R15)。

Special Thanks ◆ Auto Raid
tel:0766-52-8830
HP:http://www.auto-raid.com/

Photo ◆ Hiroshi Nose
Text ◆ Hideki Ishibashi


関連記事

  1. 2015y FORD MUSTANG Eco Boost、2015y フォードマスタング エコブースト 話題のRTRスタイルに仕上げ、COBBチューニングを実施!マスタ…
  2. 2011 Ford Mustang、2013 Ford Mustang フィフスジェネレーションのATとMTの異なる仕様の2台のマスタン…
  3. こだわりMAXなビンテージ・モパー・オーナーズ
  4. アイファイブ、I-5 アイファイブならではの確固たるスタンスは、リニューアルしても変わ…
  5. IMG_0712 初代チャレンジャーの魂を色濃く反映 MOPARらしさが光る「T/…
  6. 2 ビンテージカーをアズールスタイルで乗りこなせ!シェベル・リビエラ…
  7. 1969年 シボレー・カマロ ドラッグ専用マシンのCOPOを完全に再現したシボレーカマロ
  8. 1970 プリマス サテライトワゴン、1970 プリマス ロードランナー 同じフェイスでもキャラクターの異なる2台の魅力 ロードランナー&…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP
×