セダン

レースシーンでも活躍した初期のマッスルカー ポンティアックボンネビル

1962 Pontiac Bonneville、1962 ポンティアック ボンネビル

1962 Pontiac Bonneville、1962 ポンティアック ボンネビル

1962 Pontiac Bonneville

INITIAL P PONTIAC & PLYMOUTH

往年のポンティアックのスポーティモデル同様に、レースに所縁のあるネーミングとして、最高速記録でおなじみのユタ州のソルトフラットである「ボンネビル」の名を持つフルサイズ・スポーツ。

シボレー・インパラと同等の上級なスポーティモデルとして58年よりラインナップされたポンティアック・ボンネビル。61年からの第三世代は、カタリナやスターチーフよりも豪華で、最も高額なモデルだった。同等のフルサイズ車の中でも最もホイールベースが長いのが特徴。グリルの中央部が突き出るデザインは、ポンティアックのアイデンティティとして復活。ボディのプレスラインや、テール周辺のデザインなど、インパラと比べて、明確なオリジナリティを感じるものだ。

1962 Pontiac Bonneville、1962 ポンティアック ボンネビル

その造形美と個性から、カスタムのフィールドで支持が高いが、初期のマッスルカーとして、NASCARやNHRAなどのレースシーンでも活躍した。個性的で高額なモデルなだけに、当時はもとより、現在でもかなりマニアックな存在となっている。アメリカでも希少な存在だが、日本国内となると、この個体以外では見たことがない。

1962 Pontiac Bonneville、1962 ポンティアック ボンネビル

インパラよりもホイールベースが長いうえに、よりワイドが強調されたデザインで迫力がある。ルーフやガラスは共有しているが、とりわけテール周辺のデザインは独創的。

0S7A2150_00001

389ciエンジンには4bblキャブがセットされ300hpを発揮。トランスミッションは、キャデラックなど一部の上級グレードだけに採用される“ ハイドロ・マティック”。

1962 Pontiac Bonneville、1962 ポンティアック ボンネビル

1962 Pontiac Bonneville、1962 ポンティアック ボンネビル

1962 Pontiac Bonneville、1962 ポンティアック ボンネビル

内張のパターンやダッシュ周辺のデザインもインパラなどに比べて、明らかに手が込んでいる。ステアリングはクリアの樹脂製。“ ハイドロ・マティック”ATのシフトパターンではRが一番下となる。

ドラムブレーキの冷却効果を狙ったフィンタイプの8ラグ・リムは、60~68年型ポンティアック・フルサイズ車特有パーツ。装着タイヤはBFG(205/70R14)。

Special Thanks ◆ Auto Raid
tel:0766-52-8830
HP:http://www.auto-raid.com/

Photo ◆ Hiroshi Nose
Text ◆ Hideki Ishibashi


関連記事

  1. 1973 Plymouth Satellite、1973 プリマス サテライト ポテンシャルは低め…でもスタイリッシュ、エアロダイナミクスによる…
  2. 1969年 シボレー・カマロ ドラッグ専用マシンのCOPOを完全に再現したシボレーカマロ
  3. 1965年 シボレー コルベット 歴代モデルにおいてC2コルベットは、美しさ、ポテンシャル、ステイ…
  4. _DSC1738 1967y Pontiac FIREBIRD ヴィンテージファイ…
  5. 1972y CHEVROLET NOVA、1972y シボレー・ノバ シボレーノバの購入の一番の決め手は自分と同じ年の1972年型
  6. 1971 Chevrolet Elcamino、1971 シボレー エルカミーノ 71年型はビッグブロックが搭載された最後のエルカミーノ
  7. 1979 Pontiac Firebird Trans Am、1979 ポンティアック ファイアーバード トランザム 乗りやすさと「刺激」を併せ持つ「筋肉車」ファイアーバード・トラン…
  8. 1969年 クライスラー・インペリアル デビューしたのは、なんと1926年。MOPAR 最高級のプレミア…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP
×