ステーションワゴン

ロー&ロングな美しいスタイリッシュワゴン ポンティアックボンネビルステーションワゴン

1966 Pontiac Bonneville Station Wagon、1966 ポンティアック ボンネビル ステーションワゴン

1966 Pontiac Bonneville Station Wagon、1966 ポンティアック ボンネビル ステーションワゴン

1966 Pontiac Bonneville Station Wagon

INITIAL P PONTIAC & PLYMOUTH

張り出したプレスラインを境にしたボディー下部の化粧パネルによって、グラマラスなコークボトルラインが際立つ。ルーフの長さでボディがスリムに見えるのもステーションワゴンならではのチャームポイント。

この時代のポンティアックでは、様々なモデルでお約束の縦目ライト採用モデルにおいて、最も洗練された66年型。ボンネビルにおいては、第三世代にあたる63年型から、第四世代の67年型まで縦目4灯式ライトが採用され、各年式ごとにディテールが異なる中、この66年型は、全体的に曲線を取り込んでエレガントな雰囲気があるロー&ロングのスタイリングや、コークボトルラインも、ステーションワゴンではより際立って実にスタイリッシュ。

1966 Pontiac Bonneville Station Wagon、1966 ポンティアック ボンネビル ステーションワゴン

1966 Pontiac Bonneville Station Wagon、1966 ポンティアック ボンネビル ステーションワゴン

この個体は、モデルを限定せずに、ステーションワゴンを求めてアメリカでの売り物を模索する中で巡り合った。スタイリングの美しさと、状態の良さが決め手となったのだそう。内外装、機関など、基本的にストックをキープしており、ホイールだけは定番の5スポークにアレンジして魅力を高めている。

1966 Pontiac Bonneville Station Wagon、1966 ポンティアック ボンネビル ステーションワゴン

1966 Pontiac Bonneville Station Wagon、1966 ポンティアック ボンネビル ステーションワゴン

1966 Pontiac Bonneville Station Wagon、1966 ポンティアック ボンネビル ステーションワゴン

車体色にマッチするブルーで統一された内装は、年代を感じさせないほどグッドコンディション。クリアーのステアリングは劣化しているため、オーナー自身がレザーで編んだ。

ステーションワゴンにおいても、ハードトップ同様のエンジンが設定される。389ciには2bblと4bblの2種。421ciは4bblと6bblによる4種。この個体は389ci、2bblの260hp仕様に3速ATのTH400を連結。

唯一のアレンジとしてホイールはアメリカンレーシング製5スポークを装着。F:16、R:17 によるロッダー的コンビ。タイヤサイズは、F:225/60R16、R:245/50R17。

Special Thanks ◆ Auto Raid
tel:0766-52-8830
HP:http://www.auto-raid.com/

Photo ◆ Hiroshi Nose
Text ◆ Hideki Ishibashi


関連記事

  1. 1961y CHEVROLET CORVETTE、C1 C1コルベットをカジュアルに乗るという贅沢
  2. 3M7A0367-1 空前のヒット作であるマスタング、最終型の1966年型は熟成の極み…
  3. 1971 Pontiac GTO、1971 ポンティアック GTO マッスルカーのアイコン的存在として、君臨するポンティアックの最強…
  4. DSC_1553 ソルスティスの出会いは映画「トランスフォーマー」ポンティアック …
  5. 1973年 シボレー・カマロ、1973y CHEVROLET CAMARO 現地で丁寧にレストアされ直輸入、骨の髄まで美しいカマロZ28
  6. DSC00781 1950年に発表されたベルエアー、シボレーの名を冠した高級モデル…
  7. _B0V8897 1967y Chevrolet CORVETTE C2 和歌山か…
  8. 1978 Pontiac Firebird Trans Am、1978 ポンティアック ファイアーバードトランザム 映画の劇中車として人気に火が付いたイーグルマスクのファイーバード…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP
×