クーペ

シェルビーと双璧を成す「ラウシュ」フォード マスタングGT ラウシュ ステージ2

2015 フォード マスタングGT ラウシュ ステージ2、2015 FORD MUSTANG GT ROUSH STAGE2

2015 フォード マスタングGT ラウシュ ステージ2、2015 FORD MUSTANG GT ROUSH STAGE2

2015 FORD MUSTANG GT ROUSH STAGE2

伝統と進化に挑む MASTANG INNOVATION

心躍るパフォーマンス、レースで培われたスタイリング

マスタングにはシェルビー、サリーン、ヘネシー・パフォーマンスなど、数多くのチューニングブランドが存在する。そしてもう一つ、「ラウシュ」もまたフォード公認のチューニングメーカー。そのポテンシャルの高さは計り知れない。

マスタングには「○○エディション」と呼ばれる限定モデルがよくある。その○○には往年の名車や名選手の名が刻まれて、スタンダードグレードとは異なる〝特別感〟を演出している。また、限定モデルだけではなく、レースの世界で輝かしい成績を残したレースレジェンドがチューニングメーカーを起ち上げて製作したハイパフォーマンスモデルも、マスタングには数多い。中でも一番の知名度を誇るのはやはり「シェルビー」だろう。ここ最近ではGT500をラインナップするなどして人気は高い。

そのシェルビーに対して「ラウシュ」もまたハイパフォーマンス・マスタングを製作するチューニングメーカーの一つである。キャロル・シェルビーと並ぶレースレジェンドであるジャック・ラウシュが立ち上げた、フォード公認のメーカーである。日本での知名度は決して高いとは言えないが、本国では絶大なる支持を受けている。そんなラウシュが手掛けたマスタングアベカーズに入庫したということで確認に伺った。

2015 フォード マスタングGT ラウシュ ステージ2、2015 FORD MUSTANG GT ROUSH STAGE2

2015 フォード マスタングGT ラウシュ ステージ2、2015 FORD MUSTANG GT ROUSH STAGE2

ラウシュ・マスタングには「ステージ1」「ステージ2」「ステージ3」の3タイプが用意されているのだが、もっともハイスペックなステージ3にはラウシュTVSスーパーチャージャーを搭載して710hp(2019モデル)というスペックを誇っている。取材車両は2015年型のステージ2。この手のモデルにはあからさまなボディキットが装着されがちだが、実に控え。しかし、レースで培われたノウハウを基に製作されているため、貢献度は高い。エンジンには手を加えず可変式のエキゾーストシステムを組み合わせてポテンシャルアップを図り、ラインロックといった機能を有するなど、大人しそうに見えて実は…的な要素がラウシュの魅力だろう。

2015 フォード マスタングGT ラウシュ ステージ2、2015 FORD MUSTANG GT ROUSH STAGE2

DSC_4728

2015 フォード マスタングGT ラウシュ ステージ2、2015 FORD MUSTANG GT ROUSH STAGE2

エアロポケット付きフロントフェイシア、ハイフローアッパーグリル&ロアオープニング、フロントチンスポイラー、フードスクープ&サイドスクープ、サイドロッカー、リアフェイシアサイドスプリッター、リアデッキリキッドスポイラーなど、全身にラウシュ製エアロパーツを纏っている。しかしそれらは決して大袈裟ではなく、さり気なく装っているところに渋さを感じる。

ホイールはラウシュオリジナルの20インチ。ツインタイプの5スポークデザインが採用することでスポーティさを演出。カラーはクイックシルバー。タイヤサイズはF:255/35R20、R:275/35R20。ブレーキはブレンボを装備。

ステージ2仕様のエンジンは、標準のGTと同じ5.0ℓV8が搭載されており、とくに手を加えている部分はない。だが、マフラーにはクワッドチップを備えたラウシュアクティブパフォーマンスエキゾーストシステムが装着されているため、排気サウンドの変更を可能とする。さらにシフトは6速マニュアルトランスミッションを介して行なわれ、LSD、ラインロック、ローンチコントロールを装備する。

2015 フォード マスタングGT ラウシュ ステージ2、2015 FORD MUSTANG GT ROUSH STAGE2

2015 フォード マスタングGT ラウシュ ステージ2、2015 FORD MUSTANG GT ROUSH STAGE2

インテリアの基本デザインは標準のGTと大きな違いはないものの、ダッシュパネルやペダル、シルプレートにROUSHのロゴが配されているため、特別感が高まる。


関連記事

  1. 1979 PONTIAC FIREBIRD YouTubeが世界中のアメ車ファンを繋いでくれた
  2. 2016y DODGE CHALLENGER 392 HEMI SCAT PACK SHAKAR、2016y ダッジチャレンジャー 392 HEMI スキャットパック シェイカー 快速&見た目のインパクトも絶大、狙い目チャレンジャーがコレだ!
  3. 2012 DODGE CHALLENGER SRT8 392、2012 ダッジチャレンジャー SRT8 392 打倒ヘルキャットを掲げ、スーパーチャージャー搭載で勝負!
  4. 1972y CHEVROLET NOVA、1972y シボレー・ノバ シボレーノバの購入の一番の決め手は自分と同じ年の1972年型
  5. FORD MUSTANG 「各務原まつり」に登場した戦闘機カラーのマスタング
  6. DODGE CHALLENGER SXT PLUS、ダッジチャレンジャー SXT PLUS ワイルドスピードの世界観にハマり、憧れのチャレンジャーを購入!
  7. 2013 シボレーカマロRS、 ノーマルに敢えてこだわってカマロの走りを堪能する
  8. 1968 PONTIAC FIREBIRD “火の鳥”というネーミングが与えられた「ファイヤーバード」

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP
×