クーペ

アグレッシブな走りを体感したい人に贈る。マスタングパフォーマンスPKG

2018 フォード マスタング プレミアムパフォーマンス PKG、2018 FORD MUSTANG Premium Performance PKG

2018 フォード マスタング プレミアムパフォーマンス PKG、2018 FORD MUSTANG Premium Performance PKG

2018 FORD MUSTANG Premium Performance PKG

伝統と進化に挑む MASTANG INNOVATION

野生馬の醍醐味を味わい尽くす!そんな走りに拘る人に最適な1台

SUVやJEEPなど、多彩なラインアップを展開する名古屋のAZR。最近ではその中でも現行型のマスタングが熱く、コンスタントに売れているとのこと。FORDジャパンが撤退して久しいが、簡単に手に入らなくなった今だからこそ、マスタングに乗りたい人は多い。

追加メーターや19インチホイールを標準装備

2015年に登場し、シャープなスタイリングで6代目に続き好調なセールスを記録している7代目の現行マスタング。そんな現行型の中でも、AZRではマイナーチェンジ後のモデルを数多く在庫しており、そんな豊富なラインアップの中でも特にオススメなのが、今回ピックアップするパフォーマンスパッケージ装着車だ。

ベースとなるのは2018年型のエコブースト。パフォーマンスパッケージの内容を見てみると、19インチタイヤ&アルミホイール、リヤウイング、ストラットタワーバー、追加メーターといった装備がセットになっているもの。社外パーツでも同様の仕様に仕上げることは可能ではあるが、追加メーターは3連のエアコンダクトを2連に変更し、その中央に部分に埋め込まれているので、仕上がりの美しさは別格。何よりも、さりげない特別感が味わえるのが、最大のポイントだと言えるだろう。

ちなみにAZRでの人気は圧倒的にエコブーストで、基本的にV8のGTは取り寄せとなる。確かに大排気量の暴力的な加速は魅力であるものの、価格面を考えるとカッコいいけど手が出せないのが現実。それに対してエコブーストなら…という人が多く、若い人から昔マスタングに乗っていたというシニアに近い人まで、幅広い層が購入しているとも。

この車両のアピールポイントを1つ言い忘れていたのが、走行距離はまさかの3000km! 新車同然の極上車がまた入庫する保証はない。今決断しておかないと、きっと後悔しますよ!

2018 フォード マスタング プレミアムパフォーマンス PKG、2018 FORD MUSTANG Premium Performance PKG

フロント周りは標準モデルと比較して、特に変更はなし。ノーマルのバンパー形状はリップスポイラー風にデザインされており、最初からブラックアウトされる。ヘッドライトデザインなどと相待って、非常に精悍な顔立ちだと言える。

2018 フォード マスタング プレミアムパフォーマンス PKG、2018 FORD MUSTANG Premium Performance PKG

トランクリッド部分には、小さすぎず大きすぎないリヤスポイラーを追加。パフォーマンスパッケージ装着車だけの装備なので、スポーティなリヤビューを好む人は、パッケージ装着車一択以外の選択肢はないだろう。

_N6I29751

19インチのアルミホイールに、ピレリ・P-ZEROを組み合わせる。前後共サイズは共通で、255/40R19を組み合わせる。標準の17インチタイヤよりも、ワンランク上のアグレッシブな走りが実現可能と言えそうだ。

エンジンは2.3ℓのエコブースト。エンジンブロックを跨ぐ形でストラットタワーバーが追加される。インテリアは基本的に標準車と共通だが、インパネ中央には油圧とブーストのメーターが埋め込まれる。

_N6I2981

日本ではどうしても黒/白のボディカラーが人気だが、AZRではそれ以外の色も在庫中。最近では、毎月1台はブルー系が売れているとか。搭載エンジンはいずれもエコブーストで、50周年記念車やプレミアムグレードを豊富に取り揃える。またフルチョイスシステムによってメーターの形状が異なるが、AZRではどちらの仕様も在庫している。

Thanks /アズールモータリング
TEL:0562-95-0678
URL:http://azzurre-motoring.com

★ Photo: 浅井岳男
★ Text: 空野稜


関連記事

  1. RK SPORT GLASS FIBER BODY KIT FOR CHEVROLET CAMARO LT RS “SHOCK EDITION”& LT RS ウイングオート流ショックEd カマロ、さらなる“ 特別”を手に入…
  2. DSC_2507 もっとDEEPに楽しむべく、300Cからチャレンジャーへ!
  3. 1968 Plymouth Barracuda、1968 プリマスバラクーダ ドラッグマシンをストリート用にリフレッシュした「バラクーダ」
  4. 337T5934 60’s~70’sのアメリカ車に現代の技…
  5. _DSC7910 特注エアサスを組み込み 広島カープの本拠地で完全着地【ジェットシ…
  6. 1969y CHEVROLET CAMARO 69年型カマロが持つ本来の魅力がフォーカスされた好感の持てる1台…
  7. _HMP536411 ヘルキャット・ワイドボディが、WHAコーポレーションに到着!
  8. 3M7A1020-1-1 オープンにしても美しい、マスタングコンバーチブルのシルエット

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP
×