クーペ

マスタングのワイドボディ化でオンリーワンを目指す

2012 FORD MUSTANG GT、2012 フォード マスタングGT

2012 FORD MUSTANG GT、2012 フォード マスタングGT

2012 FORD MUSTANG GT

伝統と進化に挑む MASTANG INNOVATION

クルマをワイドに見せるためのアイテムが「オーバーフェンダー」。だがここ最近は、これまでの常識では測れない、よりワイド化したものが主流。このマスタングも時流を捉えつつワイドボディ化が図られているが、流行に安易に媚を売らないオリジナリティを取り入れている。

「ワイド&ロー」をキーワードにメイク

クルマをカッコ良く魅せる条件の一つとして「ワイド&ロー」というキーワードがある。セダンやスポーツ、SUV、トラックなど、ジャンル問わずこのキーワードをベースとしてメイクされたカスタムモデルは数知れず。そんな中でコーストモータリングが仕上げたマスタングにも、ワイド&ローのエッセンスがふんだんに取り入れられている。

ワイドの肝はDURAFLEXのサーキットスタイル75mmワイドフェンダーフレア。ここ最近はワイドボディスタイルの流行りを受けてジャパンメイドのキットも数多くある中で、USメイドにこだわってセレクトしたもの。その理由はもちろん誰かと同じでは面白くないという〝オンリーワン〟の追求にほかならない。

2012 FORD MUSTANG GT、2012 フォード マスタングGT

2012 FORD MUSTANG GT、2012 フォード マスタングGT

75mmという出幅のフェンダーフレアによってワイド化したおかげで、フロント12J、リア14Jというディープリムの装着を可能としたことでリムの選択にも頭を悩ませそうだが、USメイドにこだわったフェンダーフレア同様にリムもUSメイドのSAVINIをチョイス。鍛造3ピースのこのリムは組み合わせ次第でサイズやカラーを自在に選択できるだけに、このワイドボディスタイルには最適な組み合わせだったと言える。

その一方で、ローの肝となる足回りにはBCレーシングのコイルオーバーキットをインストールするとともに、ユニバーサルエアのエアサスもセット。コイルオーバーとエアサス、どちらか一つでも十分にロースタイルの実現が可能なところを、贅沢に両方取り入れることで可能な限りのロワードを生み出しているというわけだ。

「できるだけワイドに、かつ限りなく低く、そして極太なリムを履かせたい」という要求に対して導き出した応えが、確かに体現されている。

2012 FORD MUSTANG GT、2012 フォード マスタングGT

ボディキットを装着しているだけでもかなりのインパクトを稼いでいるエクステリアに、ラッピングでアクセントをプラス。同ショップのイメージカラーであるグリーンの差し色がブラックのボディに映える。エンジンを掛けると、両サイド出しのエキゾーストからは力強い咆哮が放たれる。製作を担当したのは志村工業で、エキマニからエンドまでをステンレス素材を用いてワンオフにて仕上げている。

ワイドボディ化を図るために用いたのはDURAFLEXのサーキットスタイルの75mmワイドフェンダーフレア。あえてUSメイドにこだわってセレクトしたもので、個性を引き上げている。フロントにも同ブランドであるR500スタイルのカーボン製1ピースフロントリップスポイラーを纏わせてローなフォルムに貢献。

SAVINI鍛造ラインFORGEDのXLTシリーズ「SV25‐XLT」

足もとを彩るのはSAVINI鍛造ラインFORGEDのXLTシリーズ「SV25‐XLT」。サイズはフロントが20×12J、リアは20×14J。センターからリムへと向かう10本のツインスポーク。1本1本は細めでシャープな印象を受けるが、スポークエンドはエッジを効かせたデザインとなっており、10本構成とすることで骨太感を演出してスポーティな装いを醸し出す。

BCレーシングのコイルオーバーをインストールしただけでは物足りず、ユニバーサルエアのエアサスまでをプラスしてワイド&ロースタイルを体現。

Thanks:コーストモータリング【COAST MOTORING】
TEL:04-2946-7203
HP:http://coast-jp.com


関連記事

  1. 2021 DODGE CHALLENGER R/T SCATPACK SHAKER WIDEBODY シェイカー、ワイドボディ、新色の3拍子揃った最旬モパーマッスル!…
  2. 2019 FORD MUSTANG BULLITT、2019 フォード マスタング ブリット 1968マスタングGT390ファストバックの現代版復刻トリビュー…
  3. 1969 ダッジ チャージャー アウトローでタフなイメージを持つ第二世代チャージャー
  4. シボレーコルベットC3 コルベットヒストリー③【1968~1982 コルベットC3】
  5. 2019 TOYOTA TUNDRA 1794 EDITION、2017 FORD F-150 RAPTOR CUSTOM 敢えてTOYOTAロゴのタンドラ1794エディションと「ラプター…
  6. The 2017 Camaro ZL1 is poised to challenge the most advanced performance cars in the world in any measure  Ewith unprecedented levels of technology, refinement, track capability and straight-line acceleration. A cohesive suite of performance technologies tailors ZL1’s performance, featuring an updated Magnetic Ride suspension, Performance Traction Management, electronic limited-slip differential, Custom Launch Control and Driver Mode Selector. The ZL1 Convertible’s modular underbody bracing provides the same sharp, nimble handling as the coupe, while its fully automatic top can be raised or lowered with a single button while driving up to 30 mph, or lowered remotely with the keyfob. 最強のカマロがさらに最強になった!ヘルキャットも凌駕する!? 2…
  7. 1969 CHEVY CAMARO 和テイストの69カマロ。本質的な部分は、やはり「走り」だ。
  8. 2002 Chevrolet Monte Carlo、2002 シボレー モンテカルロ シボレーの「SS」の称号を冠した、最初の前輪駆動車、第6世代モン…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP
×