クーペ

GT350マスクをベースに各部をブラッシュアップしたマスタングエコブースト

2015 FORD MUSTANG EcoBoost、2015 フォード マスタング エコブースト

2015 FORD MUSTANG EcoBoost、2015 フォード マスタング エコブースト

2015 FORD MUSTANG EcoBoost

伝統と進化に挑む MASTANG INNOVATION

GTマスクに変更し各部をアレンジ、気品が感じられる大人のマッスル

トータルバランスを計算したスポーティスタイル
SUVからピックアップ、さらにはマッスルカーまで、旬のアメ車を積極的にと扱うライオンハート。特にさりげないカスタムが得意で、今回紹介するマスタングは、ライオンハートの方向性を象徴するスタイルだ。

アメ車に乗りたい! しかもノーマルじゃつまらないけど、あまり派手すぎるのも好きじゃない…。そんなほど良いカスタムを得意とするのが、愛知にあるアメ車専門店のライオンハート。最近の傾向としてはラングラーなどに力を入れているが、実はマッスルカーも得意メニューの1つだ。

今回紹介する2015年型のマスタングは、2.3ℓのエコブースト・プレミアムがベース。つり上がった目尻が前期型の特徴で好みが別れるところではあるが、後期型の方がより尖った印象を受ける。そこでフロントバンパーをグリルと一体型のGT350のものに交換。さらに下側にはスプリッタータイプのI‐5バンパーも追加することで、後期型に決して引けを取らない非常にワイルドな顔立ちを実現している。

2015 FORD MUSTANG EcoBoost、2015 フォード マスタング エコブースト

足回りはH&Rのスプリングに交換し、さりげなくロワリングを実施。スポーティなスタイルと走りを追求しつつ、しなやかな乗り味も実現している。車高を下げたなら、やはりタイヤホイールにもこだわりたいもの。ホイールはRTRの20インチをチョイスし、タイヤはフロント・245、リヤ・275。共に35偏平を組み合わせる事で、見た目だけでなく乗り心地も考慮した仕様だと言える。

リヤビューに目を移すと、大きなカーボンウイングやフローマスターが目に止まる。ノーマルとは圧倒的に異なるシルエットを実現するが、非常にまとまりがよく品を感じさせるカスタム。大人のアメ車乗りを目指すなら、こういう仕様に乗るのもアリだ。

2015 FORD MUSTANG EcoBoost、2015 フォード マスタング エコブースト

2015 FORD MUSTANG EcoBoost、2015 フォード マスタング エコブースト

2015 FORD MUSTANG EcoBoost、2015 フォード マスタング エコブースト

フロントバンパーはグリル一体型のGT350仕様に変更。これにI-5のリップスポイラーを追加するが、非常に立体的な造形なので、スポーティさをより一層強調。トランクスポイラーはカーボン素材を採用。シンプルだが比較的大き目のサイズでダックテール感を強調する。マフラーは左右2本出しのフローマスターに交換。やりすぎない、程良いカスタムと言える。

_N6I3079

_N6I3273

H&Rのスプリングに変更し、車高をダウン。ホイールはRTR・20インチで、フロントは9.5J、リヤは10.5Jをチョイス。ブレーキキャリパーをレッドにペイントする事で、差し色的な役割を果たし、存在感を強調する。

_N6I3010

_N6I3220

_N6I3023

エンジンは2.3ℓのエコブースト。必要にして十分な出力を発揮しつつ、経済性にも優れる。走行距離は47,000kmだが国内未登録なので3年車検が取得可能。全席レザーシートを採用しており、ミッションは6ATとなるのでスムーズな加速を楽しめるのもポイントだ。

Thanks:ライオンハート【LION HEART】
TEL:0586-67-1711
URL:https://www.lionheart2005.com

Photo: 浅井岳男
Text: 空野稜


関連記事

  1. エクスカージョン デューリー エクスカージョン・デューリー 強烈な個性を放つ唯一無二の存在
  2. 2019 Dodge Challenger SRT Hellcat Redeye、2019 ダッジチャレンジャーSRTヘルキャットレッドアイ ヘルキャットの上位モデル「ヘルキャット・レッドアイ」は797hp…
  3. 2016 ダッジチャレンジャー スキャットパック、アメマガガール チャレンジャーなだけじゃイヤ! スキャットパックにとにかくこだわ…
  4. DSC_0154 同じC4コルベットでも前期と後期では異なる魅力を放つ
  5. 2017 DODGE CHARGER DAYTONA 392、2017 ダッジチャージャー デイトナ392 現代版マッスルカーの大本命! 一度味わうと虜になる DAYTON…
  6. 1971 PLYMOUTH BARRACUDA ‘Cuda、1971 プリマスバラクーダ クーダ 個性派プリマスの中でも尖ったマッスル「クーダ」
  7. 幼なじみがそろって選んだ、フォード元ディーラーというパートナー
  8. 1991 CHEVROLET CORVETTE カタログスペックでは計り知れない魅力に満ちたC4コルベット

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP
×