イベントレポート

マスタングとSUVが主力なのだが、ど真ん中に敢えてブロンコを展示【FORD MOTOR COMPANY】

2020 FORD MUSTANG CONVERTIBLE PREMIUM

_N6I2104

SEMA SHOW 2019 SPECIAL REPORT
LAS VEGAS CONVENTION CENTER
LAS VEGAS,NEVADA NOV 5 – NOV 8,2019

The Booth of Detroit3 トロイト3が創造するカスタムモデル

FORD MOTOR COMPANY

2018年同様、ホストを務めるFORD。会場の外ではお馴染みの同乗試乗も開催され、走りのイメージをアピールするが、2019年は少々趣が異なる。マスタングのスペースは少々減らし、センターにはアーリーブロンコを展示。2020年春以降に復活が噂されているブロンコへの布石を如実に感じ、打倒JEEPの意気込みが伝わってくる。

2019 FORD MUSTANG FASTBACK LITHIUM

マッハEじゃないだろ〜!と思っている人にオススメ

2019 FORD MUSTANG FASTBACK LITHIUM

SEMA直後に発表された、マスタングマッハE。コレジャナイ感満載だが、そんなアンチ派にオススメしたいのが、このリチウムバッテリーを搭載したマスタング。パワーユニットはバベスト社で900hpを発生し、6MTを組み合わせる。市販化して欲しいなぁ。

2019 FORD MUSTANG GT FASTBACK

マットブルーとマットブラックで存在感を強調

2019 FORD MUSTANG GT FASTBACK

GTにTVSテクノロジーのスーパーチャージャーを装着。公称値で700hpを発揮してシェルビーに引けを取らないスペックを実現。各部をカーボンファイバーのボディキットに交換し、トップとボトムはマットブラックにアレンジ。

2020 FORD MUSTANG CONVERTIBLE PREMIUM

クラシカルなスタイルだが走りを更にアップデート!

2020 FORD MUSTANG CONVERTIBLE PREMIUM

往年のマスタングを想起させるカラーリングを施した、2020年型マスタング。FORDパフォーマンスのサスペンションやブレンボキットを装着。コンバーチブルだから気持ち良く流して走る…のではなく、マスタングらしく積極的な走りを実現。

2020 FORD MUSTANG SHELBY GT500 DRAGON SNAKE

打倒チャレンジャーを掲げてぜひとも市販化して欲しい

2020 FORD MUSTANG SHELBY GT500 DRAGON SNAKE

2020 FORD MUSTANG SHELBY GT500 DRAGON SNAKE

5.2ℓ+スーパーチャージャーのシェルビーGT500でさえ化物だが、それをモディファイしたのがこのドラゴンスネーク。800hp以上の出力を誇り、巨大なリアウイングやリアフェンダーのデカールが非常に象徴的。残念ながら、現時点では市販化の予定はないそうだ。

2020 FORD GT MkII

世界でわずか45台限定のサーキット専用マシン降臨

2020 FORD GT MkII

2020 FORD GT MkII

レースのレギュレーションなどを一切無視し、FORD・GTが本来持つポテンシャルを最大限に追求したモデル。リアビューのセンター出しマフラーなどは、レーシングカーそのものといった雰囲気を漂わせる。

2020 FORD ESCAPE TITANIUM AWD

2020 FORD ESCAPE TITANIUM AWD

2020 FORD ESCAPE TITANIUM AWD

2020 FORD ESCAPE SEL AWD URBAN EDITION

2020 FORD ESCAPE SEL AWD URBAN EDITION

2020 FORD ESCAPE SEL AWD URBAN EDITION

2020 FORD ESCAPE SE SPORT HYBRID AWD

2020 FORD ESCAPE SE SPORT HYBRID AWD

2020 FORD ESCAPE SE SPORT HYBRID AWD

コンパクトSUVのエスケープもカスタムして展示

アウトドアスタイルから、街乗りやスポーティなスタイルにアレンジされたエスケープ。エコブーストだけでなく、アメリカ本国ではハイブリッドもラインアップされている。個人的には、今後グレーのボディカラーが流行るのでは?

メイン以外にもブロンコを展示しブロンコの復活を匂わせる

屋外のスペースでは、例年同様マスタングやF-150で同乗試乗会を開催。2018年は様々なマスタングのレーシングマシンが勢ぞろいしていたが、2019年は歴代ブロンコのレーシングマシンが集結。正式なデビューはまだ果たしていないにも関わらずここまで力を入れていることから、いかにFORDが新型ブロンコに期待&社運を掛けているかが見て取れた。2020年のSEMAには、様々なモディファイが施されたブロンコが勢ぞろいするのだろうか。

1968 FORD BRONCO WAGON

センターのブロンコは何を意味する?

1968 FORD BRONCO WAGON

1968 FORD BRONCO WAGON

もやは公然の秘密となっている2020年のブロンコ復活。それを匂わせるために、しかもブースのど真ん中に敢えてブロンコを展示。エンジンは5ℓ級のV8にコンバージョンされており、ブロンコのエンブレムやシリアルナンバーも刻印。新型ブロンコは期待できそうなので、デビューまで大人しく待とう!

2019 FORD EXPEDITION LIMITED MAX

シンプルでスッキリまとめつつグラフィックで主張

2019 FORD EXPEDITION LIMITED MAX

2019 FORD EXPEDITION LIMITED MAX

2WDのエクスペディションをベースに、YAKIMAのルーフBOXやFOGIATOの24インチホイールを装着。ラウンド形状のRIGID RDS の40インチをバンパーにビルトイン。フードやボディサイドにはペイントを施して個性的に仕上げる。

2019 FORD EXPEDITION LIMITED STEALTH

スタイリングは都会的だがカスタムはアウトドア志向

2019 FORD EXPEDITION LIMITED STEALTH

2019 FORD EXPEDITION LIMITED STEALTH

ステルスというサブネームを与えられた、エクスペディション。ICONの足回りでリフトアップし、FUEL の22インチホイールを装着。ブラックボディにチェリーレッドのラインが映えるが、真っ黒のボディでアウトドアに行ったら、溶け込んでしまいそう。

2019 FORD EXPLORER ST AWD

エクスプローラー史上初のハイパフォーマンスモデル

2019 FORD EXPLORER ST AWD

2019 FORD EXPLORER ST AWD

2019年のデトロイトショーで発表されたSTの3ℓV6のエコブーストがベースで、FORDパフォーマンスのプロトタイプとなるボディキットを装着。マフラーはBoraに交換されており、エンドチップはカーボンを採用。24インチのSAVINIがひときわ大きく見える。

2019 FORD EXPLORER ST AWD

サポートやパレードランの先導車としてカスタマイズ

2019 FORD EXPLORER ST AWD

2019 FORD EXPLORER ST AWD

FORD・GTと同じ塗り分けが施されたこのエクスプローラー。決して見た目を重視したのではなく、レースのサポートカーとしてふさわしいスタイルにカスタマイズ。排気量は3.3ℓを搭載しており、トランクスペースには定員分のヘルメットや消火器を常備する。

2020 FORD F-350 XLT SRW CREW CAB FX4

ラゲッジ部分を新規に製作し究極のトラベルスタイル!

2020 FORD F-350 XLT SRW CREW CAB FX4

2020 FORD F-350 XLT SRW CREW CAB FX4

4インチのリフトアップを実施し、40インチタイヤを装着したF350。ベッド部分を完全に作り変え、キッチンなどをビルトイン。その上にはルーフトップテントも装着し、キャビンの上にはラックも追加。ゴールドとグロスブラックで全体を統一し、まさに天体望遠鏡だけ持って、ひたすら旅に出たくなるような仕様。

2019 FORD RANGER XLT SUPERCREW FX4

オーバーランドスタイルで積載性に居住性をプラスする

2019 FORD RANGER XLT SUPERCREW FX4

2019 FORD RANGER XLT SUPERCREW FX4

2019年のSEMAショーで非常によく見られたのが、このオーバーランドスタイル。10年ほど前からSEMAでは見かけていたが、今回は爆発的に増加。FORDを始めBIG3には必ず1台はこの仕様が置いてあり、今後増えそうなスタイル。MTBなどアクティブなスポーツを楽しみたい人には最適な仕様だと言えるだろう。

2020 FORD F-150 LARIAT SPORT SUPERCREW 4×4

グラデーションがかかり前後のイメージが異なる

2020 FORD F-150 LARIAT SPORT SUPERCREW 4x4

2020 FORD F-150 LARIAT SPORT SUPERCREW 4x4

前後バンパーをスチールに変更しLEDライトを装着するが、SEMAの会場では比較的地味な印象。とはいえ見た目とは裏腹に、エンジンは5ℓV8にTVSのスーパーチャージャーで武装し、なかなかのモンスターっぷり。白からベージュに変わるラッピング、アリだね。

2020 FORD F-450 PLATINUM DRW CREW CAB 4×4

フロントウインドにはライトバーでなくLEDランプを並べ個性の追求と異彩を放つ

2020 FORD F-450 PLATINUM DRW CREW CAB 4x4

2020 FORD F-450 PLATINUM DRW CREW CAB 4x4

スーパーヘビーな450をさらにウルトラ級にモディファイ。前後サスペンションはkeidermanのエアサスに変更。タイヤサイズは37インチで、22インチのアメリカンフォースを組み合わせるが、思いっきりフェンダーから飛び出しているのは圧巻と言わざるを得ない。リアバンパーを引き出すとラチェットが収納されており、何でも積んで見せるゼ!と言わんばかりの仕様だ。

2020 FORD F-250 XLT SRW CREW CAB 4×4 BAJA FORGED

ベッド部分はストレージにウエポンキャリアのよう!

2020 FORD F-250 XLT SRW CREW CAB 4x4 BAJA FORGED

2020 FORD F-250 XLT SRW CREW CAB 4x4 BAJA FORGED

ルーフテントを装着しているのでレジャー仕様かと思いきや、BAJA FORGEDというサブネームから本気で走りを追求。フロントバンパーはパイプに変更し、フェンダーはカーボンに交換。I-CONのSTAGE7キットを装着することから、その本気度が伝わってくる。タイヤは37インチのBFグッドリッチKM3。ホワイトレターなんてないよね、と思う人が多いと思うが、ペイントによるもの。残念ながら、ロゴのペイントクオリティは高くはなかった。

2020 FORD F-150 XLT SUPERCREW FX4

コーヒに妥協しない至福の一杯を求める人のためのクルマ

2020 FORD F-150 XLT SUPERCREW FX4

F-150にシェルを追加。内部を見てみるとドロワーと呼ばれる引き出しもセットされ、中にはコーヒ豆がぎっしり。サイドウインドーの中にはタンブラーやポットがあり、出掛けた先でもコーヒーには妥協しない仕様。肝心のクルマの方はI-CONのキットで6インチリフト。37インチのINTERCO SSにKMC XD DEMO DOGの20インチを組み合わせる。SEMAにはこういった遊び心に溢れたクルマがたくさん展示されているから面白い。

PHOTO ◆ TAKEO ASAI
TEXT ◆ RYO SORANO


関連記事

  1. オフロードインパクト2019 日本最大級のオフロードカーショー!【オフロードインパクト2019…
  2. 56ビーチアメリカンカーミーティング ジャンルを問わず、様々なアメ車が琵琶湖56BEACHに集結
  3. _8MP4849 ウイングオートが、年に1度のユーザー参加大規模イベント、ウイング…
  4. レクサーニを履きこなすカスタムカーの祭典!
  5. DRAG FESTIVAL 2019 WEST Rd3 初心者から本格派まで楽しめる、オールジャンルのゼロヨン“祭典”
  6. IMG_1384 ローライダーをはじめとするアメリカンカスタムを中心にオールジャン…
  7. アリスジャック2018、肥後なつみ 広島のジェットシティが開催する年末恒例のイベント「アリスジャック…
  8. DSC_1069_opt 情緒溢れる滋賀県の近江、大石の郷山にチャージャーが集結!【ダッジ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP
×