イベントレポート

SUVやチャレンジャーもあるが、依然としてJL&JTの人気は高い!【MOPAR】


SEMA SHOW 2019 SPECIAL REPORT
LAS VEGAS CONVENTION CENTER
LAS VEGAS,NEVADA NOV 5 – NOV 8,2019

The Booth of Detroit3 トロイト3が創造するカスタムモデル

MOPAR

2018年、SEMAに初登場したJLラングラー。その人気は全米はもとより日本でもヒートアップしているのはご存知のとおり。2019年はグラディエーターことJTが追加されたので、ますますラングラーの牙城は強固なものとなっている。チャレンジャーは、カマロに負けじとドラッグ専用モデルをSEMAで発表。ラムの1500には3ℓのエコディーゼルが搭載されているが、このエンジンがJLラングラーなどにコンバートされるとますますJEEPが盛り上がりそうだ。

MOPAR ’19 DODGE CHALLENGER R/T SCAT PACK

毎日乗れるドラッグマシンさりげない威圧感が漂う

MOPAR ’19 DODGE CHALLENGER R/T SCAT PACK

MOPAR ’19 DODGE CHALLENGER R/T SCAT PACK

R/Tをベースに、公道走行が可能な上でドラッグにも使用可能なスキャットパック。エンジンは392を搭載しており、ストラットタワーバーやブレンボも標準装備。モパーブルーのストライプを敢えてオフセットしているところがオシャレ。

2020 MOPAR DODGE CHALLENGER DRAG PACK

打倒COPOカマロを目指して50台限定で生産される

2020 MOPAR DODGE CHALLENGER DRAG PACK

2020 MOPAR DODGE CHALLENGER DRAG PACK

2019年のSEMAでアンベールされたのは、ドラッグ専用にモディファイされた、チャレンジャーのドラッグパックと呼ばれるモデル。5.8ℓのV8エンジンを搭載しており、SRTがベース。トランスミッションはクイックシフトの3MTとなる。

MOPAR LOWLINER CONCEPT

流行りのビンテージモデルをモパーが現代風に救済!

MOPAR LOWLINER CONCEPT

MOPAR LOWLINER CONCEPT

ベースは1968年型のダッジD200シリーズトラック。各部をスムージングし、ローダウンしたことでフロントアクスルは3インチ前方に移設。エンジンはカミンズのディーゼルを搭載し、これに6MTをドッキング。クリームのバンパーがクラシカルな雰囲気だ。

MOPAR-MODIFIED 2019 RAM 2500 HEAVY DUTY

オフロードを意識しヘビーデューティスタイルを強調

MOPAR-MODIFIED 2019 RAM 2500 HEAVY DUTY

オーバーフェンダーやライトブラケットなど、モパー純正アイテムを追加したラム2500。搭載エンジンは6.2ℓのHEMIで、スペアタイヤをベッド部分に移設。バンパーのステップなども購入可能だが、残念ながらスペアタイヤブラケットとロックレールは参考出品となり、現時点では入手不可能だ。

RAM 1500 REBEL OFF-THE-GRID CONCEPT

道無き道を走り続けるオフロード&オーバランドスタイル仕様

RAM 1500 REBEL OFF-THE-GRID CONCEPT

FORD、GMでも見られたように、モパーにもオーバーランドスタイルの車両が展示。設定のないモハベサンドにペイントされており、シュノーケルや前後バンパーなどは参考出品なので、今後リリースを期待したい。ちなみにエンジンは3ℓのディーゼルを搭載。

JEEP J6

アンリミテッドと同じ長さのシングルキャブモデル

JEEP J6

J6と名付けられたこのコンセプトモデル。アンリミテッドのフレームにシングルキャブのトラックボディを架装。フロントは北米仕様ルビコンのハイラインフェンダーを装着。2インチのリフトアップを行ない、37インチのKM3をセット。なお、ホイールはJEEP純正品だがプロトタイプとなる。

MOPARIZED JEEP WRANGLER RUBICON CONCEPT

現地のディーラーでは同じ仕様にカスタマイズ可能!

MOPARIZED JEEP WRANGLER RUBICON CONCEPT

JEEP純正オプションを展開する「MOPAR」。それらのアイテムでフルカスタマイズされたのが、このアンリミテッド。全てのアイテムが現地のディーラーで購入可能なのは、羨ましい限り。歴代モデルが描かれたボンネットステッカーは日本にも導入して欲しいところだ。

JEEP GLADIATOR GRAVITY

鮮やかなオレンジにサテンブラックで存在感を強調する

JEEP GLADIATOR GRAVITY

グラデュエーターのルビコンをベースに、ロッククライマーのためのカスタムを施した1台。2インチのリフトアップを行ない、35インチのKM3を装着。オープンエアーを満喫できるようトップは外し、パイプドアに変更。ドロワーと呼ばれる引き出しやラックを装着し積載能力を高める。

JEEP M-715 FIVE-QUARTER

グラディエーターをベースに往年のM715をオマージュ

JEEP M-715 FIVE-QUARTER

1968年型のM715風ミリタリートラックを再現。ビンテージとモダンを融合させ、フロント部はカーボンパーツで再現。ベースの面影は乏しく、豪快にリフトアップし40インチタイヤを装着。エンジンはV8・6.2ℓのHEMIで、スーパーチャージャー付き。まさにモンスタートラックだ。

1958 PLYMOUTH FURY CHRISTINE TRIBUTE

見た目はファニーだが426のヘレファントを積む悪魔的なクルマ

1958 PLYMOUTH FURY CHRISTINE TRIBUTE

1958 PLYMOUTH FURY CHRISTINE TRIBUTE

1958年型のプリマスフューリーに、ヘレファントの異名を持つスーパーチャージャー付きの426クレートエンジンを搭載。ステファン・キングの小説「クリスティン」に登場するフューリーをイメージして製作されたこの車両。1958年型のフューリー2ドアハードトップに赤は存在しないのだが…と注釈がついていた。

JEEP JT SCRAMBLER

往年のスクランブラーを再現した歴史を感じる仕様

JEEP JT SCRAMBLER

CJ8スクランブラーは、イエローとオレンジのカラーリングが特徴的。それを再現したのがこのグラディエーター。幌をイメージしてフリーダムトップはアンバーにペイント。ロールバーにランプを追加するJEEP 定番のカスタムを現代風に再現。インテリアにもこだわり、ブラウンで統一する。

PHOTO ◆ TAKEO ASAI
TEXT ◆ RYO SORANO


関連記事

  1. NEW CHRYSLER DODGE FAN ALL JAPAN MEETING ポカポカ陽気の中集まった約50台のクライスラー&ダッジ合同ミーテ…
  2. リバティウォーク& ゆかいなアメ車オーナーツーリング リバティウォーク&ゆかいなアメ車オーナーツーリング in りんく…
  3. _DSC3363 久しぶりのミーティングに羽を伸ばすアメ車乗りたち【与島ミーティン…
  4. アメフェス2018、AMEFES2018、IKURA'S AMERICAN FESTIVAL 2018 日本最大級のアメリカンイベント「IKURA’s アメリカンフェス…
  5. スーパーアメリカンフェスティバル2018、SUPER AMERICAN FESTIVAL 2018 お台場で初開催となるスーパーアメリカンフェスティバル2018
  6. JOA FESTIVAL in SHIMODATE OFF-ROAD アウトドア×4WDの祭典【24th JOAフェスティバル】
  7. フォードGTを武器に開幕戦を制覇! 2018年もタイトル争いを展…
  8. 4WDファンミーティング2019 見て・買って大満足の日本最大級の四駆イベント開催【4WDファンミ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP
×