クーペ

MOPERが後追いするほどの先進性を感じさせるラグジのM-LINE

EDGE CUSTOMS M LINE DODGE CHALLENGER

EDGE CUSTOMS M LINE DODGE CHALLENGER

EDGE CUSTOMS M LINE DODGE CHALLENGER

不動のDODGE
Immortal Dodge Soul ダッジの魂に魅了される

2008年のデビュー以来、異例と言えるロングセラーを続けるチャレンジャー。無駄を省いたシンプルなボディラインだが、少々物足りなさも感じる。そこでLUXZが選んだのは、オーバーフェンダーの追加によるワイド化だ。

よりグラマラスになり躍動感溢れるスタイル

デビューから10年以上が経過しているにも関わらず、今なお高い人気を維持し続けるチャレンジャー。歴代SRTシリーズも十分魅力的ではあったが、やはりヘルキャットやデーモンの存在が非常に大きいと言えるだろう。今でこそデーモンやヘルキャットワイドと言ったオーバーフェンダーを追加したスタイルが存在しているが、ダッジがリリースするよりも早く、ラグジではM‐LINEと言うシリーズで、ワイド化を実現。特にチャレンジャーのサイドは比較的平坦な印象が強く、オーバーフェンダーの追加は非常に立体感あふれるスタイルとなり、ノーマルとの差別化には非常に効果的だ。

オーバーフェンダーの追加で、タイヤ&ホイールサイズも一新。ホイールはWORK・エモーションCR3Pで、サイズは前後共20インチ。フロントのリム幅は10J、リヤは12Jをチョイス。タイヤはNITTO INVOで、フロントが275/リヤが315となり、まさに圧巻と呼ぶのが相応しい姿。リムはつや消しブラックのアルマイトで、ディスクはマットブラック。敢えてクルマ全体をブラックで統一することで、タイヤペイントを際立たせる効果を狙う。

ROHAN、エッジカスタムズ、ラグジ

EDGE CUSTOMS M LINE DODGE CHALLENGER

また、ROHANとのコラボによって、ボンネットには深紅のグラインダータトゥーを実施。ボンネットダクトがさながら瞳のように見え、グラインダーのラインがさながらヒョウの毛並みのように見えなくもない。単なるカスタムではなく、今まさに獲物に飛びかかろうとする、そんな躍動感さえも与えられていると言えるだろう。

ROHAN、エッジカスタムズ、ラグジ

ROHANとのコラボによって、このチャレンジャーMのボンネットにはグラインダータトゥーを施す。光が当たる角度によっては、あたかもネコ科の動物のような顔に見えなくもない。

EDGE CUSTOMS M LINE DODGE CHALLENGER

前後のオーバーフェンダーはラグジのEDGE CUSTOMSのM-LINEをチョイス。マッスルカーらしさを引き出すデザインが最大の特徴となる。トランクスポイラーはチャレンジャーSの物を装着。マフラーはマグナフローで、マットブラックのホイールと相まって、非常にスポーティな雰囲気を漂わせる。

WORKのエモーションCR3P

ホイールは、WORKのエモーションCR3P。3ピース構造を採用することで、オーバーフェンダーを追加した車両でも、ホイールスペーサーを使用しないトンピシャなサイズを設定可能。ディスク、リム、さらにはピアスボルトまでもブラックで統一されているので、スリットローターやタイヤステッカーがより一層際立つ。

LUXZ【ラグジ】
TEL:058-259-3922
URL:https://luxz.jp/

写真/浅井岳男
文/空野稜


関連記事

  1. Main_01 本国“ワイドボディキング”と結びつけるAZRコネクション【アズー…
  2. DODGE CHARGER DAYTONA、ダッジ チャージャーデイトナ 結婚を機にC6から、チャージャーデイトナにシフト
  3. アイファイブ、I-5 アイファイブならではの確固たるスタンスは、リニューアルしても変わ…
  4. DODGE CHALLENGER GT AWD、ダッジチャレンジャー GT AWD AWDのチャレンジャーGTなら季節を選ばずマッスルを楽しめる!
  5. DSC_2095 異なる楽しみ方を堪能 シボレーカマロ & GMCユーコ…
  6. DSC_1899 彼女の愛車はクール&スタイリッシュな漆黒のチャージャー…
  7. _N6I5951 IROC-Zをカリカリチューンした快速仕様【1989 Chevy…
  8. IMG_9984 華麗なるビンテージ・ダッジ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP
×