SUV

SRTと同じフェイスを持つデュランゴR/Tは狙い目だ!

2019y ダッジ デュランゴ R/T AWD、2019y DODGE DURANGO R/T AWD

2019y ダッジ デュランゴ R/T AWD、2019y DODGE DURANGO R/T AWD

2019y DODGE DURANGO R/T AWD

不動のDODGE
Immortal Dodge Soul ダッジの魂に魅了される

個性はボディカラーで引き出す、新色F8グリーンは選択肢になる!

多種多様なモデルを販売するライオンハートで今、レギュラー枠として常に入庫させているのが現行デュランゴだ。クルマとしての性能の良さ、ダッジという存在感に注目して積極的に導入し、現在の在庫で注目なのがF8グリーンカラーの2019年型R/Tだ。

愛知県のライオンハートでは、約5年ほど前から現行ダッジ・デュランゴ(11年~)の取り扱いを積極的に行なっている。その理由について「クルマとしての性能が高いこと、全長も5.1mと他のアメ車や輸入車に比べて大き過ぎないこと、他店での扱いが少なかったことも注目の理由です。チャレンジャー人気によって、多くの人にダッジというブランドが知られて、そのダッジのSUVということから問い合わせが増えた気もしますね」とは、代表の小山内氏。

そして何より、企業努力によって車両価格をかなり安く設定していることから、全国から問い合わせがあるという。

現在の在庫デュランゴのラインナップでオススメなのが、F8グリーンと呼ばれるボディカラーのR/Tグレード。黒・白が人気のボディカラーで、「かなり面白いカラーだけど正直反応がイマイチ」と語るが、実際に目にして分かったのが、現車と写真では微妙な雰囲気が違うこと。こればかりは現車で見たほうが絶対にイイ。R/Tはご存知5.7ℓV8HEMIを搭載し、トップグレードのSRTと同じフェイスとボンネットを備えるのが特徴だ。オプションのブラックトップパッケージで、グロスブラック20インチホイール、グロスブラックバッチ、グロスブラックミラーに変更されている。

2019y ダッジ デュランゴ R/T AWD、2019y DODGE DURANGO R/T AWD

周りと同じSUVじゃつまらないと感じ、欧州車などから乗り換える人も多いというデュランゴ。であればいっそ、個性あるボディカラーに乗るのも悪くない選択ではないだろうか。

デュランゴのエンジンラインナップは、グレードによって3.6ℓV6ペンタスター、5.7ℓV8HEMI、6.4ℓV8HEMIを搭載する。シタデルは3.6ℓがスタンダードで、オプションで5.7ℓを選べ、R/Tは5.7ℓ、SRTが6.4ℓで、その他のグレードは3.6ℓがスタンダードとなる。ライオンハートでは、在庫グレードをR/Tに絞っているため、どうしても違うグレードとなれば、オーダーとなる。

2018年型から、トップグレードSRTと同じフェイス&ボンネットに変更されているR/T。車線逸脱防止支援システム、車線維持支援システムなど先端装備も充実している。

ホイールはオプションの「ブラックトップパッケージ」のグロスブラック20インチ。サスペンションはフロントがダブルウィッシュボーン、リアがマルチリンク。パフォーマンスステアリング&スポーツサスペンション装備も備わる。

2019y ダッジ デュランゴ R/T AWD、2019y DODGE DURANGO R/T AWD

2019y ダッジ デュランゴ R/T AWD、2019y DODGE DURANGO R/T AWD

iPhone を車載8.4インチモニターで使えるアップルカープレイが備わる。パドルシフトも装備され、スポーツ走行も可能。14~17年型ではダイヤル式だったシフトは18年型から再びハンドルタイプに変更となっている。駆動はAWDのローレンジ切り替えダイヤル付き。USB差込口はインパネ下に2つ、リアシート側に2つあるのも重宝する。かなりの角度までリクライニングできるフロントパワーシート、シートメモリー、シートヒーター&シートクーラーに加え、リアシートにもシートヒーターが備わる。シートはレザー&アルカンターラのコンビ。デュランゴの伝統である3列シートは健在で、大人も十分座ることができる空間になっている。

2019y ダッジ デュランゴ R/T AWD、2019y DODGE DURANGO R/T AWD

2019y ダッジ デュランゴ R/T AWD、2019y DODGE DURANGO R/T AWD

2019y ダッジ デュランゴ R/T AWD、2019y DODGE DURANGO R/T AWD

3列目使用時はさすがにラゲッジスペースは狭くなるが、2タッチで収納できる3列目を倒せば、十分な広さが広がる。2列目を倒してもフラットになるのは実用性が高い。もちろん電動リアゲートだ。

Specifications 2019y Dodge Durango R/T AWD

2019y ダッジ デュランゴ R/T AWD、2019y DODGE DURANGO R/T AWD

全長 5110mm 全幅 1925mm 全高 1818mm ホイールベース 3042mm 車両重量 2440㎏ エンジン種類 V8 HEMI MDS VVT 総排気量 5700cc 最高出力 360hp/5150rpm 最大トルク 53.9kg-m/4250rpm トランスミッション 8速A/T サスペンション 前 ダブルウィッシュボーン サスペンション 後 マルチリンク ブレーキ 前 ベンチレーテッドディスク ブレーキ 後 ベンチレーテッドディスク

2019 DURANGO BODY COLOR
2019年型からデストロイヤーグレー、F8グリーンが追加

What’s デュランゴ?

ラムの快進撃を受けて、ダコタをベースにSUV化したのが初代デュランゴだ!

90年代半ば、フルサイズのダッジ・ラムが市場の予想を上回る好調な売れ行きとなり、その勢いで新たな試みとして1998年に誕生させたのが、ダッジ・ダコタをベースにSUV化したデュランゴだ。するとデザインの「凄み」が引き立ち、アメリカでは一躍人気モデルに。3列シートを初めて搭載するなど、装備的にも革新的なモデルだった。そして2004年、全長5m未満のミドルサイズから一転、5mオーバーのフルサイズにカテゴリー変更した二代目デュランゴ。サスペンションやボディ剛性が強化され、乗り味が格段に向上したのが大きな特徴だ。ファミリーユースを狙ったカタチではあるが、初代デュランゴの魅力が消えたデザインは本国でも賛否が有り、初代ほどの爆発ヒットとはならなかった。2011年より三代目の現行モデルになる。

初代:1998~2003年

二代目:2004~2010年

LIONHEART【ライオンハート】
TEL:0586-67-1711
URL:http://www.lionheart2005.com

写真/古閑章郎
文/相馬一丈


関連記事

  1. 2007 GMC YUKON XL 理解ある親と共に本格DIYで作るガレージライフの理想系!
  2. 1969 ダッジ ダート 最速を誇るマッスルカーの頂点として君臨するダート
  3. _N6I2805 スタイリッシュに 「SUV」を乗りこなせ【グッドスピードインター…
  4. 2003 DODGE VAN Shorty California Custom ダッジバン・ショーティでちょっとしたアウトドアライフなんてどうか…
  5. 2005 リンカーン アビエーター、2005 LINCOLN AVIATOR 少し小さいナビゲーターが 実は今、売れている!?【リンカーンアビ…
  6. 2004 HUMMER H2 乗り換えたクルマは数しれず一番長く所有するのがH2
  7. 2003y DODGE RAM VAN ノーマルモデルが多いラムバンはコンバージョンモデルは珍しい?
  8. 2020 FORD EXPLORER ST、2020 FORD EXPLORER PLATINUM 遂にパフォーマンスグレードが登場!400hpを発揮するエクスプロ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP
×