クーペ

ヘルキャット&SRT10のハイパフォーマンスを義兄弟二人で楽しむ

2015 Dodge Challenger SRT Hellcat、2006 Dodge Ram SRT-10

2015 Dodge Challenger SRT Hellcat、2006 Dodge Ram SRT-10

2015 Dodge Challenger SRT Hellcat OWNER NEXCEED
2006 Dodge Ram SRT-10 OWNER APALAND

不動のDODGE
Immortal Dodge Soul ダッジの魂に魅了される

チャレンジャーの中でも最高峰のハイパフォーマンスモデルであり、昨今ではドラッグレースでも愛用率の高いヘルキャット。そしてVIPERと同じV10を搭載するラムSRT‐10。義兄の影響を受けて1カ月前に実現させた二人のハイパフォーマンスモパーライフに迫る!

様々なアメ車を乗り継いで到達した本質の見極め力

若かりし頃は勢いだけでクルマを選び、過剰なカスタムにお金を投じて誰よりも目立ちたいと背伸びをしがちだが、ある程度の年齢になってくると、クルマに限らず本質を見極めた賢い選択肢が身についてくるものである。

紹介する二人の義兄弟がまさにそんな感じで、兄のAPALAND氏は、C‐1500に乗って様々なイベントに大勢を引き連れて参加したり、時には仲間内のクルマ専属キャンギャルやカメラマンを手配して撮影会を楽しんだりした後、40代になるに連れてクルマとの向き合い方も大きく変わってきたと言う。その背中を追う様に弟もエスカレードに乗ってアメ車ライフを謳歌していたが、兄のSRT‐10に感化されて45歳の節目にヘルキャットを手に入れた。

どちらもホイールはノーマルで大掛かりなカスタムを施すというよりも、個体の良さを引き出す程度に控えた仕様となるものの、10年近く乗り続けている兄のSRT‐10はインテリアを総張り替えしてVIPERのロゴ刺繍をヘッドレストにあしらい、黒×赤のレーシングストライプをステッカーではなく塗装で仕上げて艶感を損なわない様に演出。ヘダースからリアエンドまでワンオフで製作したマフラーはバルブトロニックの音量切り替え式を採用し、ツーリングやイベント参加時と普段乗りとで使い分けるなど、TPOをわきまえた大人なカスタムが好印象。

2015 ダッジ チャレンジャー SRT Hellcat

2006 ダッジ ラム SRT-10

一方、約1カ月前に購入したばかりの弟のヘルキャットは年明けまでにフルラッピングを行なうそうで、兄と同じ様に品格のあるジェントルなヘルキャットへと仕立てる予定だ。ちなみにASSISTのフロントウィンドーデカールは、彼らが所属するカークラブで、アメ車オンリーではなくスーパーカー集団を含めた大人のクルマ好きたちも所属する大規模カークラブであり、二人はその中のアメ車部門に所属。一緒にツーリングすることもあり、圧倒的なハイパフォーマンスを誇るスーパーカーたちに引けを取らずにハイウェイを一緒に巡航できるところも、SRT‐10ヘルキャットの特権。

とくにSRT‐10の場合は、そのビジュアルから甘くみられることも多く、追いつき、追い越した時の優越感も格別。強いて言うなら車高が高い分スピードが上がると風の影響をもろに受けてしまうこともあるが、それでも普通のラムトラックとは別次元の走りが堪能できてしまう。ヘルキャットにもそうした資質があり、チューニングを施せば707hpを800hpオーバーにアップデートすることも可能。カスタムして飾るよりも走らせて楽しむ。クルマ道楽の本質とはまさにそこにあり、年齢と共にその傾向が如実に表れるもの。

二人のハイパフォーマンスモパーライフはまだ始まったばかり。今後も様々な走り自慢のツーリングに参加して、その実力をジェントルに見せつけていって欲しいものだ。

2015 Dodge Challenger SRT Hellcat

2015 ダッジ チャレンジャー SRT Hellcat

前の愛車エスカレードは家族を乗せてもゆとりのスペースで大活躍だったが、娘も大きくなり家族で出掛ける機会も減った。そんなタイミングで兄の影響を受けて購入したヘルキャットに乗り、兄と共にモパーマッスルを堪能する時間は、家庭内で男一人だった彼にとってまさに至福の時。

707hpオーバーのハイパフェーマンスを発揮するヘルキャットは次世代モパーマッスルの大本命。購入してまだ1カ月程度なので現状はノーマルではあるが、2020年を迎える頃にはフルラッピングを施して大掛かりなモディファイを計画中。SRTの純正マットブラックホイール×ブレンボブレーキシステムは非常に完成度が高いのでしばらくそのまま楽しむ予定。

2006 Dodge Ram SRT-10

2006 ダッジ ラム SRT-10

K&Nエアフィルターやヘダースからのワンオフマフラーで吸排気チューニングを施すV10エンジン。スーパーカーツーリングにも意欲的に参加しており、一緒に走らせていても後れを取るどころか、車種によっては抜き去る勢いのSRT-10は、羊の皮を被った狼。猛牛や競走馬を相手に互角で渡り合えるフルサイズトラックはおそらく他に存在しないだろう。

マニュアルのツーシーターというギミックも非常にスポーティーで、シングルキャブのボディはアグレッシブな走りに最適。内装はバイパー同様のカラーコーディネートでフルカスタムされており、ヘッドレストにはバイパーの刺繍をあしらう。純正で装着されているピラーメーターも非常にレーシーで好印象。


関連記事

  1. B0V7102 レアなディーゼルエンジン搭載!人気世代のサバイバルモデル Che…
  2. 1970 PLYMOUTH SUPERBIRD 史上初の200mph超えを果たした伝説の「快鳥」【プリマ ス・ス…
  3. _HMP3469 トラックのなかのトラック!F350スーパーデューティ【ハンズカー…
  4. 679 GMC C-20は、フルサイズトラックのルーツともいえるピックア…
  5. DODGE MAGNUM、ダッジマグナム TAKA AUTOが手掛けるアメ車のレンタカー。なかでもマグナム…
  6. 2007y DODGE DURANGO、2007y ダッジデュランゴ 人気薄? だからこそ狙い目!優等生な2世代目デュランゴ
  7. _N6I9780_opt BOSS302カムを搭載したフォードトリノGT / マリーナブル…
  8. 立花未来チャレンジャーカスタム計画 Produced by LUXZ / WORK 遂に完成!ラグジ&ワークプロデュース 立花未来チャレン…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP
×