ダッジ

華麗なるビンテージ・ダッジ

IMG_9984

DSC_5225-1

不動のDODGE
Immortal Dodge Soul ダッジの魂に魅了される

ここからは、よりダッジらしい、キャラクターの濃いビンテージ・ダッジを紹介していこう。他ブランドとは一線を画す、アメリカらしいダッジの名車たち。一度その魅力にハマると、他では満足できなくなるのだ。

アメ車らしいアクの強いキャラクターの「ダッジ」

数あるブランドの中でも、セールス面では微妙ながらも、明確なキャラクターを保持して根強い人気を誇る「ダッジ」。09年にはトラックや商業車のラムが単独のブランドとして独立したが、クライスラーの中でも主力ブランドとして、人気モデルを数多くラインナップする。

70年にデビューしたチャレンジャーや68~69年型のチャージャーなどは、アクション映画のヒールの愛機として数多く採用され、現車の持つインパクトのあるキャラクターともシンクロして、ダッジのカッコ良さがアピールされている。シボレーやフォードのようにフレンドリーとはいえないが、特に黄金期のモデルたちは、手間とコストのかかる質実剛健でタフな造りであったりと、イメージとは異なる誠実さも感じられる。

近年ではV10エンジンを搭載するスーパースポーツであるバイパーや、そのV10エンジンを持つ4輪バイク、トマホークをリリースするなど、型破りなアプローチも得意。ナンバー1になれるだけの実力は備えていなくとも、「オンリー1」として愛される魅力に溢れたブランドとして、熱心なファンが多い。

それだけに、他のブランドに比べて、ブランドに対するアドバンテージを主張するファンが少なくない。個性の強い、場合によってはアクの強いブランドとあって、その魅力にハマるまでに時間がかかることもあるが、一度その魅力にハマると、他社モデルでは満足ができなくなるなど、ドロ沼的に魅力にハマるケースが目立つ。画像や情報はネットを通じて大量に入手できるが、ダッジの奥深い魅力は、現車に触れてこそ感じ取れる繊細な部分だったりする。

_N6I7542

IMG_0069

IMG_0090

IMG_0155

IMG_0201

IMG_9984


関連記事

  1. DSC_2576 アクティブな私にピッタリのラムバン。納車した翌日には九州までトリ…
  2. アイファイブ、I-5 アイファイブならではの確固たるスタンスは、リニューアルしても変わ…
  3. DSC_4365 驚異のポテンシャルを秘めた ハースト・チャレンジャー【キャンディ…
  4. 1973 Pontiac Firebird Trans Am、1973 ポンティアック ファイアーバードトランザム ファイヤーバードのトップグレードがトランザムだ!
  5. 1970 PLYMOUTH AAR ‘CUDA、プリマスAARクーダ 最高に神なバラクーダAARクーダの存在感
  6. 3M7A0541-1 マスタングのファストバック。クーペにはないセクシーなリアスタイル…
  7. ダッジチャージャーワイドボディカスタム、DODGE CHARGER WIDEBODY CUSTOM チャレンジャー用をチャージャーで着こなすテーラーメイドが肝
  8. LUXZ × ROHAN DODGE CHALLENGER SRT HELLCAT チャレンジャーSの物理的な立体感にローハンの視覚的な立体感が合体…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP
×