セダン

4ドアのコロネットを絶妙にアレンジ、マッスルカー的なアプローチの秀作

1972 DODGE CORONET

1972 DODGE CORONET1972 DODGE CORONET

不動のDODGE
Immortal Dodge Soul ダッジの魂に魅了される

4ドア車が2ドア車と独立した専用デザインとなった6世代目(71~74年型)のコロネットの4ドア・セダンをベースに、マッスルカー的なアプローチのストリートカーにアレンジしたオルタナティブな秀作。

セダンをワイルド&スタイリッシュにブラッシュアップ

コロネットというと、マッスルパッケージがラインナップされた5世代目(65~70年型)を真っ先に連想する。49年のデビューから59年の4世代目まではフルサイズだったが、5世代目よりインターミディのBボディとしてダッジの乗用車の主力モデルとして76年までラインナップ。近年はマッスルカー人気で知られるようになったが、そこではあくまでも5世代目の2ドア車に限定されている。

マッスルカーやホットロッドなどのパフォーマンスありきのフィールドにおいては、4ドア車は不向きであり、スタイリング的にも2ドア車よりも劣るため、スルーされがち。それだけに、価格の面では安価で入手しやすいのがポイント。2ドア車に比べて魅力が薄い4ドア車をベースにする以上、それなりの工夫が必要となるが、まずはベース車の選択が重要。そこで、4ドア車が2ドア車とは別のデザインとなり独立した6世代目の72年型とした。兄弟車に当たるプリマスのサテライトでは2ドアと4ドアでラインナップするが、この時代のコロネットには2ドアが存在しないのもポイント。

1972 DODGE CORONET

また、6世代目からはチャージャー同様に空力特性を加味したスムースなボディフォルムとなり、Bピラーを無視すると、2ドアとしても成立しそうなシルエットが魅力大なのである。ダッジのマッスルパッケージを象徴する「バンブルビーストライプ」や、オプションのミラーをチョイスし、社外の5スポークホイールでアップデート感を演出。この個体は、独創的なアプローチとして、アメリカの専門誌でもフィーチャーされた経歴もある。

1972 DODGE CORONET

1972 DODGE CORONET

グリルを1周するフロントバンパー、レンズ内蔵のリヤバンパー、長いリヤオーバーハングなど、この時代のMOPAR のアイデンティティがしっかりと反映されている。4ドア車で独立した専用デザインということもあり、特有の魅力がある。車高プロポーションも絶妙。

1972 DODGE CORONET

搭載エンジンは、V8ではスタンダードで唯一のスモールブロックである318ciをベースに、アルミヘッドや4bblキャブでアップグレード。手の込んだディテーリングでルックスも◎!トランスミッションは3速AT。

IMG_5838

サスペンションは、F:トーションバー、R:リジットリーフ。カジュアルかつモダンな細身の5スポークホイールは、ロケット製。装着 タイヤは、ピレリ・P-ZERO(F:245/40ZR18、R:285/40ZR18)。

1972 DODGE CORONET

1972 DODGE CORONET

6人乗車のベンチシートによるベーシックな仕様。内張なども含め、基本的にストックをキープ。ステアリングは、ホイールのデザインにマッチするデザインの社外品にアレンジ。Automator製のゲージ&タコメーターを追加。

Thanks /ナオキモータービルド
TEL:072-236-7300
URL:https://naoki-mb.co.jp

★ PHOTO & TEXT:石橋秀樹


関連記事

  1. _HMP9087 憧れの300オーナーに!惚れたクルマに一途な想い。
  2. 1994 Chevrolet Caprice 曲線基調のしなやかなフォルムのカプリス
  3. 2019 ダッジ チャレンジャー R/T スキャットパック 1320ドラッグパック チャレンジャー 1320DRAG PACK。本格派ドラッグマシン…
  4. ダッジチャージャーワイドボディカスタム、DODGE CHARGER WIDEBODY CUSTOM チャレンジャー用をチャージャーで着こなすテーラーメイドが肝
  5. DSC_3977 セダン好きのショップ社長が選んだサメ顔のチャージャー【コーストモ…
  6. _N6I1950 かつては大統領の専用車として採用されたこともあるコンチネンタル。…
  7. DSC_6478 マッスルカーのアイコンでもあるシェイカーフードを取り付けた黒いダ…
  8. 2012 CHRYSLER 300 【クライスラー300】カスタムの魅力にハマり、終わりなきカタチを…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP
×