クーペ

最速を誇るマッスルカーの頂点として君臨するダート

1969 ダッジ ダート

1969 ダッジ ダート

1969 DODGE DART

不動のDODGE
Immortal Dodge Soul ダッジの魂に魅了される

一見地味な箱型に見えるものの、実はMOPARらしさが盛り込まれた傑作

日本では地味なコンパクトとしてマイナーな存在ながら、スーパーストックにおける最速モデルとして、現在でも最強の存在としてのステイタスがある。シンプルな箱型のボディにはMOPARならではの手の込んだディテールが満載なのだ。

往年のマッスルカーというと、あくまでもインターミディが主流であり、その次にポニーカーとなる。そもそもフルサイズ車に設定された大排気量のエンジンを、中型サイズのインターミディに搭載したのがはじまり。実にシンプルな考え方だが、実際に高いパフォーマンスを発揮し、メーカー純正ホットロッドとしても大人気となった。ダッジにおいては、62年からのポラーラが主力で、65年からはコロネットにスイッチされる。黄金期の68年からは、チャージャーも追加されるのだが、忘れてならないのが、ダートの存在。

フルサイズとして60年よりラインアップし、62年型の1年間のみ、第二世代としてインターミディになり、スーパーストックでも活躍する。63~66年の第三世代ではプリマス・バリアントの兄弟車としてコンパクトなAボディ車でラインナップされる。この時点ではコンパクトでエコノミーな大衆車といったイメージが強いのだが、67年からの第四世代では、なんと、ビッグブロック440ci、さらには、426HEMIを搭載してスーパーストック最強となった。

1969 ダッジ ダート

コンパクトで軽量なAボディに、V8最強ともいえる426HEMIを搭載したスーパーストック仕様は、出荷台数が数十台ながら、れっきとした市販車両としてレギュレーションをクリア。現在でも最速を誇るマッスルカーの頂点なのである。日本ではスモールブロックしか設定のないモデルというイメージで過小評価されているが、そうした背景や仕様を抜きにしても、デザイン的にも十分魅力的。その魅力は実車を見ないとなかなか伝わりにくいため、マニアックな存在ではある。

1969 ダッジ ダート

一見すると、地味な箱型ボディながら、ディテーリングには芸の細かいデザインが盛り込まれている。マスク周辺や前後バンパーの複雑なプレス形状、極端に湾曲するリアガラスなど、MOPARらしいアイデンティティを感じる。

1969 ダッジ ダート

1969 ダッジ ダート

1969 ダッジ ダート

1969 ダッジ ダート

1969 ダッジ ダート

基本的にはエコノミーな大衆車なだけに、インテリアは質素だが、ブルーで統一されたオシャレな仕様。社外のエアコンユニットの設置以外は、ステアリングも含めストックをキープする。

ベーシックなV8として設定された318ciは、2bblで230hpを発揮するだけに、4bbl仕様にアレンジしたこの個体は、必要にして十分なポテンシャルを確保。トランスミッションは、3速AT、トルクフライト。

サスペンションはこの時代のモパーの乗用車では共通のF:トーションバー&R:リジットリーフ。Aボディ車のPCDは5H100のため社外ホイールの選択肢が少ないが、定番のディッシュが馴染む。

★ PHOTO & TEXT:石橋秀樹


関連記事

  1. _DX_1219 絶妙なクビレがSEXYなC3 1976y シボレーコルベット ス…
  2. _N6I1924 究極の自動車趣味としてアメリカでは定着している「ストリートロッド…
  3. 1970 CHEVROLET C10、1970 シボレーC10 ラージリム&絶妙な車高アレンジによって、C20のスクエアなボディ…
  4. 1971 PLYMOUTH BARRACUDA ‘Cuda、1971 プリマスバラクーダ クーダ 個性派プリマスの中でも尖ったマッスル「クーダ」
  5. ダッジチャージャー、DODGE CHARGER 希少なビンテージMOPARを見て触って試乗できる東海カーズ
  6. 2017 CHEVROLET CORVETTE GRAND SPORT HERITAGE コルベットらしさを継承しつつ、進化を遂げた集大成!
  7. 1978 Pontiac Firebird Trans Am、1978 ポンティアック ファイアーバードトランザム 映画の劇中車として人気に火が付いたイーグルマスクのファイーバード…
  8. 2016y Dodge Challenger R/T、2016y ダッジチャレンジャー R/T アメ車なんて派手で興味ない、それが今では魅力にドップリハマる

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP
×