GMC

【GMCサバーバン2500】オフロードでも心置きなく遊ぶ為にリジットアクスルの足回りを移植。

1996 GMC SUBURBAN 2500

1996 GMC SUBURBAN 2500

1996 GMC SUBURBAN 2500

THE 90’s STRIKES BACK ナインティーズの逆襲

独立懸架の足回りをリジットアクスルにスワップ、卓越したオフロード走破性を手に入れた!

リフトアップされ大迫力のオレンジ系のゴールドにオールペンされたサバーバン。本格的なオフロードでも心置きなく遊ぶ為にリジットアクスルの足回りを移植。

改造のきっかけはオフロードで折れてしまったステアリングロッドだった

今のオーナーが、縁があって手に入れた96年型のGMCサバーバン。ビッグ・ブロック454ci(7.4ℓ V8)を積んだ2500だったことも決め手となり購入。

程なく定番のリフトアップ等のカスタムをしたが、オフロードコースの黒井沢で軽く走ってみたら、あっさりとステアリングロッドが折れてしまった…。やはりオフロードで楽しく遊ぶには、その重量で独立懸架の足回りでは荷が重いのだ。それでしばらくは大人しくしていた(らしい)のだが、アメリカで程度の良いフォードF250のアクスルを探して、リジットアクスル化を決行。

リジットアクスル化にあたりホールショットでは、既存の独立懸架の足回りをさっぱりと撤去し、F250のリジットアクスルをベースに、リーフスプリングはエクスカージョン用のリフトアップ用、さらにナックルやピットマンアームなどのステアリング系は、ORUのパーツ等を流用したが、ブラケット類等の多くのパーツは、ホールショットのノウハウを生かしながら強度や形状を思考錯誤し、多大な手間を時間を使いほとんどワンオフで製作された。

リジットアクスル化により、普段の直進安定性などは元の独立懸架の足回りには劣るが、オフロードでの圧倒的な走破性、何より楽しく安心して遊べるようになった。

サバーバンでオフロードを楽しみたいオーナーは、覚悟を決めてまずはホールショットに相談してみてはいかがだろうか?

1996 GMC SUBURBAN 2500

かなりこだわったというオレンジ系ゴールドのボディカラー。この時代のスクエアでアメリカンなボディデザインと抜群の相性を魅せる。オーナー曰く、特に太陽光が当たった時のメタリックな輝きは、グリルやバンパー、ドアノブなどボディ各所にあしらわれたメッキパーツとのバランスが素晴らしくお気に入りだそうだ。

はじめからホーシングが付いていたような自然なフロントのリジットアクスルの足回り。F-250のリジットアクスルを流用し、リーフスプリングはエクスカージョンのリフトアップ用の物を組み込む。ただ取り付けには数々の加工や調整が必要で、パーツはあくまでも材料でしかない。ホイールはフューエルオフロードのVAPOR。タイヤも同じくフューエルオフロードのGRIPPER M/T 38X15.50R20LTを履く。


協力:ホールショット
TEL:0568-33-4900
URL : http://www.hallshot.jp


Photo & Report◆Kisaki Design
アメ車マガジン 2020年 4月号掲載


関連記事

  1. _N6I0686 本格的な走破性に快適性を備えた、アンリミテッドをよりワイルドに【…
  2. 2020 フォード エクスプローラー ST、2020 FORD EXPLORER ST 人気は本国でも快調! 新型第6世代エクスプローラー
  3. JEPP GRAND CHEROKEE by BCD グランドチェロキーをより華麗にさせるBCDエアロの魅力
  4. 01_23A1487 28インチ入りのSUVを日常の足として自由に乗る キャデラックエ…
  5. シボレーサバーバン、シボレータホ リフトアップの定番とは異なる 異端児的なタホとサバーバンを徹底リ…
  6. 2020 FORD EXPLORER ST、2020 FORD EXPLORER PLATINUM 遂にパフォーマンスグレードが登場!400hpを発揮するエクスプロ…
  7. 2018 ジープラングラーサハラ、アメマガガール JLズラリのWHAだから 安心して初アメ車に挑戦できた
  8. LAXチェロキー、ラグジ 映えるLAXチェロキーには、個性的なアウトドアギアが似合う

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP
×