クーペ

チャレンジャー 1320DRAG PACK。本格派ドラッグマシンで公道を操る喜びを堪能!

2019 ダッジ チャレンジャー R/T スキャットパック 1320ドラッグパック

2019 ダッジ チャレンジャー R/T スキャットパック 1320ドラッグパック

2019 DODGE CHALLENGER R/T SCAT PACK 1320DRAG PACK

AMEMAG RECOMMEND MODEL SHOW ROOM

デーモンにヘルキャットなど、スーパーチャージャーを搭載したハイパフォーマンスモデルの人気が高まる昨今ではあるが、それを上回る勢いで注目度が高まってきているモデルが紹介する1320DRAG PACK。その魅力に迫る!

1320フィート=0.25マイル。つまりゼロヨンがステージ!

ダウンサイジングやハイブリッドが持てはやされる昨今だが、その真逆をいくモデルが人気を集めている。なかでもチャレンジャーチャージャーなどのモパー系はその傾向にあり、V6からのステップアップで乗り換えるモパーフリークたちを日本国内でも数多く見受ける。維持費や燃費とケチ臭いことを言わずに、V8を余すことなく堪能しようぜ! といった風潮は実に清々しい。その傾向に拍車をかけているのがデーモンやヘルキャットであり、さらには2019年よりR/Tスキャットパックのオプションに加わった「1320ドラッグパック」である。

2019 ダッジ チャレンジャー R/T スキャットパック 1320ドラッグパック

2019 ダッジ チャレンジャー R/T スキャットパック 1320ドラッグパック

2019 ダッジ チャレンジャー R/T スキャットパック 1320ドラッグパック

先に述べた二台との大きな差はスーパーチャージャーの有無であり、最高出力こそ劣るものの、ゼロヨンを走らせるうえでの体感的パフォーマンスはダイレクトで実に味わい深いモノがある。これはスーパービーからアングリービーへと装いを新たに1320と表記した専用バッジを見ても分かるとおり、0.25マイル(約400m)をステージに様々なセッティングが施されたドラッグマシンの証。パワートレインはR/Tスキャットパックと同じ6.4ℓHEMIに専用のトランスブレーキを備えた8速ATの設定ではあるが、非対称のリミテッドスリップディファレンシャルや41スプラインリアアクスルハーフシャフト、スタート時にリアの重量比率を最適化するドラッグモード対応のアダプティブダンピングサスペンションをインストールするなど、ゼロヨンに特化した仕立ては一目瞭然。

運転席のみを装備し、助手席&後部座席は+1ドルのオプション設定というアメリカンジョークの様な実話もあり、ドラッグレースの肝となるボトムスに鍛造アルミホイール+ドラッグレース専用のネクセンタイヤを装着するなど、公道走行可能なドラッグマシン風ではなく、正真正銘のホンモノ!それでいて落ち着いたF8グリーンのボディカラーも好印象である。

この個体はBUBU阪神で在庫してからわずか数カ月で既に売約済みとなったが、問い合わせやオーダーが入ればBCDの直輸入システムを駆使して、本国で良い個体を見つけて仕入れてくれるそうなので、お探しの方はぜひ相談してみると良いだろう。

2019 ダッジ チャレンジャー R/T スキャットパック 1320ドラッグパック

2019 ダッジ チャレンジャー R/T スキャットパック 1320ドラッグパック

ドラッグマシンとして何ら遜色のない仕立てながら、ダークグリーン系の渋いボディカラーのギャップも実に好印象。ボンネットフードはヘルキャットと同じものが採用されており、エアキャッチャーヘッドライトが装備される。特別な仕様だからこそ定番カラーではなく、味わい深いボディカラーで乗りこなすという点も粋であり、本気で走ればゼロヨンもこなせるドラッグマシンを、街中でゆったり流してみるのも悪くない。

専用の20インチ鍛造ローグロスブラックドラッグホイールに、特別に開発されたドラッグレース専用のストリート・リーガル・ラジアルタイヤNexen SUR4G Drag Specを標準装備。タイヤサイズは純正で275/40R20と相応しい太さがインストールされており、強力なグリップ性能を確保。Bremboブレーキシステムもちろん標準装備となり、ドラッグマシンの肝となるボトムスに仕立てられている。

2019 ダッジ チャレンジャー R/T スキャットパック 1320ドラッグパック

2019 ダッジ チャレンジャー R/T スキャットパック 1320ドラッグパック

2019 ダッジ チャレンジャー R/T スキャットパック 1320ドラッグパック

1320ドラッグパックはドラッグ向けのモデルなので、運転席以外はすべてオプション。とはいっても助手席と後部座席はそれぞれ1ドルで追加できるオプションとなるアメリカンジョーク(笑)。しかし、シートを運転席のみにすることで約52kgの軽量化となり、ある意味“ 理にかなった”リリースと言える。エンジン始動と同時に現れるスピードメーターのAngry Beeに心がおどる!

最高出力485hp、最大トルク475lbftを発揮する6.4ℓHEMI V8エンジンを搭載しており、時速100km/h到達までわずか3.8秒、ゼロヨンを11秒台で走らせるパフォーマンスも特筆物。SRT392やR/Tスキャットパックと同じエンジンではあるが、ドラッグレース用に様々なセッティングが施されており、走らせる感覚はまさに別次元。直線のダイレクトな加速感を楽しむ感覚は、ヘルキャットやデーモンとは異なる世界観である。

Thanks:BUBU 阪神
TEL:06-6427-5151
HP:http://www.bubu.co.jp


関連記事

  1. 1978 Dodge D100 Warlock ダッジD100ワーロックは知る人ぞ知るニッチな存在
  2. 1932 Ford 3 Window Coupe デュースを乗り継いできた男が辿りつた3ウインドー・クーペ
  3. '19 FORD MUSTANG BULLITT 映画50周年を記念して誕生した、いま手に入る伝説のマスタング“ブ…
  4. 2015y DODGE CHALLENGER SRT HELLCAT、2015y ダッジチャレンジャー SRT HELLCAT メイドインジャパンのカスタムが賞賛された15年型チャレンジャーヘ…
  5. 2012 DODGE CHALLENGER SRT8 392、2012 ダッジチャレンジャー SRT8 392 打倒ヘルキャットを掲げ、スーパーチャージャー搭載で勝負!
  6. FORD MUSTANG 青いリバティーウォークフルコンプリートのマスタングを見て一目惚れ…
  7. 1968 プリマス バラクーダ 360ストローカーの408ci搭載のストリートフレンドリーなバラ…
  8. DODGE Challenger × LUXZ チャレンジャーを手がけ続けるLUXZの創り上げる作品、その足元に…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP
×