OTHER

ベース車両はトヨタが放つ生粋のオフローダー【タンドラ TRD PRO】

YAKIMA、タンドラ、オーバーランドテント

YAKIMA、タンドラ、オーバーランドテント

OVERLAND STYLE with TUNDRA

やっぱい乗るなら4WD・SUVでしょ!? Enjoi 4wd&SUV LIFE

オーバーランドスタイルでアドベンチャートリップ !!

もっとワイルドにキャンプを楽しみたいって人に打って付けのスタイルが「オーバーランド」。テントを載せた架装スタイルが全世界的に注目を集めているなか、USトヨタ、とくにタンドラを中心に車両販売からメンテナンス、ドレスアップなど、さまざまな側面からユーザーをバックアップしている「コロンブス」タンドラの中でもオフロードに特化したしたTRD Proをベースにオーバーランドスタイルをメイク!

SUV&トラックのカスタムで今もっとも注目を集めているのがオーバーランドスタイル。北米のマーケットでもこのスタイルが急速に浸透しており、2019年のセマショーではこのスタイルを取り入れたデモカーが数多く展示されていただけでなく、オーバーランドエクスペリエンスと銘打って特別展を開催していたほどだから、その人気の高さが計り知れるというもの。

トヨタタンドラ、コロンブス

コロンブス代表の秋葉氏もセマショーを訪れ、会場を見て回った際に、SUV&トラックにアウトドアギアをふんだんに取り入れたデモカーが数多く展示されていた光景を目にして、アウトドアがブームであることを実感したということで、同ショップがもっとも得意とするタンドラをベースに製作してみようと思い立ったそうだ。

用いたベース車両は、タンドラの中でもオフロードに特化したモデルである「TRD Pro」。ボディカラーはTRD Proのイメージカラーでもあるインフェルノ。もちろんサスペンションにはオフロードでの高い走破性を生み出すTRD×ビルシュタイン製リザーバー付きショックが前後に装着されているだけでなく、2インチアップのチューニングコイルもインストールされており、アクティブなイメージを高めるには最適なモデルを選抜している。

今回注目すべきポイントはベッドの架装で、ラックはYAKIMAをセレクトし、その上に載せたルーフトップテントもYAKIMA製。しかもこのテントはPOLERとコラボレーションしたモデルで、カモ柄を採用した特別バージョン。さらにラックの両サイドにはMAXTRAX製のリカバリーボード&ROTOPAX製のガソリンコンテナを装備するとともに、ハイリフトジャッキまでをも装備してアドベンチャー感も満載。

このまま今すぐにでも冒険の旅へ繰り出せる、最新のキャンプスタイルへとメイクされたタンドラに熱い視線が注がれること間違いなし。

DSC_6188

DSC_6185

ホイールはTRD PRO専用スプリットタイプの5本スポークブラックホイールを装着し、サスペンションにはTRD PRO専用のサブタンク付きビルシュタインショックがインストールされて、オフローダーとして逞しい足回りが形成されている。

TRD Proに搭載されるエンジンはiFORCE 5.7ℓ V8

TRD製デュアルエキゾーストシステム

TRD Proに搭載されるエンジンはiFORCE 5.7ℓ V8。最高出力は381hp、最大トルクは55.4kg-mを発揮する。マフラーにもTRD製デュアルエキゾーストシステムを装備。図太いサウンドが高揚感を煽る。

アメリカのキャリアメーカー「YAKIMA」とアウトドアブランドの「POLER」がコラボレーションしたルーフトップテント「スカイライズ」

DSC_6266

DSC_6274

DSC_6282

DSC_6276ラックに載せたテントは、アメリカのキャリアメーカー「YAKIMA」とアウトドアブランドの「POLER」がコラボレーションしたルーフトップテント「スカイライズ」。生地には軽量かつ通気性に優れた210D のナイロンが使用されており、柄はオリジナルの迷彩柄のフューリーカモでデザイン性もバツグン。
★サイズ:収納時(全幅142×全長244×高さ122cm)/ 展開時(全幅142×全長122×高さ42cm)
★重量:52kg
★耐荷重:272kg
★就寝人数:3人
★¥298,000(税別)

DSC_6215

DSC_6205

DSC_6216

ベッドに設置したラックもテント同様にYAKIMAをセレクトし、そのサイドにはリカバリーボード&ガソリンコンテナを設置。さらにはハイリフトジャッキをも装備することで、道なき道を走破するための準備も万全。

トヨタタンドラ TRD Proらしさをさらに高める演出を実施

オフローダー戦線に再び戻ってきたタンドラTRD Pro

逆輸入車の知名度を押し上げたタンドラの初代とは

ピックアップトラックにも波及 ハイテクデバイスを標準装備 トヨタタンドラ【コロンブス】

タンドラの前身としてフルサイズ市場へと挑戦したのがT100

COLUMBUS【コロンブス】
TEL:042-332-0035
URL:http://www.columbus-japan.com

 

Photo &Text:編集部
アメ車マガジン 2020年 4月号掲載


関連記事

  1. 11 オフロード性能を強化し、フェイスも特別仕様となるシボレーシルバラ…
  2. トヨタタンドラ、TOYOTA TUNDRA、Honey D、ハニーD ハニーDがタンドラカスタムシーンの可能性をより一層深める
  3. DSC_3881 白いボディの各部にゴールドの差し色を施したダッジラム。
  4. 2019 ジープラングラー サハラ 、2020 ジープグラディエーター オーバーランド アンリミテッドをベースとしたピックアップトラック「グラディエータ…
  5. 現場資材や工具はカーゴトレーラーをけん引するスタイル
  6. 1966 CHEVROLET C10、1966シボレーC10 スクエアなボディシルエットが魅力の初代C10のショートボックス
  7. DSC_8628 世代によって個性が異なる、シボレーのピックアップ
  8. ラム1500 ララミー ロングホーンエディション、RAM 1500 LARAMIE LONGHORN EDITION 旬のトレンドアイテムにて現行型ラムをアップデート

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP
×