SUV

50mmワイドフェンダーにジャストフィットするホイール【SKY off-road ホイール】

JEEP WRANGLER RUBICON / JEEP WRANGLER SPORT

JEEP WRANGLER RUBICON / JEEP WRANGLER SPORT

JEEP WRANGLER RUBICON / JEEP WRANGLER SPORT

アメ車で傾け -kabuke-

個々のユーザーの好みに合わせ、様々なスタイルにアレンジ可能!

近頃のアウトドアブームに復活に後押しされる形で、JLラングラーの勢いは益々ヒートアップ中。USパーツも確かに魅力的だが、ライオンハートでは日本の法規を遵守したオリジナルパーツのリリースを開始した。

車検対応のオリジナルパーツ!

世界中のオフロード系4WDがどんどん乗用車化される中で、ジープの本質を見失わず、それを更に突き進めたと言えるJLラングラー。ジープらしさを色濃く残しているが、内装などの快適性や装備関係は非常に充実しており、世界中でヒットするのも至極当然と言えるだろう。

日本国内を見てみると、JKラングラーよりも火がつくのが早く感じられる。そんな背景をしっかり感じ取り、ライオンハートでは車両の販売だけでなく、カスタマイズにもしっかりと対応中。USパーツの輸入はもちろんだが、日本の車検制度に対応した、オリジナルパーツを続々と開発中だ。その第一弾となる、アズールモータリングと共同開発したアルミホイールを装着する北米モデルのSPORT、そしてUS純正部品などを使用してモディファイした、国内仕様のルビコンを紹介しよう。

左右どちらの仕様にもしっかりと対応可能!

ライオンハートは、左ハンドルのUSモデルはもちろん、右ハンドルの正規ディーラー車も取り揃える。まずはSPORT、搭載エンジンは2.0ℓターボで、駆動方式は日本に設定されないパートタイム4WD。ラフカントリーのサスペンションキットで2.5インチリフトアップを行ない、35インチのMTタイヤを装着。前後バンパーはXRCをチョイスし、サイドシルガードはスミッティビルドを装着。フェアリーデザインの50mmワイドフェンダーとツライチに設定した、同ショップとアズールモータリングが共同開発のSKY・オフロード17インチホイールを履き、フェンダー内側のクリアランスを拡大する事で、より大きなタイヤを装着してもインナーに干渉することはない。

SKY off-road ホイール17×8.5j

アズールモータリング&ライオンハート共同開発!SKY off-road ホイール17×8.5j 登場!

対するは、国内仕様ルビコンをベースにしたモデル。衝撃的な発言が許されるなら、国内仕様のルビコンは、US仕様と比較するとデチューンされているのか?と思うような変更が数多くなされている。それをさり気なく、でもワイルドにアレンジするためにフロントバンパーは強靭なスチール製のUSバンパーに交換。国内仕様はリヤナンバーが中央にセットされるが、これもUSナンバーに変更しオフロードでヒットしない位置にナンバーを移動。僅かな変更だが、これだけでオフロードでの安心感は格段に上がる。もちろん、右ハンドルのメリットは多く、運転に不慣れな人も安心して走らせられる。ライオンハートなら、US/国内のいずれの仕様も、問題なく対応可能だ。

JEEP WRANGLER SPORT
オフロードスタイルを楽しみたい方におススメ!

JEEP WRANGLER SPORT

JEEP WRANGLER SPORT

フェアリーデザインの片側50mmワイドのオーバーフェンダーに変更。アズールモータリングと共同で販売するSKY off-roadホイールは、このフェンダーを装着した際にツライチとなるサイズで設定(17×8.5J)。言うなればセットでの装着を強くオススメしたい。タイヤはジオランダーM/T G003(35×12.5R17)に変更し、荒々しい雰囲気を演出してくれる。

_N6I4668

ノーマルフェンダーよりも50mm広いが、車検にキチンと適合するのもポイント。取り付け位置の変更はないが、フェンダー内側のクリアランスを拡大するする事で、より大きなタイヤが装着可能となる。

前後バンパーに加え、サイドシルガードも金属タイプに変更。JEEPらしさを強調できるのはもちろんだが、実際少々オフロードで引っ掛けてもダメージを車体に残さない。サスペンションはラフカントリーのキットを使用して2.5インチリフトアップを実施。フェンダーの内側には保護パネルを追加し、エンジンルームを泥などからガードしてくれる。

JEEP WRANGLER RUBICON
乗りやすさを重視しさり気ないカスタムも実施

JEEP WRANGLER RUBICON

JEEP WRANGLER RUBICON

サハラやSPORTと異なり、オフロードでのポテンシャルを重視したのがルビコンで、ファイナルギアやトランスファーのギア比が専用となる。また運転席からスイッチ1つでスタビライザーの解除も可能。リヤバンパーを変更し、ナンバーを国内標準の中央から左に移設しているのでスッキリして見える。

サスペンションはルビコン専用のリフトアップ仕様で、他のアンリミテッドモデルより1インチほど車高がアップ。ルビコンのイメージカラーと合わせるため、ショックのシェルケースは赤を採用し、特別感を演出する。ノーマルでBFグッドリッチKM2(255/75R17)を装着。ヘビーデューティなバンパーなら、オフロード走行も安心できると言えよう。

_N6I4862


本格的な走破性に快適性を備えた、アンリミテッドをよりワイルドに

パッケージを基準に提案する ライオンハート流のJKラングラーカスタム

ライオンハート流スタンダード、ここから始めるJKラングラーカスタム

キャンプでトコトン遊びつくす最強のファミリーカー!2005y ハマーH2

話題のワークスモデルを“ 百式” 強化武装!2009y ダッジ チャレンジャーR/T


Special Thanks:LIONHEART
TEL:0586-67-1711
URL:http://www.lionheart2005.com


Photo:浅井岳男
Text:空野稜
アメ車マガジン 2020年 6月号掲載


関連記事

  1. マスタングエコブーストプレミアム、レネゲードリミテッド マスタング愛が強すぎてどんな理由でも手放せない!
  2. 2019 CHEVROLET BLAZER RS、2019 シボレーブレイザーRS カマロ譲りのディテールで、スポーティ感が際立つブレイザー
  3. エクスカージョン デューリー エクスカージョン・デューリー 強烈な個性を放つ唯一無二の存在
  4. 2008 HUMMER H2 ブランド自体が消滅して8年だが 今も熱烈なファンに支えられている…
  5. DSC_2164_opt 二桁万円から狙える本格派アメリカンSUVを1ナンバー登録でお得に…
  6. _HMP4773 26インチをインストールした、程度良好の貴重なハマーH2【ハンズ…
  7. 2003 HUMMER H2 【ハマーH2】往年の定番カスタムメニューに最新アイテムでアップデ…
  8. 2019 キャデラックエスカレード、2019 CADILLAC ESCALADE アメリカンラグジュアリーの象徴 2019 CADILLAC ES…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP
×