SUV

色んなクルマに乗るけどアストロだけは常に一緒

2001 CHEVROLET ASTRO & 2011 CADILLAC ESCALADE EXT

2001 CHEVROLET ASTRO & 2011 CADILLAC ESCALADE EXT

2001 CHEVROLET ASTRO & 2011 CADILLAC ESCALADE EXT OWNER: 池内さん

アメ車で傾け -kabuke-

クルマもジェットスキーもカスタム熱が止まらない!

これまで数多くのクルマを所有してきたオーナーの池内さん。だが唯一変わらないのが、常にアストロだけは所有していること。そして、カスタム熱が一向に止まらないことだ。遊びの相棒であるジェットスキーもカスタムしてしまった!

ピットインアクツの存在がアメ車ライフを後押し

鈑金・塗装の職人として、大のアストロ好きとしても知られる埼玉県のピットインアクツ。同ショップ阿久津社長から「ずっとアストロを所有して、もう一台もアメ車、ジェットスキーもカスタムしているオーナーがいる」と、猛烈なアピール情報をもらった。昔と比べると、アストロを所有するオーナーが減るなかで、1995年に新車のアストロ・スタークラフトを購入し、それから幾つかのアストロを乗り換えながらも乗り続けるオーナーの池内さんは、阿久津社長にとって特別な存在なのだろう。池内さんも「アストロを愛するピットインアクツの存在が、アストロを乗り続ける支えになった」と感謝を述べる。現在は01年型アストロに加え、02年型エスカレード・EXTを所有し、趣味であるジェットスキーもカスタムまでする熱中ぶりだ。

278

270

それぞれの愛車にジェットスキーを牽引して登場してくれた池内さん。2台のジェットは、友人たちを乗せて遊ぶタイプと、競技レベルまでチューニングしたモデルがある。

アストロ以外は結構乗り換えてます

これまで様々なタイプのクルマを所有し、常に複数台を手元に置くのが池内さんのカーライフ。だが複数台といっても、必ず一台はアストロで、乗り換えを繰り返しながらアストロだけは所有。「仕事や遊びでも、荷物を積めるアストロは外せない。好きな理由?もう長く乗り過ぎて特にないですね(笑)」と、一緒に居るのが当たり前の存在。いつも新車状態で居たいからと、メンテナンスは常に行なっているのもこだわりだ。カスタムは、色々なスタイルを取り入れてきたが、現在はジェットスキーをするためにオフロードスタイル。リフトアップを施し、15インチホイールにビートロックリング(マットグリーンペイント)を取り付け、M/Tタイヤを装着。他にCKバンパー加工取り付け、LEDライト付きラック、日産ローレルのサイドマーカーを設置。

2011 CADILLAC ESCALADE EXT

欲しいと思ったら買い換える、もう一台の車両枠は、牽引のためにピックアップトラックが欲しくなり、11年型エスカレード・EXTを購入。ローダウンを施し、ジオバンナ26インチホイール、グレーのセンターライン入り艶ありトノカバー、ワンオフ制作した91年型キャデラック・ブロアム風テールレンズを装着する。

しかしアストロやエスカレードのカスタムだけでは物足りなくなり、ジェットスキーもオールペンや、ローダーのホイール交換までされている。「アクツさんのおかげで、カスタムが止まりませんね(笑)」。池内さんの楽しいカーライフには、ピットインアクツが欠かせないのだ。

アストロ歴25年、僕のカーライフには欠かせない相棒

2001 CHEVROLET ASTRO

2001 CHEVROLET ASTRO

2001 CHEVROLET ASTRO

214

リフトアップ、CKバンパー加工取り付け、フェンダーアーチマットブラック、LEDバーライト、ラック&ラダーマットグリーン、15インチホイール、ビートロックリングマットグリーン、M/Tタイヤ(235/75/15)、日産ローレル用サイドマーカー、縞板オリジナルサイドステップなどがカスタムメニューだ。仕事で商品を運ぶため、清潔感があるホワイトのフローリングを敷き詰める。荷崩れでガラスが割れないように、窓はステンレスパイプで補強されている。友人でも乗れるタイプとして所有するカワサキ・STX15F。ヤマハのブルーが好きということで、ピットインアクツでオールペン。こちらのトレーラーもホイール変更。

2011 CADILLAC ESCALADE EXT

2011 CADILLAC ESCALADE EXT

興味があるクルマをその都度買い換える現在のファーストカーは、2011年型エスカレード・EXT。ローダウン、ジオバンナの26インチホイール、キャデラック・ブロアム風ワンオフテールレンズ、グレーのセンターライン入り艶ありトノカバーに変更されている。RIVIレーシングコンプリート仕様で、最速135km/hを出すことができるヤマハ・GP1800。トレーラーのホイールも変更し、タイヤは345/35/15と極太サイズ。


一度諦めたアストロライフ、満を持してカスタムに没頭する

旦那様からサプライズ、誕生日プレゼントでリンカーンナビゲーターゲット!

アメ車らしさを現代に甦らせるオリジナルボディペイント GMCサバーバン

人気上昇中の旧マスク・アストロを レトロポップに乗りこなす!

絶対に浮気なんてしませんよ! 嫌いになる理由がないですから!20年間アストロに乗り続けています!


Special Thanks:PIT IN AKUTSU
TEL:048-421-1787
URL:http://www.pitin-akutsu.com


Photo:古閑章郎
Text:相馬一丈
アメ車マガジン 2020年 6月号掲載


関連記事

  1. 2008 CHEVROLET AVALANCHE ドリフターが選んだアメ車はフルサイズSUT「シボレーアバランチ」…
  2. JEEP JLWRANGLER Wide Body Edition by WHA Corporation JLカスタムでスタンダードの兆し、ワイドボディエディション
  3. 2008y FORD MUSTANG CONVERTIBLE、2008年 フォードマスタングコンバーチブル アゲインで現在取り扱うマスタング&カマロは、どちらも1世代前のモ…
  4. 1972y CHEVROLET NOVA、1972y シボレー・ノバ シボレーノバの購入の一番の決め手は自分と同じ年の1972年型
  5. _N6I2805 スタイリッシュに 「SUV」を乗りこなせ【グッドスピードインター…
  6. _N6I3591 【JLラングラー】グレード間の違いを検証 先進・洗練・余裕か?標…
  7. ジープグランドチェロキー、JEEP GRAND CHEROKEE SENS CUSTOM BRAND『BCD』 プレミアムSUV用エアロブランド「BCD」は、派手すぎず、シンプ…
  8. シボレー210 古くても気楽に乗りたい、だからラットの方が好き!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP
×