SUV

JLラングラーの走行性能を損なわない総合的なスタイルアップ【エルフォード】

JEEP JL WRANGLER UNLIMITED

JEEP JL WRANGLER UNLIMITED

JEEP JL WRANGLER UNLIMITED
ELFORD-OFFROAD

AWESOME JEEP 4WDの原点として存在し頂点としての実力を融合する「ジープ」

スタイルはアグレッシブにハイセンスに車重は軽く

ワイルドでアグレッシブなスタイルは好きだが、ハードなオフロード走行はしない…。TJ以前のジープ乗りには信じられないかも知れないが、JK&JLオーナーのほとんどがそうだろう。そんなイマドキのアーバンオフローダーをターゲットにしたオリジナルパーツが、エルフォードから続々発売中だ。

走行性能を損なわない総合的なスタイルアップ

エアロパーツやボディパーツといった、ハイクオリティなFRP製品をリリースし続ける「エルフォード」。これまでは国産4WDをメインターゲットにしていたが、JLラングラーの登場に合わせてオリジナルパーツのリリースを遂に開始した。

JEEP JL WRANGLER UNLIMITED

これまでにエルフォードでは、25mmワイドフェンダーや車検適合マフラーを発売。いずれも好調な売れ行きとなっており、それに続くアイテムとしてリアスムージングパネル、サイドステップ、さらにルーフマーカーといったパーツが続々と登場。サイドステップは極太のチューブを採用し、JLの逞しい雰囲気を更に強調。もちろんスタイルだけでなく、後席へのアクセスを考慮しており、ステップの後方を下げることでファミリーユーザーの使い勝手も重視している。またルーフマーカーは、アメリカンな雰囲気を強調しつつスリムなデザインを採用。JEEPのカスタムによく見られるLEDライトバーを追加しても、干渉しないようになっている。

他にもデモカーにはエクストリームフロントバンパーやエアロボンネットの試作品を装着しているが、これらはよりスタイリッシュにアレンジされる予定。

ジャパンクオリティと、日本の保安基準に準拠した形状。更にはユーザーに配慮した機能と、まさに三拍子揃った内容。日本でカスタムJEEPを乗るにはマストアイテムだと言えるだろう。

_N6I4355

スチールバンパーのワイルドさを演出するが、実は素材はFRPで軽さも重視。デモカーにはルビコン純正フックを装着。

_N6I4463

ハマーを彷彿とさせる、コンパクトなルーフマーカーをAピラー上にセット。スリムなデザインだが、存在感は抜群。ライトバーやルーフラックと干渉しないサイズもGOOD。

_N6I4362

太いパイプを採用し、ワイルドさを高めてくれるチューブステップ。リフトアップ車には欠かせないアイテムで、リアドア部分を低くすることで女性や子供の乗降性を向上。横方向へのスライド機構を備えており、前後別々に調整できるので、ボディに並行にしたり前側だけ狭めたり、任意の位置にセット可能だ。

_N6I4522

デモカーのリヤバンパーは、US仕様に変更。国内仕様で標準装備されるリヤフォグが使えなくなるので、バンパー中央に配線を追加。

_N6I4624

スタイリングだけでなく、軽さも考慮したFRP製のボンネットも発売予定。日本仕様とは異なり、US仕様のボンネット形状に準拠。非常に荒々しい雰囲気を醸し出す。

_N6I4396

35インチタイヤに変更し、エルフォードのブラッドストック1ピース(8J×17 +35)を組み合わせる。タイヤサイズが豊富な17インチはこの1ピースのみ設定しており、JEEP用のカラーはマットブラックのみとなる。

オリジナルのコイルスプリングを装着し、前後とも30mmのリフトアップを実施。車高をアップする事で、ノーマルよりも2サイズ大きなタイヤサイズをチョイスすることが可能。デモカーは35インチのKM3をセットする。

_N6I4429

純正フェンダーに追加する25mmワイドなオーバーフェンダーを追加。ロービームの移設が不要なギリギリのサイズがポイント。

_N6I4527

背面タイヤをレスにし、FRP製のスムージングパネルを装着。純正のハイマウントブレーキランプがなくなるので、リヤウインドウに新たにブレーキランプを設置。保安基準を満たすのはもちろんのことだが、JEEPの使い方を考え防水、防塵性にも配慮している。

_N6I4513

スクエアな形状がさり気なく存在感を演出するタイプX マフラー。保安基準に適合しており、日本仕様/US純正バンパーのどちらにも対応する。

_N6I4642

シフトレバー&トランスファレバーは、エルフォードのガングリップタイプに変更。クロームの加飾がインパネとマッチする。

_N6I4648

キズや汚れ、更にはファッション性も考慮して、レザー製のスマートキーケースも発売中。グリルをイメージしたエンボスや、カモフラ柄がJEEPの世界観と見事にマッチする。


PARTS LIST

エクストリームフロントバンパー
オーバーフェンダー(25mm)
チューブステップ
リアスムージングパネル
ビレットシフターセット
30mmアップコイル
ルーフマーカーランプ
マフラー タイプX
スマートキーケース
BFグッドリッチ KM3(35×12. 5R17)
ブラッドストック1ピース(8.0J×17、+35)


軽量化を伴ったカスタムを 施すエルフォード・JLラングラー

迫力系のカスタムJeepに乗る。21歳のスノーボード好き女子!

JLラングラーをより一層スタイリッシュに!

JeepスペシャリストによるJLラングラーのカタチ


Special Thanks:ELFORD
TEL:048-966-3551
URL:http://www.meiwa-net.com


Photo:浅井岳男
Text:空野 稜
アメ車マガジン 2020年 7月号掲載


関連記事

  1. 2005 HUMMER H2 LUXURY-PKG オフ仕様の人気が上昇もハマーH2の王道はラグジュアリーだ!
  2. 1992 GMC TYPHOON 【GMC タイフーン】モンスターSUVの異名を誇る、90年代を代…
  3. 1990 Jeep Grand Wagoneer 長い付き合いになると覚悟の上で相棒として迎え入れたワゴニア!
  4. 2005y HUMMER H2 Type G 豪快に扱われてきたハマーH2は繊細なチェックが必要
  5. 1995y CHEVROLET SUBURBAN、シボレーサバーバン amZ2018で最優秀賞を獲得 シャイアンフェイスが熱い!
  6. 1988 & 1991 CHEVROLET K5 BLAZER、1988 & 1991 シボレーK5ブレイザー ビンテージに近づくK5ブレイザーも、ラピードなら安心して乗れる!…
  7. IMG_8113 足グルマが立派なカスタムカーに変貌【1981 Chevy K5 …
  8. ジープラングラーアンリミテッド、オーバーランダーテント、Jeep Wrangler Unlimited with Smittybilt Overlander Tent ラングラーアンリミテッドで最旬キャンプスタイルの「オーバーランダ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP
×