ピックアップトラック

ジャストサイズなレンジャーをより魅力的にカスタマイズ!

2019 FORD RANGER XLT SuperCrew 4x4

2019 FORD RANGER XLT SuperCrew 4x4

2019 FORD RANGER XLT SuperCrew 4×4

LIFTED TRUCKS -ハイトで魅せるアメリカントラックス!

Fシリーズよりもややコンパクト。でも日本で乗るにはまさにジャストサイズと言えるのがレンジャー。ピックアップトラックとは思えないほど充実した装備で、俊敏な走りは2.3ℓからは想像できないほどパワフル。そんなレンジャーをウイングオートがさらに魅力的にアレンジ。

あのウイングオートが再び4WDのカスタムに着手!

アメ車好きならいつかはフルサイズピックアップ…と思うだろうが、いざ現実を直視すると日本で乗るには取り回しが良いとは言い難い。フルサイズのFシリーズよりもひと回りコンパクトなモデルが、このレンジャーだ。とは言ってもそれなりのサイズで、国産車だとライバルはハイラックスだ。

ウイングオートと言えば、どちらかと言うとシボレー系に強いお店なのでは? と思うかもしれないが、実はフォードのグローバルサブディーラーでもある。車両のメンテナンスはもちろんだが、ただ整備や車検だけをサポートするのではなく、多くのユーザーに正規輸入されていない魅力的なフォード車を提案するのもその責務の1つ。このレンジャーを自社輸入したのもその一環と言えるもので、多くのユーザーにフォードの魅力を知ってもらうためのものだ。

また、最近のウイングオートのイメージは、どちらかと言うとマッスルカー色が強いように思える。だが、実はウイングオートが現在の地位を確立したのはハマー・H2を積極的に展開したことで、元々は4WDに強いショップでもある。兼ねてから4WDを扱ってきた自負もあり、改めてウイングオートを再ブランディング化するための第一弾として、レンジャーの取り扱いを開始した訳だ。

2019 FORD RANGER XLT SuperCrew 4x4

そんなレンジャーだが、ノーマルでは物足りない人もいるだろう。そこでウイングオートでは、以前からマッスルカー用のエアロパーツで取り扱い実績のあるRKスポーツのオーバーフェンダーを装着。チョイアゲカスタムにオフロードタイヤをセットし、実用車のイメージ完全に払拭。オーバーフェンダーはボディ同色にペイントし、トノカバーも追加。ストリートからアウトドアまで、オールマイティに使いこなせる仕様を目指したのがこのデモカーだ。ウイングオート中野氏も「自分が乗りたい仕様を目指しました」と言うだけあって、非常にバランスの良いカスタムと言える。さらにこのレンジャーは日本で最初にナンバーを取得し車両で、もちろん試乗も可能。

フロントバンパーの中央部には、ラフカントリーの20インチLEDバーをセット。2019 ~2020のレンジジャーにビルドイン可能なバンパーキットを使用。また、その上には同じくラフカントリーのスリムな6インチLED ライトバーも埋め込む。サイドステップはN-Fab のNerfStep をチョイス。トノカバーはシャッター式のRoll-N-Lock社製のハードタイプを装着。カギも掛かるので、防犯性も高く大切な荷物を入れていても安心だ。

リフトアップしたことで、タイヤはミッキートンプソン・BAJA ATZ P3(285/70R17)に変更。ホイールはFUEL のBEAST(9.0J×17)を組み合わせる。リム部分の巨大なボルト風デザインに加え、異なる2色のマットブラックを組み合わせたカラーリングが特徴的だ。オーバーフェンダーはRK SPORTで、片側2インチワイド。立体的な造形で豊かな表情を見せる。

サスペンションは、レディリフトの製品を使用。前後共ブロックを使用する手法で、フロントは3インチ、リアは1インチリフトアップを実施。ノーマルでは尻上がりなスタイリングだが、前後のリフトアップ量を変えることで、横から見て水平なスタイルに変更している。ノーマルのショックとスプリングを使用するので、乗り味がノーマルと比較して大きく変わらないのも、魅力的なポイントだと言える。

_N6I5570

エンジンは2.3ℓのエコブーストガソリンエンジン。この巨体を2.3ℓで? と思うかもしれないが、10ATとの組み合わせは素晴らしく、何の不満もなく加速する。フォードだけでなく、GMやクライスラーも小排気量のターボ車を投入するが、その火付け役がEcoBoostだ。

インパネはピックアップと思えないほど上質な造り。革巻きステアリングやレザーシートを装備し、アップルCarPlayにも対応。4WDへの切り替えはダイヤル式で、ATは何と10速!トーイングシステムも装備されており、本格的なトレーラーの牽引も可能だ。


ミッドサイズピックアップトラックのフォードレンジャーをウイングオート流にメイク

アメ車のメンテナンスお任せください【WINGAUTO FACTORY】

メンテナンスはまさに百利あって一害なし!

マスタングオーナーたちをウイングオートがサポート


Thanks:WINGAUTO
TEL:052-409-5434
HP:http://www.wingauto.co.jp


PHOTO:浅井岳男
TEXT:空野稜
アメ車マガジン 2020年 7月号掲載


関連記事

  1. 679 GMC C-20は、フルサイズトラックのルーツともいえるピックア…
  2. 2018y RAM 1500 LARAMIE 4WD 根強い人気を誇るラムヘッド。やはりラムはこの顔だ。
  3. Ford Mustang Mach-E マスタングに“SUV”が加わる! フルEVのMach-E
  4. DSC_1993 トリプルモンスタータンドラ、アゲの勢いが止まらない!
  5. 2008 FORD F150 【フォードF150】圧倒的な人気を誇るラプタースタイル、マスクだ…
  6. 2006 フォード F-350 XLT スーパーデューティ ベッドにバイクを積載、さらにジェットまで牽引する圧巻のF‐350…
  7. 1979 CHEVROLET C10 / 1956 HARLEY DAVIDSON FLH 無類の乗り物好きが自然体に楽しむ、アメ車&バイクのフレンドリース…
  8. 2020 シボレー シルバラード 3.0L ディーゼルターボ 3.0ℓディーゼルターボエンジン搭載の魅力的過ぎる2020年型シ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP
×