クーペ

青年実業家としての慌ただしい日々を69年型カマロが解放してくれる

1968 CHEVROLET CAMARO SS

1968 CHEVROLET CAMARO SS

1968 CHEVROLET CAMARO SS Owner:足立明夫

過激に挑め!! MUSCLE WARS

青年実業家としての慌ただしい日々をコイツが解放してくれる

大阪の梅田で飲食店10店舗を筆頭に、軽貨物運送業や障害者作業所など様々な事業を展開する青年実業家の足立氏。分刻みどころか秒刻みで様々な事業に頭をフル回転させる日々。68年型カマロはそんな忙しい日々を一瞬で掻き消し、心身共にリフレッシュさせてくれるエナジードリンクみたいな存在。

プライベートはもちろん、通勤からビジネスまでフル稼働

マッスルカーは趣味のクルマとして、普段乗り用に燃費の良いハイブリッド車やコンパクトカーを併用するといったことは珍しくないが、紹介する足立氏はサブカーを用意せずに、プライベートからビジネスまでコレ一台でこなす強者。キッカケは同級生のナオキモータービルドの宮田氏である。元々2013年型のカマロを愛用しており、それを足としてヘビーユースの日々だったが、雑誌やSNS、そして宮田氏の誘いを受けて参加したミーティングなどで出会うたくさんのアメ車乗りたちに感化されて、よりディープな世界への扉を開いてしまったそうだ。

1968 CHEVROLET CAMARO SS

そして67~69年型のカマロをオーダーし、現車を仕入れた時はまともにエンジンもかからない状態だったが、気心知れた宮田氏に「今まで通りヘビーローテーションで使うからよろしく!」とおまかせスタイル。普段乗りを考慮して宮田氏が用意したメニューは〝マイルド仕立て〟だ。足回りはホッチキスの前後サスペンションにスウェイバー、さらにフロントはcppチューブアームでセッティングし、350センターボルトのエンジンにハイカム、エーデルブロックの4バレルキャブレター、グリフィンラジエターとツイン電動ファンを追加。

ハイパフォーマンスポニーカーとしての魅力を堪能しつつも、都心部の渋滞から郊外、ハイウェイまで終始安心して乗れる様に製作。貴重な移動時間をご機嫌マシンで過ごすことでビジネスにもメリハリが生まれる。成功者はスーパーカーやキャデラックといったセオリーはもはや過去の話。運転手付きの高級ミニバンなんてナンセンス。移動時間で心身共に解放される至福の時間を作るからこそ、仕事にハリが出るのだ。

オレンジ×ホワイトのストライプは購入当時からで、塗り替えるか否かを考慮した結果、雨の日も乗るので劣化が酷くなり艶が褪せてきたら手を付けることに。むしろオールペイントするにはまだまだ早いと言えるレベルのグッドコンディションだ。RSグリルのヘッドライト開閉はモーター式に変更済。イマドキのLEDやHIDではなくハロゲンの自然光をストックしているところも実に好印象。

HOTCHIKISの前後サスペンションと、スウェイバーに換装してフロントcppチューブアームをセット。ボディの塗装面や内装の痛みよりも一番こだわる部分は速く快適に走れるか否かであり、パフォーマンスに対して足がそれ相応でないと本末転倒。ナオキモータービルドが様々な車両で培ってきたノウハウで“ 理にかなった” 足作りを可能にする。ホイールはFOOSE Wheels LEGEND18インチをセット。

RECARAステアリングにB&Mのシフターによるスパルタンなコックピット。メーターはダコタデジタルRTX-67Cメーターに換装され、MPHのデジタル表示が気分を高揚させてくれる。ヘッドレストレスに2点式シトベルトは60年代ならではの特権であり、V8エンジンの鼓動をダイレクトに感じながら加速していく感覚は、今の時代のマッスルカーでは味わえない独自の魅力と言える。

センターボルトの350エンジンにハイカム、エーデルブロック600cfm 4バレルキャブレター換装、グリフィンラジエーターにツイン電動ファン化で渋滞時でもオーバーヒートの心配なし。ミッションはTH350が搭載されており、ブレーキはウィルウッドを装着。走る、止まる、曲がるとすべてにおいて終始安心快適に乗れる仕様に。エアコンはヴィンテージエアーで炎天下でもクールに乗りこなせる。


エルカミーノの魅力は何よりもそのリアフォルム。

4ドアのコロネットを絶妙にアレンジ、マッスルカー的なアプローチの秀作

インパラのニュースタンダードに着目せよ!/シェベルSSのバッチは付かずとも、SSを上回る

世代によって個性が異なる、シボレーのピックアップ


SHOP DATA:NAOKI MOTOR BUILD
TEL:072-236-7300
HP:https://naoki-mb.co.jp


Photo &Text:石井秋良
アメ車マガジン 2020年 7月号掲載


関連記事

  1. 1973 デ・トマソ パンテーラ、1973 DE TOMASO PANTERA スタイルと走りを徹底的に追求し、エアサスやホイールをワンオフ製作…
  2. マスタングシェルビーGT350 大排気量NAエンジンを6速マニュアルで思いのままに!マスタングシ…
  3. 2015 DODGE CHALLENGER R/T 青く輝く瞳の様にスポーティさと妖艶さを醸し出すチャレンジャーR/…
  4. EDGE CUSTOMS Produced by LUXZ DODGE CHALLENGER R 機能とスタイルを融合させたエアロ【DODGE CHALLENGE…
  5. 1968y CHEVROLET El Camino、1968年シボレー・エルカミーノ ボディサイズの割に乗車定員は3名と、ある意味贅沢なクルマと言える…
  6. 2017y CHEVROLET C7 CORVETTE STINGRAY、2011y CHEVROLET C6 CORVETTE Z06 本気でサーキット走行を楽しみ、走りに酔いしれている2台のコルベッ…
  7. 1996 Chevrolet Tahoe インディゴブルーの2ドアタホを見つけて、馴染みの深いスターキーズ…
  8. CORVETTE C7、コルベットC7 コルベットヒストリー⑦【2014~2019 コルベットC7】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP
×