コラム

-アメカルにまつわるエトセトラ- #6「ザ・アメリカン・スポーツカー」

2006_img

2006_img

et cetera about AMERICAN CULTURE -アメカルにまつわるエトセトラ-
#6「ザ・アメリカン・スポーツカー」

アメ車マガジン読者諸兄には、もちろんそれぞれお気に入りのモデルがあると思いますが、それでもアメリカンスポーツカーである「コルベット」についてはほとんどの方が憎からず思われているんじゃないかと、勝手に想像します。

広大な地域を快適に移動するというアメ車的価値観では、機敏なスポーツカーよりもパワフルなGTのほうが適していることは明白。そんなわけで自動車先進国である米国ではスポーツカーがなかなか馴染みませんでした。しかし、そうは言っても「スポーツカー的人馬一体」を好む思いもクルマ好きの性。そこで、’50年代あたりから米国では欧州製スポーツカーブームが起こりました。そのトレンドをいち早く自社のラインナップに加えるべく動いたのが「コルベットの父」とも呼ばれるGМのハーレイ・アールでした。そして’53年に誕生したのが2シータースポーツカーであるコルベット(C1)です。しかし、初めてのスポーツカー開発。デザインこそ魅力的でしたが、車体は重く、適切なパワーユニットも持たなかったことから「名ばかりのスポーツカー」と揶揄されることに。ここで運命的な出会いが起こります。モトラマ(GМのカーショー)に展示されたC1のプロトタイプに感銘を受けたエンジニアがシボレーに入社。そのエンジニアこそが、後に「コルベットの育ての親」と呼ばれることになるゾーラ・アーカス・ダントフでした。車両開発に才のあったダントフとコルベットの間には様々な興味深いエピソードがあるのですが、以前にご紹介したシェルビーにも通じるところがあり、不思議なめぐり合わせを感じます。そんなダントフの傑作の一つが「コルベット(C2)・グランスポーツ」です。打倒フォード&フェラーリを命題に5台製作された同車でしたが、レースへの関わりを禁じたGMの意向により本格的な参戦はかなうことなく、国際レースは正に映画「フォードVSフェラーリ」の世界へと突入していきます。その後、40年の時間を経たC5の登場までワークス体制でのレース参戦はなりませんでしたが、プライベーターによってコルベットの姿がサーキットから消えることはありませんでした。

一昨年の2019年、何十年も前から「いつか…」と語り続けられてきた「ミッドシップ・コルベット」がついにアンベールしました(C8)。数百馬力のパワーを余すことなく路面に伝え、さらに自在なハンドリングを実現しようとすると、リヤ・ミッドシップは理にかなった車体構成ですが、効率最優先のレースカーとは異なり、情緒的側面も併せ持つのがスポーツカー。起伏豊かなロングノーズこそコルベット…とお思いになる方も多いでしょう。ポテンシャルの高さは概に報じられている通りだと思われますが…さて、いかに。

cap_2001

TEXT & ILLUSTRATION : JIN HATTA
アメ車マガジン 2020年 8月号掲載


関連記事

  1. デュランゴの挑戦 マットブロンズにホイールをペイント、話題のカスタムナットも装着!…
  2. 相棒(タホ)と付き合って何年が経過しただろう?
  3. _MG_2420 ホイールをペイントしてアレンジだけど少し想定外の出来事が…【デュ…
  4. _N6I9263 匠の融合 LUXZ × ROHAN コラボレーション
  5. DSC_4735 ピットインアクツでボンネット&グリルをリフレッシュ!!【REFR…
  6. IMG_8698 バックカメラで快適性アップ プロの丁寧な作業に感動!【デュランゴ…
  7. IMG-6206 のコピー カッコイイ親父はウイスキーを飲んでいる
  8. ジェットシティ、肥後なつみ ジェットシティの野望ともう一つの物語

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP
×