クーペ

コルベットヒストリー①【1953~1962 コルベットC1】

CORVETTE C1、C1コルベット

CORVETTE C1、C1コルベット

CORVETTE CHRONICLE

The CORVETTE HISTORY
1953~1962 CORVETTE C1

スポーツカーとしては不十分ながら一定の人気を獲得

欧州のスポーツカーを意識した2シーターのオープンモデルとして53年のデビューした初代C1。搭載エンジンは直列6気筒で、排気量3.9ℓ、エンジン単体の出力は150hp程度と、総合的な運動性能も含め、スポーツカーとしては不十分だった。量産車では初となるファイバーグラス製のボディは、革新的ながらも、安定したクオリティでの供給が構築できずに不評となったが、オープンカーがステイタスだったこともあり、パーソナルカーとしてのニーズにもマッチして、一定の人気を獲得。

最初のマイナーチェンジでは、283ciのV8エンジンが設定され、1ciに対して1hp(283hp)を達した量産車でもある。58年型では、他のモデル同様に、ヘッドライトには初めて4灯式が採用され、クロームを多用したグリル周辺のデザインも一新し、アメリカらしさと、コルベットとしてのオリジナリティがフォーカスされる。61年からは、リアのデザインがC2に受け継がれる「ダックテール」で一新。丸型のテールレンズは、以降コルベットを始め、他のシェビーでも伝統的に採用。

実際のセールスでもそうだが、C1というと、とにかく58以降の後期に人気が集中。クロームを多用したリッチでエレガントなルックスで、フィフティーズアメリカンの象徴的な存在としても定着。メカニズムや、実際の乗り味など、スポーツカーとしては物足りない面もあるが、様々な点で、初代は別格的な人気。そのため、オリジナルに則ってレストアするだけでなく、ハイダラーな予算を投じるハイテックコンバージョンなど、ホットロッドのフィールドでも不動の人気モデルとなっている。

CORVETTE C1、C1コルベット

CORVETTE C1、C1コルベット

CORVETTE C1、C1コルベット

ヨーロッパのスポーツカーを意識しつつも、よりロングノーズ&ショートデッキで膨よかなフォルムにアメリカらしさが溢れる。歯並びの良いクロームグリルはいかにもレイト50’s。湾曲したウィンドシールド、コンバーチブルのみでのラインナップはC1ならでは。

CORVETTE C1、C1コルベット

CORVETTE C1、C1コルベット

大型のスピードメーターをメインに、大小4連装メーターで構成するクラスター&ダッシュは、航空機を思わせる。センタートンネルまで伸びるデッキからシートにかけてのデザインは、レトロにしてモダンな独創的。

CORVETTE C1、C1コルベット

設定エンジンは、初期は235ciによる直列6気筒。57年からは283hp を発揮する283ciのV8。61年には327ciが追加。オプションのインジェクションでは360hp を発揮する。リーフサスペンションによるソリッドアクセルという点で、スポーツカーとしては不満を感じるが、その反面、ドラッグレースでの支持は高い。

PHOTO:AKIRA ISHII
TEXT:HIDEKI ISHIBASHI


関連記事

  1. シボレーサバーバン、シボレータホ リフトアップの定番とは異なる 異端児的なタホとサバーバンを徹底リ…
  2. 1999 CHEVROLET TAHOE マッチョなタホが似合うボディを手に入れるべくフィットネスに勤しむ…
  3. 2014 FORD MUSTANG SHELBY GT500 SVT 絶品マスタングGT500をゲット!運命の出会いは行動力
  4. 1969 ダッジ ダート 最速を誇るマッスルカーの頂点として君臨するダート
  5. マスタングエコブーストプレミアム、レネゲードリミテッド マスタング愛が強すぎてどんな理由でも手放せない!
  6. 2015y DODGE CHALLENGER SRT HELLCAT、ダッジチャレンジャーSRTヘルキャット マッスル感を高めるMラインを注入 チャレンジャーSRTヘルキャッ…
  7. 1969y CHEVROLET IMPALA COUPE、1969年シボレー・インパラ クーペ フレームオフレストアにより、美しく生まれ変わったインパラ・クーペ…
  8. 価値観が同じ妻と共に、楽しむアメ車ライフ!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP
×