クーペ

コルベットヒストリー①【1953~1962 コルベットC1】

CORVETTE C1、C1コルベット

CORVETTE C1、C1コルベット

CORVETTE CHRONICLE

The CORVETTE HISTORY
1953~1962 CORVETTE C1

スポーツカーとしては不十分ながら一定の人気を獲得

欧州のスポーツカーを意識した2シーターのオープンモデルとして53年のデビューした初代C1。搭載エンジンは直列6気筒で、排気量3.9ℓ、エンジン単体の出力は150hp程度と、総合的な運動性能も含め、スポーツカーとしては不十分だった。量産車では初となるファイバーグラス製のボディは、革新的ながらも、安定したクオリティでの供給が構築できずに不評となったが、オープンカーがステイタスだったこともあり、パーソナルカーとしてのニーズにもマッチして、一定の人気を獲得。

最初のマイナーチェンジでは、283ciのV8エンジンが設定され、1ciに対して1hp(283hp)を達した量産車でもある。58年型では、他のモデル同様に、ヘッドライトには初めて4灯式が採用され、クロームを多用したグリル周辺のデザインも一新し、アメリカらしさと、コルベットとしてのオリジナリティがフォーカスされる。61年からは、リアのデザインがC2に受け継がれる「ダックテール」で一新。丸型のテールレンズは、以降コルベットを始め、他のシェビーでも伝統的に採用。

実際のセールスでもそうだが、C1というと、とにかく58以降の後期に人気が集中。クロームを多用したリッチでエレガントなルックスで、フィフティーズアメリカンの象徴的な存在としても定着。メカニズムや、実際の乗り味など、スポーツカーとしては物足りない面もあるが、様々な点で、初代は別格的な人気。そのため、オリジナルに則ってレストアするだけでなく、ハイダラーな予算を投じるハイテックコンバージョンなど、ホットロッドのフィールドでも不動の人気モデルとなっている。

CORVETTE C1、C1コルベット

CORVETTE C1、C1コルベット

CORVETTE C1、C1コルベット

ヨーロッパのスポーツカーを意識しつつも、よりロングノーズ&ショートデッキで膨よかなフォルムにアメリカらしさが溢れる。歯並びの良いクロームグリルはいかにもレイト50’s。湾曲したウィンドシールド、コンバーチブルのみでのラインナップはC1ならでは。

CORVETTE C1、C1コルベット

CORVETTE C1、C1コルベット

大型のスピードメーターをメインに、大小4連装メーターで構成するクラスター&ダッシュは、航空機を思わせる。センタートンネルまで伸びるデッキからシートにかけてのデザインは、レトロにしてモダンな独創的。

CORVETTE C1、C1コルベット

設定エンジンは、初期は235ciによる直列6気筒。57年からは283hp を発揮する283ciのV8。61年には327ciが追加。オプションのインジェクションでは360hp を発揮する。リーフサスペンションによるソリッドアクセルという点で、スポーツカーとしては不満を感じるが、その反面、ドラッグレースでの支持は高い。

PHOTO:AKIRA ISHII
TEXT:HIDEKI ISHIBASHI


関連記事

  1. DODGE CHALLENGER GT AWD、ダッジチャレンジャー GT AWD AWDのチャレンジャーGTなら季節を選ばずマッスルを楽しめる!
  2. EDGE CUSTOMS M LINE DODGE CHALLENGER MOPERが後追いするほどの先進性を感じさせるラグジのM-LIN…
  3. 2018 FORD MUSTANG GT Fastback さらに睨みを利かせた顔付きのマスタングGTファストバック、ライバ…
  4. CA4R0005 初めてのクルマがチャレンジャーまさに“ 挑戦者” だ! 2010…
  5. DSC_3404_opt その名を歴史に刻んだBOSS302専用チューニングが施されて復活…
  6. 2017年 シボレーカマロLT1、2017y CHEVROLET CAMARO LT1 カスタム次第でこれほど見違える 現行カマロ×プロスピード
  7. 2012 CHEVROLET CAMARO、2012 シボレーカマロ すべて面倒を見てくれる救世主の存在が、想像以上のカマロを生み出す…
  8. FORD MUSTANG SHELBY GT350、アメマガガール マスタングの最高峰と言えばGT350、記念すべき納車の日に取材敢…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP
×