クーペ

コルベットヒストリー③【1968~1982 コルベットC3】

シボレーコルベットC3

シボレーコルベットC3

CORVETTE CHRONICLE

The CORVETTE HISTORY
1968~1982 CORVETTE C3

グラマラスなプロポーションが魅力のC3

エイをモチーフにしたC2のスタイリングに対して、サメをモチーフにしたマコシャーク・コンセプトをなぞるシャープなスタイリングで一新。ヘッドライトはC2の回転式から、定番的な開閉式に変更。シャシーのコンポーネントやエンジンはC2から引き継がれているが、ボディとインテリアは、大幅にアップデート。

突き刺さりそうなほど鋭利に尖ったノーズや、コークボトルラインによるグラマラスなプロポーションがC3の魅力。72年までは前後ともにクロームのスチール製バンパーだが、73年型もリアはスチールを受け継ぎながら、フロントは新たなウレタン製によってフェイスリフト。78年型では、それまで垂直のリアガラスが、ルーフからデッキまでラップする湾曲した1枚ガラスでアレンジされ、ハッチスタイルでアップデート。それまで鈍角に傾斜していたノーズ下部が鋭角にアレンジされる80~82年型は、ある意味最もダイナミックでアメリカンとあって、日本ではとりわけ人気が高かった。

設定エンジンは、68年型は先代の327ciだが、69~82年までは5.7ℓの350ciがスタンダードとなる。パワーウォーズから排ガス規制にかけて、毎年のように仕様変更を受ける中、ソリッドリフターによる70年型のLT‐1(370hp)を頂点に、最もエコノミーな75年では、わずか165hp程度にまで低下。

4速マニュアルと3速ATで設定されたトランスミッションは、最終の82年型ではマニュアルが廃止され、オートマチックは4速にアップグレードされ、スポーツカーからGTカー的なキャラクターに移行した。

シボレーコルベットC3

シボレーコルベットC3

サメをモチーフにしたシャープにしてグラマラスなスタイリングがC3の魅力。“ アイアン” の愛称で呼ばれるスチール製バンパーからウレタンバンパーに進化しながらも、基本的なフォルムを保持される。タルガ式Tトップを導入。

シボレーコルベットC3

ダッシュおよびメータークラスターは、それまでのドーム状のデザインから一新してオーソドックスなダッシュパッド。正面に速度&回転の大型、その他は中央に小型を2段に5連装配置。シートはよりホールド性の高いバケット形状。サイドブレーキは67年型以降センターコンソールに設置。

シボレーコルベットC3

標準エンジンは327から350へとシフト。70年のLT1を頂点に、インジェクションが導入される82 年まで、エミッションを優先して200hp に満たない仕様が主流。歴代コルベットの中でもGT カー的なキャラクターとなる。

PHOTO:AKIRA ISHII
TEXT:HIDEKI ISHIBASHI


関連記事

  1. IMG_1038 絶対に浮気なんてしませんよ! 嫌いになる理由がないですから!20…
  2. 2 漆黒のごとく深い艶を放つシェベル。そのコンセプトはマイアミから生…
  3. 2000 CHEVROLET EXPRESS 初めてのアメ車に選んだのが2000年型のシボレーエクスプレス
  4. 2010 FORD MUSTANG GT ELEANOR Ver 桁違いの個性を魅せるモデルが、エレノア仕様のサンセットゴールドカ…
  5. 2003 CHEVROLET TRAILBLAZER EXT LT、2003 シボレー トレイルブレイザー EXT LT 憧れだった優等生SUV、そろそろトレイルブレイザーに乗ってみる?…
  6. 2001 CHEVROLET ASTRO with FISHING 牽引免許不要で楽しめる夢のボートトレーラーライフ
  7. 2019 Dodge Challenger SRT Hellcat Redeye Widebody チャレンジャーを含むマッスルカーの販売がアメリカで絶好調
  8. 1995y シボレー K2500、1995y CHEVROLET K2500 再び人気上昇中の90年代四駆、レアなシボレーK2500を見逃すな…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP
×