クーペ

コルベットヒストリー③【1968~1982 コルベットC3】

シボレーコルベットC3

シボレーコルベットC3

CORVETTE CHRONICLE

The CORVETTE HISTORY
1968~1982 CORVETTE C3

グラマラスなプロポーションが魅力のC3

エイをモチーフにしたC2のスタイリングに対して、サメをモチーフにしたマコシャーク・コンセプトをなぞるシャープなスタイリングで一新。ヘッドライトはC2の回転式から、定番的な開閉式に変更。シャシーのコンポーネントやエンジンはC2から引き継がれているが、ボディとインテリアは、大幅にアップデート。

突き刺さりそうなほど鋭利に尖ったノーズや、コークボトルラインによるグラマラスなプロポーションがC3の魅力。72年までは前後ともにクロームのスチール製バンパーだが、73年型もリアはスチールを受け継ぎながら、フロントは新たなウレタン製によってフェイスリフト。78年型では、それまで垂直のリアガラスが、ルーフからデッキまでラップする湾曲した1枚ガラスでアレンジされ、ハッチスタイルでアップデート。それまで鈍角に傾斜していたノーズ下部が鋭角にアレンジされる80~82年型は、ある意味最もダイナミックでアメリカンとあって、日本ではとりわけ人気が高かった。

設定エンジンは、68年型は先代の327ciだが、69~82年までは5.7ℓの350ciがスタンダードとなる。パワーウォーズから排ガス規制にかけて、毎年のように仕様変更を受ける中、ソリッドリフターによる70年型のLT‐1(370hp)を頂点に、最もエコノミーな75年では、わずか165hp程度にまで低下。

4速マニュアルと3速ATで設定されたトランスミッションは、最終の82年型ではマニュアルが廃止され、オートマチックは4速にアップグレードされ、スポーツカーからGTカー的なキャラクターに移行した。

シボレーコルベットC3

シボレーコルベットC3

サメをモチーフにしたシャープにしてグラマラスなスタイリングがC3の魅力。“ アイアン” の愛称で呼ばれるスチール製バンパーからウレタンバンパーに進化しながらも、基本的なフォルムを保持される。タルガ式Tトップを導入。

シボレーコルベットC3

ダッシュおよびメータークラスターは、それまでのドーム状のデザインから一新してオーソドックスなダッシュパッド。正面に速度&回転の大型、その他は中央に小型を2段に5連装配置。シートはよりホールド性の高いバケット形状。サイドブレーキは67年型以降センターコンソールに設置。

シボレーコルベットC3

標準エンジンは327から350へとシフト。70年のLT1を頂点に、インジェクションが導入される82 年まで、エミッションを優先して200hp に満たない仕様が主流。歴代コルベットの中でもGT カー的なキャラクターとなる。

PHOTO:AKIRA ISHII
TEXT:HIDEKI ISHIBASHI


関連記事

  1. 01 青×黒のマッスルドッキング! シボレーカマロ
  2. 358 美しいボディだけが美学ではない傷や汚れも本物の証 シボレーC10…
  3. 12 眠っている能力を開放させて、チャレンジャー本来の走りを体感せよ!…
  4. CA4R0005 初めてのクルマがチャレンジャーまさに“ 挑戦者” だ! 2010…
  5. 1967 Dodge Dart、1967 ダッジダート 存在感としては控えめながら、血統の良さでアメリカでは人気のダート…
  6. 2017 Chevrolet Silverado 1500 LTZ Z71 兄弟車も含めて豊富な選択肢がある GMの定番フルサイズトラック …
  7. _DSC708222 大胆にピンクを取り入れ厳つさを消し去る!フォードマスタングGT5…
  8. _8MP0108 最新型カマロを入手するすこぶるスマートな方法【ラインハート】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP
×