クーペ

コルベットヒストリー④【1984~1996 コルベットC4】

コルベットC4、CORVETTE C4

コルベットC4、CORVETTE C4

CORVETTE CHRONICLE

The CORVETTE HISTORY
1984~1996 CORVETTE C4

近代的なスポーツカーとして生まれ変わったC4

ダイナミックでグラマラスなスタイリングが持ち味だったC3に対して、C4ではアスリート的に引き締まった近代的なスポーツカーとして生まれ変わる。洗練されて上品なイメージが高まった分、アメリカらしさが半減したため、個人的には物足りなさを感じたが、8世代目に突入した現在になってみると、コルベットとして正常進化したことがよく分かり、一段と魅力的に映る。

そのスタイリングによって、当時としては最高水準の空力特性が確保されている。多様化するニーズや世界水準を意識して、ハンドリングとブレーキングに重点が置かれ、F:ダブルウィッシュボーン式、R:5リンク式に。これまでのフロントコイルスプリングおよびリヤもグラスファイバーモノリーフにアレンジし軽量化。

エンジンは前輪車軸より後方にレイアウトすることで、49:51というスポーツカーとして理想的な重量配分を構築。フレームに高いサイドレールが投入することでシャシーの剛性が強化されているが、そのため、ドアの敷居が大幅に深くなり、乗り降りがしにくいのが難点。クロスファイア・インジェクションによるL83エンジンは205hpと控えめだが、新たなL89(350ci)では、最高245hpを捻出。92年からの2世代目LT1は300hp。96年のLT4(マニュアル車専用の)では330hp。90~95年にラインアップする最強のZR‐1では、ロータス社チューンによるDOHC32バルブ、LT5は405hpを発揮。キャラウェイによる「スレッジハンマー」は、ツインターボで武装し、898hpを発揮し、最高速408km/hで市販車最高記録を樹立。

コルベットC4、CORVETTE C4

コルベットC4、CORVETTE C4

曲線基調のC3に対して、空力特性に特化したシャープで洗練されたスタイリングで一新。ボディーバリエーションは、クーペ(ガラスハッチバック)、脱着式トップ、コンバーチブルが復活。丸型が基本のテールレンズは、ZR1、グランスポーツでは角形。

FH1_0441

外観のイメージにマッチする直線基調のシンプルなデザイン。デジタル液晶ディスプレイのインストルメントクラスターが新世代的。深いサイドシルによって乗り降りはしにくいが、目線が低くスポーツカーらしさを感じる。

FH1_0443

C4の初期型では200hp程度だったエンジンパワーも、LT1では300hp、DOHCのLT5では400hpを発揮し、C3後期からのGTカー的なキャラクターを脱却。伝説のレーサーをオマージュしたグランドスポーツは、F:9.5J、R:11J と、高性能スポーツならではのワイドなリム幅を装着。

PHOTO:AKIRA ISHII
TEXT:HIDEKI ISHIBASHI


関連記事

  1. DSC_1512 とにかくブレイザーが好きで購入、彼女のスクエアトラックは男勝りな…
  2. DSC_8188 憧れ続けたアメ車を購入 シボレーアストロ AKI ☆ アメマガガ…
  3. 立花未来チャレンジャーカスタム計画 Produced by LUXZ / WORK 遂に完成!ラグジ&ワークプロデュース 立花未来チャレン…
  4. 1969 CHEVROLET CAMARO、1969 シボレー カマロ LS7エンジン×6MTを搭載した、エキサイティングな1969年型…
  5. 2019 FORD MUSTANG BULLITT 現行マスタングをベースに往年のスタイルを再現
  6. 1991 CHEVROLET CORVETTE カタログスペックでは計り知れない魅力に満ちたC4コルベット
  7. _N6I2452 キチンと調教されたように見えつつ、アクセルという鞭で野性が目覚め…
  8. 2 漆黒のごとく深い艶を放つシェベル。そのコンセプトはマイアミから生…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP
×