クーペ

コルベットヒストリー⑤【1997~2004 コルベットC5】

コルベットC5、CORVETTE C5

コルベットC5、CORVETTE C5

CORVETTE CHRONICLE

The CORVETTE HISTORY
1997~2004 CORVETTE C5

飛躍的に進歩したメカニズムを搭載したリアルスポーツC5

12年に渡りラインナップしたC4の流れをくみながらも、曲線を取り入れることでコルベットらしさが追加されたC5。一見しただけだと、正常進化によるマイナーチェンジといった印象ながら、C5はコルベット誕生以来、最も総合的に再設計されている。C4では鋼管フレームとモノコックによるユニフレームだったが、C5では一体成型シャシーを採用。これによって、ボデイ剛性は格段に向上。ホイールベースは短縮し、トレッドは拡張され、アライメントも見直されたことで、旋回性能も操舵安定性も確保。

そして、駆動方式は従来のFRながら、トランスアクスルを導入。トルクチューブを介してまったく新しいLS1エンジンに接続し、前後重量配分では50:50の理想数値を実現する。GMスモールブロックの第3世代となるまったく新しいLS1は、エンジンブロックもピストンもアルミニウム製で、高精度な上、軽量化と低重心化を実現。最高出力は345hp、01年には350hpに。点火コイルは各シリンダー毎に個別に備わり、低燃費にも貢献。オートマチックトランスミッションは、4L60E(4速)が引き継がれるが、マニュアルはボルグワーナー製T56(6速)にアップグレード。

追加されたZ06は、405hpと最高出力こそ同等ながら、はるかに軽量で、総合的な運動性能で凌ぐ上に低価格。C4が13年間(84~96)で35万8137台に対し、C5は8年間で24万8715台と、年間平均出荷数では3500台以上も上回る。新たなコンセプトによる飛躍的に進歩したメカニズムは、多くの面でC6とC7に引き継がれているのだ。

コルベットC5、CORVETTE C5

コルベットC5、CORVETTE C5

97年では従来のハッチバッククーペのみだったが、コンバーチブル、さらに、ノッチバックスタイルのリアウィンドーが特徴的な“FRC”こと、フィックスド・ルーフ・クーペが追加。剛性の高さから、最強のZ06は“FRC”のみでラインナップ。

C1の航空機的なダッシュを、よりコックピット感の高いデザインで進化。速度計、回転系の大型メーターの両脇に小型のメーターが4つ並ぶスポーツカー然としたレイアウトがその気にさせる。

主流のスモールブロック327ciには7種設定。パワーでは427ciのビッグブロックが435hpで最強だが、スタンダードな250hp仕様の327ciを4速マニュアルで味わうのがC2の醍醐味。コルベットの伝統となる、横置きリーフスプリングによるリア独立サスペンションが採用される。

PHOTO:AKIRA ISHII
TEXT:HIDEKI ISHIBASHI


関連記事

  1. 1979 PONTIAC FIREBIRD YouTubeが世界中のアメ車ファンを繋いでくれた
  2. アメマガを読んでいると、衝撃的なクルマに出会う。それがエルカミー…
  3. 1970 PLYMOUTH ROAD RUNNER、1970 プリマス ロードランナー KROOZが手掛けたロードラン ナーは、スタイルはビンテージだが…
  4. 0S7A9803_opt.jpeg 455モーターによるマッシブなポテンシャルを持つマニアックな車 …
  5. DODGE CHALLENGER GT AWD、ダッジチャレンジャー GT AWD AWDのチャレンジャーGTなら季節を選ばずマッスルを楽しめる!
  6. シボレーSSR 見た目はファニーなシボレー・SSR、乗れば本気のハイパフォーマン…
  7. DSC_9882 セミファストバック形状のフォルムへと進化した2代目モデル 197…
  8. 4 派手さよりもシンプルさを選んだ、サウススタイルのチャレンジャー

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP
×