クーペ

コルベットヒストリー⑥【2006~2013 コルベットC6】

CORVETTE C6、コルベット C6

CORVETTE C6、コルベット C6

CORVETTE CHRONICLE

The CORVETTE HISTORY
2006~2013 CORVETTE C6

欧州スーパースポーツに匹敵する性能を確保したC6

保安基準の影響で、ヘッドライトが伝統のリトラクタブルから固定式に変更されたC6。つり目のデザインが戦闘的でモダンな印象となった。全体的なボディーフォルムはC5に通じるが、エッジを効かせたシャープなスタイリングが特徴的。ダウンサイジングが図られ、全長がC5よりも130mm短縮され、全幅では25mm狭くなっている。そして、低燃費化を図る上で、新たに導入されたトランスミッションの関係で、ホイールベースは30mm延長。その分、オーバーハングが短縮し、運動性能向上に貢献。

CORVETTE C6、コルベット C6

CORVETTE C6、コルベット C6

CORVETTE C6、コルベット C6

オートマチックは6速の6L80。マニュアルは、トレメックT56から、08年より新たにTR6060を導入。コンピューター支援ギアシフティング(CAGS)が装備されており、低回転域では1速から4速に直接シフトする必要があるが、アメリカでは税額が変わるほどの低燃費を達成。エンジンは、C5のLS1のアップデート版として364ci(6ℓ)にインチアップされたLS2。08年では、さらに376ciまでアップした進化版のLS3に入れ替わり、最高出力は430hpを発生。0~60mphでは4.2秒未満で到達、最高速度においては190mph(310km/h)に及ぶ。06年からラインナップしたZ06は、歴代GMのスモールブロックエンジンにおいて、最大級となる427ci(7ℓ/505hp)のLS7を搭載。最強のZR‐1ではイートン製スーパーチャージャーを搭載するLS9(380ci、6.2ℓ)では最高出力は650hpを発生。最高速度では330km/hに到達。仕様やスペックにおいては、ヨーロッパのスーパースポーツに匹敵する。

CORVETTE C6、コルベット C6

C5に通じるフォルムを保持しながら、エッジの効いたスタイリングが特徴。ダイナミックさが加味されてコルベットらしさが高まった。ヘッドライトはリトラクタブルが廃止され、62年型以来の固定式となった。

CORVETTE C6、コルベット C6

ダブルコックピット感は薄れ、より落ち着いたデザインでまともられ、全体的に質感が向上。GTに通じる居住性を確保しながらも、シートもよりアグレッシブなドライブに対応すべくアップデート。

FH1_0088

LS2、LS3、LS7、LS9 の4種のエンジンは、スモールブロックにして6ℓ~7ℓと大排気量。サスペンションは、横置きグラスファイバーモノリーフは健在。マグネトレオロジーダンパー(電子制御減衰圧)を備えた独立した不等長のダブルウィッシュボーンで構成。

PHOTO:AKIRA ISHII
TEXT:HIDEKI ISHIBASHI


関連記事

  1. シボレーシルバラード ハイカントリー、キャルウィング 威信を賭けて投入した新型シルバラードで、シェビートラックの復権を…
  2. 2018 Corvette Carbon 65 世界限定650台のシボレーコルベットカーボン65エディション
  3. CA4R0004 C7カスタムのトレンドREVORIX集結!シボレーコルベット C…
  4. 2018 フォードエクスプローラーリミテッド、2108 フォードマスタングエコブースト アメリカンクーペからSUVまで、フォードも充実したスパーク
  5. 2019 Dodge Challenger SRT Hellcat Redeye、2019 ダッジチャレンジャーSRTヘルキャットレッドアイ ダッジ チャレンジャー SRT ヘルキャット レッドアイは797…
  6. 1963 ダッジ ポラーラ アーリー60’sのMOPARの主力車 独特のスタイリ…
  7. 1968 DODGE CHARGER、1968ダッジチャージャー ワイスピのリアル・ドミニクになるべくチャージャーをゲット!
  8. 2011 DODGE CHARGER R/T 映画で見たチャージャーに一目惚れ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP
×