クーペ

コルベットヒストリー⑦【2014~2019 コルベットC7】

CORVETTE C7、コルベットC7

CORVETTE C7、コルベットC7

CORVETTE CHRONICLE

The CORVETTE HISTORY
2014~2019 CORVETTE C7

コルベットとして最後のFRレイアウトとなったC7

世界水準のスーパースポーツとしてさらに躍進すべく、ミッドシップまたはリアにアレンジすることが検討されながらも、コストを抑えるために、従来通りのFRでリニューアルされた。主力のユーザー層の大半が55歳以上という状況に対して、若いユーザーを取り込むべく、2012年に人気ゲームグランツーリスモ5でカモフラージュバージョンを発売。13年のインディ500では、12度目のペースカーとしてコルベットを利用するなど、積極的にアプローチ。68年型のC3以来、コルベット・スティングレイのネーミングを導入するなど、コルベットならではの象徴的なファクターを取り入れながらも、革新的にリニューアル。

C6をさらにダイナミックなスタイリングでアップデート。テールレンズは、伝統の丸型から、新型カマロから着想した角形にアレンジ。4本出しのテールパイプも含め、熱心なコルベットファンからは、批判的な意見が多かった。フェンダー、ドア、リアクォーターパネルの他に、フード、脱着式ルーフパネルもカーボンファイバー製。シャシーは新たなアルムフレームと「カーボンナノ」コンポジットによるアンダーボディパネルで構成。軽量素材の使用が増えたにもかかわらず、歴代コルベットにおいて、最も軽量のC6のZ06が1394kgなのに対し、C7のZ06は、なんと200kg増の1598kg。最もヘビーなZR‐1は、1615kgにまで増加。それでも、新しいLT1(6.2ℓ)スモールブロックV8は、455hpを発生し、0‐60mphは3.8秒という速さを実現。トランスミッションは、マニュアルで7速、ATは8速となった。

CORVETTE C7、コルベットC7

C3からのラップアラウンドなリアガラスの廃止、カマロに通じる角形レンズ、4本出しマフラーなど、テールのデザインが最も大幅に変化。ルーフはカーボン製で脱着式。スタイリング的にも世界的スーパースポーツとしてのイメージが強まった印象のC7。

CORVETTE C7、コルベットC7

CORVETTE C7、コルベットC7

カーボンやハンドメイドの上質なレザーのコンビネーションによって飛躍的に質感が向上。シートはマグネシウムフレーム製で、コンペティション用と2種あり。8インチ・デュアルドライバー・スクリーンを採用。

CORVETTE C7、コルベットC7

エンジンは6.2ℓの新型LT1。標準で450hp、Z06では650hp、スーパーチャージャーを装備するZR1は750hp。サスペンションは、独立した不等長のダブルウィッシュボーン、ファイバー製横置きモノリーフスプリング、磁気粘性ダンパーで構成。

PHOTO:AKIRA ISHII
TEXT:HIDEKI ISHIBASHI


関連記事

  1. 1972 Plymouth Gold Duster、1972 プリマス ゴールドダスター アーバンシーンにもマッチするジェントルでモダンなクルーザー
  2. DSC_8821 C7コルベットをブラッシュアップさせるマジック!流麗に、そして大…
  3. 0S7A9635_opt マーキュリーが放ったマスタングの姉妹車クーガー【オートレイド】
  4. 2019 FORD MUSTANG ECOBOOST PREMIUM PERFORMANCE PKG 【マスタングエコブースト】オーナーの理想とコダワリをすべて形にし…
  5. 1978 Pontiac Firebird Trans Am、1978 ポンティアック ファイアーバードトランザム 映画の劇中車として人気に火が付いたイーグルマスクのファイーバード…
  6. CPL CAR STYLE、CPLカースタイル 豊富な在庫から好みのチャレンジャーを選べ、ないモデルはアメリカか…
  7. 2012 CHEVROLET CAMARO 日本国内限定16台のみリリースされた学生時代からの憧れのカマロを…
  8. 名称未設定 1 のコピー 愛知まで見に行って、その場で決めた極上車 / エンジンブローで乗…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP
×