ピックアップトラック

史上最強のトラック“ラプター”を仲間と共に飼い慣らす快感!

FORD F150 RAPTOR

FORD F150 RAPTOR

FORD F150 RAPTOR

EXTREME AMERICAN

世界的なアウトドアブームのせいか、ピックアップトラックも車高を下げるカスタムばかりでなく、車高を上げるオフロードスタイルが目立つようになってきた。中でも一番人気にして最強なラプターに乗る3人に、その魅力を直撃した。

USナンバーワン車種の最強グレードとして誕生

ピックアップトラックの世界において、アメ車は性能の面でも販売台数の面でもナンバーワンの地位を長きにわたって占めている。そして今、販売台数で頂点に君臨しているのがフォードF150で、その最強仕様がラプターと呼ばれるモデルだ。

ラプターはバハなどのレースを走るトラックの公道バージョンとして、2010年モデルからラインナップに登場した。パワフルな6.2ℓのV8エンジン、アフターマーケットで人気のフォックス社製サスペンションの投入、ワイドフェンダーを組んだルックスなどが相まって、人気は一気に加熱。発売当初はプレミアが付いて、入手困難なほどだった。

FORD F150 RAPTOR

そんな熱気を、当時ハマー・H2乗りだった「やまちゃん」は現地で体感。2年がかりでようやくラプターを手に入れ、以来、どっぷりとその魅力にハマっていく。同時にハマー仲間だったムラっちさんと大森さんにも声をかけ、一緒にSEMAショーを見学に行ったりする中で、彼らもラプター乗りへと転身させていったのだ。「H2より大きいけど乗りやすい」、「トラックとは思えないくらいに速い」、「とにかく目立つ」など、彼らの口から出てくる言葉はポジティブなものばかり。

それでは彼らの愛車を通して、ラプターの魅力に迫ってみたいと思う。アメリカンフルサイズピックアップの底力を、とくと思い知るがいい!

2013 FORD F150 RAPTOR Owner:ムラっちさん

2013 FORD F150 RAPTOR

2013 FORD F150 RAPTOR

ムラっちさんは2018年にやまちゃんと一緒にSEMAショーに出掛け、ラプターへの買い替えを決意したという。このころなら新型のラプターも発売されていたが、「アメ車といえばやはりV8エンジン。新型はV6ターボになってしまうので、あえて前モデルを選びました」と、選択の理由を話す。それだけにエンジンにはaFeのエアインテークやCPU交換までも行ない、さらなるパワーを稼ぎ出しているのだ。足元はフューエル・ゼファーホイール(18×9.0)、BFグッドリッチマッドテレーン、ファブテックの4インチリフトアップキットとブロックを使い、野生味あふれるイメージを投入。このほかADDのバンパー、ANZOとリジッドのLEDライトを組んでいるが、こういったパーツの取り付けなどに関しては、すべてやまちゃんにお任せしているそうだ。

2012 FORD F150 RAPTOR Owner:やまちゃん

2012 FORD F150 RAPTOR

2012 FORD F150 RAPTOR

いち早くラプターの可能性に気付き、2012年にラプターを購入したやまちゃん。ここで紹介するラプターは、実は彼にとって2台目のラプターで、「現行モデルを買おうと思って1台目を手放しましたが、初代のほうが迫力があるので買い直しました」とのことだ。

外観はADD製前後バンパーやリジッドのLEDランプ、ビードロック付きのKMC XD222ホイール(17×8.0)、BFグッドリッチオールテレーンなどでオフローダーらしさをアピール。タイヤに施した赤/青のステッカーは、バハのレースを走っているクルマのカラーリングを模しているのだそうだ。サスは純正のフォックスから、アイコンのステージ3サスペンションとディーバーの2インチリフトアップスプリングに組み替え、車高をアップ。その分ビーストップ製電動サイドステップを取り付けて、乗り降りのしやすさを確保していた。

このほかキッカーのオーディオ、バックフリップのトノカバー、社外ECUまでも装備済み。

2018 FORD F150 RAPTOR Owner:大森一慶さん

2018 FORD F150 RAPTOR

2018 FORD F150 RAPTOR

3台の中で唯一現行モデルにお乗りなのが大森さんだ。「買おうと思ったときには、すでにモデルチェンジされていたんです。実際に乗ってみてV6ターボの速さにも惹かれ、現行型を選びました」と、車種選びに迷いはなかったようだ。確かに先代の411hpに比べて、現行型は450hpと馬力の面で優位に立つものの、ラプターならではの巨大フェンダーが小ぶりになってしまうというハンデがある。それを克服すべく、FRPのフロントフェンダーを後付けして迫力を増強。おかげでメソッドMR312(17×8.5)とBFグッドリッチオールテレーンの履きっぷりもサマになっている。フォックスの純正サスは交換せず、カラーを入れることで2インチのリフトアップを果たす。


★ Photo:犬塚直樹
★ Text:佐藤アキオ
アメ車マガジン 2020年 8月号掲載


関連記事

  1. 2007 TOYOTA TUNDRA LIMITED マットラッピングで楽しむアイランドスタイルの真骨頂!
  2. 2018 FORD MUSTANG PREMIUM Eco Boost Performance PKG 走りと経済性のバランスが取れた、マスタングエコブーストモデル
  3. FORD MUSTANG 青いリバティーウォークフルコンプリートのマスタングを見て一目惚れ…
  4. 現場資材や工具はカーゴトレーラーをけん引するスタイル
  5. 2015 FORD MUSTANG ECOBOOST 50Years EDITION マスタングの豊富なカスタムパーツを在庫するガレージダイバン・GD…
  6. _N6I1924 究極の自動車趣味としてアメリカでは定着している「ストリートロッド…
  7. DSC_6328 圧倒的な走行性能を手に入れた図太い咆哮を放つ獰猛な雄羊 ダッジラ…
  8. 2020 GMC SIERRA / 2019 CHEVROLET SILVERADO 強烈なインパクトを放つシエラとシルバラードをロックオン!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP
×