ガレージ

本気の整備までこなせる、プライベートファクトリー


GARAGE探訪 ‐ガレージにお邪魔します‐

一括りにガレージと言ってしまうが、その使い方は人それぞれ。ここで紹介するTさんは、クルマの保管場所でなく、メンテナンススペースとして活用中。言わば自分の部屋の1つでもあり、休みの日の憩いの場所と言えるだろう。

タイヤチェンジャーにバランサーまでも完備

ガレージにクルマを置き、そのクルマを眺めて至福の時を過ごす。そういう使い方をする人は非常に多いだろう。だが、それに加えてメンテナンススペースとしても活用するのが、ここで紹介するTさんだ。現在は父親の会社を継いでいるが、それまで整備士として働いていた事もあり、自分のクルマは自分で面倒を見たい。そのためガレージの中を見回すとアメリカン雑貨はあるが、よく見るとフロアには2柱リフトが埋め込まれており、上からはコンプレッサーと繋がったエアーホースが…。むしろTさんのプライベートピットと表現した方が正しいだろう。

そんなTさんの現在の愛車は、レアなチャレンジャーR/TのワイドボディとC10。3人息子の次男坊君が特にクルマ好きで、一緒にワイルドスピードを見ていた事でチャレンジャーをせがまれたとか。だが、近くのアメ車専門店を数店回っても在庫はなく、ふらっと立ち寄ったライオンハートで運命的に巡り合ったそうだ。「トラック好きですが、どちらかと言うとスポーツカーの方が好きですね。マフラーはマグナフローに、ホイールをレオンハルトに交換し、フロントを1インチ、リヤを0.7インチダウンしています。20インチのホイールですが、敢えてマッスルカーらしくタイヤの厚みを増やしていますね」と、さり気なくこだわりが盛り込まれている。

余談だが、ガレージの壁にはフリークライム用のウォールも設置し雨の日でも気兼ねなく遊べる。また、休日はガレージ前のスペースでBBQを楽しんでおり、プライベートスペースと言いつつも、しっかり家族サービスにも活用しているのがポイントと言えよう。

_N6I9645

ガレージの奥には、何とタイヤチェンジャーに加えバランサーも設置! 自分や親戚のタイヤ交換はDIYで行なうそうだ。のスペースには以前アメマガで紹介したことのあるY&marketのベンチも設置。その上にはヒサシもあるので、BBQスペースとしても活用中。設営&後片付けが非常に便利なので、BBQスペースのある公園などには全く出かけないとか。

ガレージを作るのに合わせて購入した、1970年式のC10。機関や電装系はDIYでレストアを実施。エーデルブロックやアルミラジエター、MSDなどを装着。ただ、MSDが強すぎオーディオにノイズが入るので、配線を全て引き直したそうだ。メーターはダコタデジタルに交換。見た目はクラシカルだが、デジタル信号なので信頼性は高い。

2019 DODGE CHALLENGER R/T SCAT PACK WIDEBODY

2019 DODGE CHALLENGER R/T SCAT PACK WIDEBODY

マフラーはマグナフローに、ホイールはレオンハルト・Zenith steinをチョイスし、ローダウンとマッチペイントといったカスタムまでライオンハートで実施。ワイドボディのブレーキは、ヘルキャットと同じビッグキャリパーを標準装備する。ちなみにスキャットパックを選んだ理由は、NAのフィーリングが好きだったからだそうだ。

Special Thanks
LION HEART
TEL:0586-67-1711
HP:http://www.lionheart2005.com

Photo ★浅井岳男
Text ★空野稜


関連記事

  1. DSC_4160 キャンプシーンを彩る頼もしき相棒「ラムバン」
  2. 価値観が同じ妻と共に、楽しむアメ車ライフ!
  3. 2018 Challenger SR SRT Hellcat Wide V8とスーパーチャージャーの音がチャレンジャーを購入する決め手で…
  4. 2005y DODGE RAM DAYTONA、2005y DODGE RAM LARAMIE、2010y DODGE RAM SLT 若者たちが挙って愛用するラムトラック、ラムならではの個性的なスタ…
  5. 01 オートギャラリー東京が手掛けたカマロSSはショーカー。圧倒的な存…
  6. 2019 DODGE CHALLENGER R/T SCATPACK 1320 DRAG-PACK ドラッグレースに徹したスパルタンなチャレンジャー
  7. 1960 CHEVROLET BISCAYNE スタンダードなポストセダンのビスケインをHotにアレンジ
  8. 2018 DODGE CHALLENGER SRT DEMON、2018 ダッジチャレンジャーSRTデーモン ダッジチャレンジャーSRTデーモンは異次元の840hpを叩き出す…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP
×