ガレージ

本気の整備までこなせる、プライベートファクトリー


GARAGE探訪 ‐ガレージにお邪魔します‐

一括りにガレージと言ってしまうが、その使い方は人それぞれ。ここで紹介するTさんは、クルマの保管場所でなく、メンテナンススペースとして活用中。言わば自分の部屋の1つでもあり、休みの日の憩いの場所と言えるだろう。

タイヤチェンジャーにバランサーまでも完備

ガレージにクルマを置き、そのクルマを眺めて至福の時を過ごす。そういう使い方をする人は非常に多いだろう。だが、それに加えてメンテナンススペースとしても活用するのが、ここで紹介するTさんだ。現在は父親の会社を継いでいるが、それまで整備士として働いていた事もあり、自分のクルマは自分で面倒を見たい。そのためガレージの中を見回すとアメリカン雑貨はあるが、よく見るとフロアには2柱リフトが埋め込まれており、上からはコンプレッサーと繋がったエアーホースが…。むしろTさんのプライベートピットと表現した方が正しいだろう。

そんなTさんの現在の愛車は、レアなチャレンジャーR/TのワイドボディとC10。3人息子の次男坊君が特にクルマ好きで、一緒にワイルドスピードを見ていた事でチャレンジャーをせがまれたとか。だが、近くのアメ車専門店を数店回っても在庫はなく、ふらっと立ち寄ったライオンハートで運命的に巡り合ったそうだ。「トラック好きですが、どちらかと言うとスポーツカーの方が好きですね。マフラーはマグナフローに、ホイールをレオンハルトに交換し、フロントを1インチ、リヤを0.7インチダウンしています。20インチのホイールですが、敢えてマッスルカーらしくタイヤの厚みを増やしていますね」と、さり気なくこだわりが盛り込まれている。

余談だが、ガレージの壁にはフリークライム用のウォールも設置し雨の日でも気兼ねなく遊べる。また、休日はガレージ前のスペースでBBQを楽しんでおり、プライベートスペースと言いつつも、しっかり家族サービスにも活用しているのがポイントと言えよう。

_N6I9645

ガレージの奥には、何とタイヤチェンジャーに加えバランサーも設置! 自分や親戚のタイヤ交換はDIYで行なうそうだ。のスペースには以前アメマガで紹介したことのあるY&marketのベンチも設置。その上にはヒサシもあるので、BBQスペースとしても活用中。設営&後片付けが非常に便利なので、BBQスペースのある公園などには全く出かけないとか。

ガレージを作るのに合わせて購入した、1970年式のC10。機関や電装系はDIYでレストアを実施。エーデルブロックやアルミラジエター、MSDなどを装着。ただ、MSDが強すぎオーディオにノイズが入るので、配線を全て引き直したそうだ。メーターはダコタデジタルに交換。見た目はクラシカルだが、デジタル信号なので信頼性は高い。

2019 DODGE CHALLENGER R/T SCAT PACK WIDEBODY

2019 DODGE CHALLENGER R/T SCAT PACK WIDEBODY

マフラーはマグナフローに、ホイールはレオンハルト・Zenith steinをチョイスし、ローダウンとマッチペイントといったカスタムまでライオンハートで実施。ワイドボディのブレーキは、ヘルキャットと同じビッグキャリパーを標準装備する。ちなみにスキャットパックを選んだ理由は、NAのフィーリングが好きだったからだそうだ。

Special Thanks
LION HEART
TEL:0586-67-1711
HP:http://www.lionheart2005.com

Photo ★浅井岳男
Text ★空野稜


関連記事

  1. 1965 Buick Riviera、1965 ビュイック リビエラ ずっと憧れていた65年型リヴィエラをネットで発見し、現車を見ずに…
  2. チャレンジャーSRTデーモン、WORKマイスターM1R 世界を狙うラグジとWORKのチャレンジャーSRTデーモンカスタム…
  3. アイファイブ、I-5 アイファイブならではの確固たるスタンスは、リニューアルしても変わ…
  4. 1978年フォード・マスタング キングコブラ、1978y FORD MUSTNG KING COBRA 存在自体が希少なモデルのマスタングⅡ。さらに希少なのが、唯一とな…
  5. _DSC0253 チャレンジャーヘルキャット所有をキッカケに 覚醒したドラッグレー…
  6. _N6I9780_opt BOSS302カムを搭載したフォードトリノGT / マリーナブル…
  7. 2009y Dodge Challenger SRT8、2009y ダッジチャレンジャー SRT8 点検で訪れたショップに並ぶ真っ赤なチャレンジャーに一目惚れ
  8. 2016y Dodge Challenger R/T、2016y ダッジチャレンジャー R/T アメ車なんて派手で興味ない、それが今では魅力にドップリハマる

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP
×