シボレー

レトロスタイルで映える、魅力溢れるシェビーバン

DSC_8109

DSC_8109

1984 CHEVROLET CHEVY VAN G30 LAZY DAZE COACHES / 1991 CHEVROLET CHEVY VAN G20 EXPLORER / 1993 CHEVROLET CHEVY VAN G20 GULF STREAM

Wonderful VAN Life -素晴らしきバン生活-

気兼ねなくアメ車を楽しんでほしいからと「街の修理屋」としてアメ車乗りをサポートし続けるアメリカンクラシックス。ヴィンテージ感漂うシェビーバンはどんなシーンでも映えること請け合い!

気兼ねなく通える頼れる街の修理屋さん

神奈川県高座郡寒川町、圏央道寒川北インターを降りて産業道路を寒川神社方面へ向かい、中原街道の大蔵交差点を左折した住宅街に店舗を構えるのが「アメリカンクラシックス」だ。2005年にスタートし、2020年4月に15周年を迎えて16年目に入ったばかり。

そんなアメリカンクラシックスは「楽しくアメ車に乗る」という単純明快なコンセプトを掲げる街の修理屋さん(もちろんアメ車専門)。代表である武藤氏は大きくてカッコいいクルマが好きで、行き着いた先がアメ車だったとのこと。しかし、誰に聞いても〝壊れる〟や〝燃費が悪い〟など、アメ車の悪い噂は絶えず…。それなら自分で試しにどこまで壊れるか乗って確かめてみれば話が早いと購入したものの、そのアメ車はトラブル知らず。そんな経緯を踏まえてアメ車の整備工場に就職した後に、武藤氏の地元である湘南地区にショップを構え、自分が楽しくアメ車に乗るだけではなく、今度は数多くの人にアメ車を楽しんでもらいたいという思いからアメリカンクラシックスを起こし、いつでもアメ車が集まれる場所を提供し続けたいと語る。

DSC_8282

取り扱うアメ車は店名どおりにクラシックモデルを中心としたラインナップで、SUVやピックアップトラック、バンにセダンとジャンルも豊富。向かいに販売中のフルサイズバンが並ぶその光景は、まさにアメ車乗りの隠れ家といった雰囲気を漂わせる。

ちなみに今回は同ショップが取り扱う中からフルサイズバンだけを抽出しただけでなく、さらにシェビーバンだけに限定。世代はサードジェネレーション。この世代は丸目、縦目、横目のフェイスがあり、好みが分かれるところでもあるが、縦目のハイルーフコンバージョン&モーターホーム、横目のハイルーフコンバージョンの3台を紹介しよう。

1984 CHEVROLET CHEVY VAN G30 LAZY DAZE COACHES
G30をベースに仕上げたLAZY DAZE製モーターホーム

1984 CHEVROLET CHEVY VAN G30 LAZY DAZE COACHES

1984 CHEVROLET CHEVY VAN G30 LAZY DAZE COACHES

1956年創業のモーターコーチメーカーである「LAZY DAZE」がG30シェビーバンをベースに製作したモーターホーム。最後部がリビングスペースとなり、その並びにキッチンや冷蔵庫、トイレ&シャワースペースを配した作りとなっており、デザインはウッド調で仕上げられている。内外装からヴィンテージ感が漂っており、これをベースにリフォームしていけば、映えること間違いなしの1台に仕上がるだろう。

1991 CHEVROLET CHEVY VAN G20 EXPLORER
新車並行で走行距離5万km台の縦目ハイルーフコンバージョン

1991 CHEVROLET CHEVY VAN G20 EXPLORER

1991 CHEVROLET CHEVY VAN G20 EXPLORER

5.7ℓV8エンジンを搭載する1991年型シェビーバンG20。コンバージョンメーカーとしては日本でも馴染みのあるエクスプローラーの手によって製作された1台。運転席周りをはじめ、インテリアにはウッドパネルをあしらい、シートはレザーで仕立てて、まさに豪華さと快適性を融合した作りとなっている。現車は新車並行で、走行距離が5万km台。極上モデルでバンライフを楽しんでみるのも悪くない。

1993 CHEVROLET CHEVY VAN G20 GULF STREAM
販売車両としてだけでなくレンタカーとしても稼働する横目のショーティ

1993 CHEVROLET CHEVY VAN G20 GULF STREAM

1993 CHEVROLET CHEVY VAN G20 GULF STREAM

搭載するエンジンは4.3ℓV6だが、ボディサイズはショートだけにパワー不足を感じることはまったくなく、むしろ軽快さを感じる。ホイールも16インチのアメリカンレーシング・トルクトラストを組み合わせてスポーティな装いが演出されている。一方インテリアはというと、ほか2台と比べたらやはり狭さを感じてしまうものの、窮屈さは一切なく、どの座席に座ってもゆったりと過ごせるスペースがある。

SHOP INFORMATION
AMERICAN CLASSICS【アメリカンクラシックス】
住所:神奈川県高座郡寒川町小谷4-1-41
TEL:0467-75-2221
HP:http://www.american-classics.com
定休日:木曜日(水曜日隔週休み)

DSC_8270

PHOTO&TEXT:編集部
アメ車マガジン 2020年 8月号掲載


関連記事

  1. DSC_0154 同じC4コルベットでも前期と後期では異なる魅力を放つ
  2. 2019 シボレー コルベット スティングレイ 3LT コンバーチブル、2019 CHEVROLET CORVETTE STINGRAY 3LT CONVERTIBLE 国内正規ディーラーでは存在しない本国仕様のコルベットコンバーチブ…
  3. 2019 ALL-NEW CHEVROLET BLAZER RS 『シボレーブレイザーRS』次世代型クロスオーバーSUVとして登場…
  4. 2021 Chevrolet Tahoe RST 本当に遊べる相棒を手に入れる!タホ&サバーバンも新型に突入!
  5. 2017 Chevrolet Silverado 1500 LTZ Z71 兄弟車も含めて豊富な選択肢がある GMの定番フルサイズトラック …
  6. 2015 Chevrolet Corvette Z06 Coupe 世界のスーパーカーをも凌駕する アメリカン・スーパースポーツ シ…
  7. ダッジラムバン ボウラートレーラー リノベーションして楽しむ、免許不要のトレーラーライフ
  8. 名称未設定 1 のコピー 愛知まで見に行って、その場で決めた極上車 / エンジンブローで乗…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP
×