SUV

カジュアルでありながらタフ、アメリカンSUVらしさがグッド!K5 ブレイザー

1977 CHEVROLET K5 BLAZER

1977 CHEVROLET K5 BLAZER

1977 CHEVROLET K5 BLAZER

House of American SUVs -アメリカンSUVに魅せられて-

ピックアップトラックのC10をベースによる元祖SUVの初代K5ブレイザー。その後を継いだのがここで紹介する第二世代K5ブレイザーだ。ショートホイールベース化した2ドアワゴンスタイルならではのクールなルックスと、4輪駆動車としてのドライブフィーリングが魅力大!

アメリカンSUVの血統快適性も確保した4×4

元祖SUVとして69年にラインアップされたK5ブレイザーは、95年にはC1500シリーズのタホとして受け継がれたショートホイールベースの2ドア・ワゴンスタイルが特徴的。4輪駆動のみでデビューし、70年より後輪駆動が追加された。インターナショナル・スカウトやJeep・CJシリーズとの競合を加味して設計されているため、クロカン四駆としての持ち味と、オープントップによる開放感も持ち合わせる。

1977 CHEVROLET K5 BLAZER

パワフルなV8を搭載し、フレンドリーに扱えるATトランスミッションも設定。エアコンも装備して、快適性も確保する。ハードな悪路に対応する操舵性ではクロカン車の方が上手でも、同じフィールドで楽しめるだけのポテンシャルが確保されている。より高い操舵性を求める上での社外パーツが充実している点も魅力的だ。脱着式のトップは樹脂製で、運転席からテールゲートまでを含むフルオープンタイプ。76年以降は横転時の安全性の高いハーフキャブにアレンジされた。

77年型のこの個体は、ルーフ部も白でペイントされているが、ドアより後部が脱着可能なハーフキャブ車。外観はC10とほぼ共通だが、ショートホイールベースならではの引き締まったプロポーションが特徴的。内装では、ダッシュやドアパネルが共通でも、センターコンソールのあるセパレートシート、セカンドシートが備わる5人乗車という点がSUVとしてのK5のチャームポイント。ホイールベースが短いため、国内の市街地での取り回しも良いのだ。

バーガンディとウッドによる内装は、当時のトレンドを反映するファクトリーオリジナル。ステアリングのみ社外ながら、全体にマッチするデザイン。純正のエアコンは猛暑でも問題なくクールエアーを提供する。

1977 CHEVROLET K5 BLAZER

搭載エンジンはラインナップでは最大の6.6ℓ(400ci)。それに準じてトランスミッションは強化タイプのTH400(3速AT)。パートタイムトランスファーによる4輪駆動。アクスルはフロント10ボルト、リア10ボルトの組み合わせ。

IMG_2188

6ラグのスチールホイールは、純正の“トラックラリー”。装着タイヤはBFグッドリッチのホワイトレター、All-TerrainT/A。32×11.5R15とストックよりも大系かつワイドなサイズにアレンジすることで、安定感のある佇まい。

1977 CHEVROLET K5 BLAZER

鮮やかなオレンジとホワイトによるキャッチーなコントラストが魅力的。カジュアルかつタフなキャラクターにマッチするファクトリーオリジナルならではのカラースキム。サイドミラーはスタイリッシュな縦型を設置。

IMG_2193

なんと、実車と同じ状態のラジコンが販売されている。この個体のオーナーは、愛車と同じミニチュアとあらばスルーできず、なかなかの高額品だったが、思い切って入手した。ラジコンとは思えぬディテールの良さが素晴らしい!


元祖アメリカンSUVとして人気を博すK-5ブレイザー

入手困難なK5ブレイザーをラピードならゲットできる!

足グルマが立派なカスタムカーに変貌【1981 Chevy K5 Blazer】


Cooperations:DEEZ CREW
TEL:045-942-2355
HP:http://www.deezcrew.com/


Photo & Text ◆石橋秀樹
アメ車マガジン 2020年 9月号掲載


関連記事

  1. DSC_9882 セミファストバック形状のフォルムへと進化した2代目モデル 197…
  2. DSC_6845 アバランチなのにシエラ!? 究極のスラムドで魅せる シボレーアバ…
  3. DSC_3209 ついに時代が動き出す!熱い時間がやって来た!俺たちが愛するC/K…
  4. DSC00781 1950年に発表されたベルエアー、シボレーの名を冠した高級モデル…
  5. DSC_3449‗ ガールズオーナーで大工職人、乗っているクルマは黒いローダウンした…
  6. IMG_1756 マウンテンという、ジープJKラングラーの限定車の2ドア幌が超オス…
  7. TJ WRANGLER、TJラングラー 昔ながらのレトロなフォルムを継承するTJラングラーの雰囲気に一目…
  8. CA4R0004 C7カスタムのトレンドREVORIX集結!シボレーコルベット C…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP
×