クーペ

マスタングGTをさらに進化させたパフォーマンスモデル

2019 FORD MUSTANG GT Performance / 2019 FORD MUSTANG GT

2019 FORD MUSTANG GT Performance / 2019 FORD MUSTANG GT

2019 FORD MUSTANG GT Performance / 2019 FORD MUSTANG GT

愛されし我らのマスタング Let’s Go with MUSTANG

ダウンサイジング時代に媚びない野生馬の本質を追求した姿!

映画の影響で若い人はチャレンジャーに乗りたがるが、元祖マッスルカーと言えば50年以上の歴史を刻み続けるマスタング。その中でもV8・5.0ℓを搭載する2つのGTをここでは紹介しよう。

SUVやJEEP、果てはスクールバスまであらゆるアメ車を取り扱うライオンハート。もちろんマッスルカーも得意な車種の1つ。北米モデルのマスタングGTが2台揃うということで、その魅力や違いを早速紹介して行こう。

現行マスタングが登場した15年、エコブーストの存在は世間を大きく賑やかした。それから5年が過ぎエコブーストに対して「スムーズで速い。経済性を求めるならアリ」と一定の評価は得た。だが「マッスルカーらしい加速や、独特なサウンド」を追求したい人には物足りない。そんな人に是非ともお勧めしたいのが、GTだ。

搭載エンジンは、ともにV8・5.0ℓ。GTでも十分すぎるスペックを備えているが、パフォーマンスモデルにはストラットタワーバー、大型リヤスポイラーを装着。車内には追加メーターが装備されており、よりダイナミックな走りが楽むことが可能。言うなれば、メーカー自らが作り上げたチューニングモデルと言っても過言ではないだろう。

マスタングの形をしたクルマに乗りたいのか、マスタングの本質と言うべき走りを楽しみたいのかで選ぶグレードやエンジンは大きく異なってくる。もちろん予算に限りはあるだろうが、一度しかない人生において、アメ車が好きだと自負するならば、一度は乗っておいて損はない。と言うか、乗らなきゃいけないクルマだ!ライオンハートでは、そんな魅力的なクルマを取り揃えているので、自分の愛車を探しに一度遊びに行ってみてはいかがだろうか。

2019 FORD MUSTANG GT Performance

2019 FORD MUSTANG GT Performance

2019 FORD MUSTANG GT Performance

大型のスポイラーを装備しているので、リヤのスタイリングは大きく異なる。マフラーはどちらも左右4本だしとなっており、可変バルブを装備するので任意のサウンドに調整可能。1台のクルマに何種類ものキャラが潜む。

GTとの違いは、本文でも述べているが大型のリヤスポイラー/ストラットタワーバー/追加メーターの3カ所。メーターは左が電圧計で、右が吸気圧力を計測する負圧計となっており、サーキット走行を本格的に楽しみたい人には欠かせない装備と言える。ドライブモードやステアリングフィールモードはGTと同じで、快適な街乗りからドラッグレースまで、これ1台で楽しめてしまう。

2019 FORD MUSTANG GT

2019 FORD MUSTANG GT

2019 FORD MUSTANG GT

ブルーのボディーにホワイトのレーシングストライプが施されるGT。こちらの方がパフォーマンスモデルと思うほどスポーティ。さぞかし乗り心地はハードなのでは? と思うかもしれないが、スイッチ1つでスノー&ウェット/ノーマル/スポーツプラス/トラック/ドラッグストリップと、5つのドライブモードに変更可能。またステアリングフィールもノーマル/コンフォート/スポーツと切り替え可能で、走るシーンや気分に合わせてチョイス可能。ちなみにタイヤサイズは前後共265/35R20を装着する。


GT350マスクをベースに各部をブラッシュアップしたマスタングエコブースト

派手さは不要だが、違いを見せる姿へ、ライオン流カスタムスタイル

仕上げられた2台のマスタングは、ライオンハート流カスタム


Thanks:LION HEART【ライオンハート】
TEL:0586-67-1711
HP:https://www.lionheart2005.com


Photo: 浅井岳男
Text: 空野稜
アメ車マガジン 2020年 9月号掲載


関連記事

  1. 1970 DODGE CHARGER R/T、1970ダッジチャージャーR/T 何でも一番じゃないと気が済まない男が選んだチャージャー
  2. 2018y フォード ラウシュステージ1 マスタングエコブースト ハイパフォーマンスブランド「ラウシュ」プロデュースモデルのマスタ…
  3. CA4R0004 C7カスタムのトレンドREVORIX集結!シボレーコルベット C…
  4. 2019 FORD MUSTANG BULLITT、2019 フォード マスタング ブリット 1968マスタングGT390ファストバックの現代版復刻トリビュー…
  5. 2011y DODGE CHALLENGER SRT8、2011y ダッジチャレンジャー SRT8 チャレンジャーSRT8をエアサスでもガンガン走れる仕様へ
  6. 2019 FORD RANGER RK SPORT ミッドサイズピックアップトラックのフォードレンジャーをウイングオ…
  7. 1969 CHEVROLET CORVETTE STINGRAY コルベットは非日常へと連れ出してくれるオモチャ
  8. 1970 CHEVROLET CHEVELLE SS396 GMのマッスルにおいて最もポピュラーで人気のシボレー・シェベル

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP
×