シボレー

ドリフターが選んだアメ車はフルサイズSUT「シボレーアバランチ」

2008 CHEVROLET AVALANCHE

2008 CHEVROLET AVALANCHE

2008 CHEVROLET AVALANCHE

絶対アメ車主義 WE LOVE AMERICAN VEHICLES

クルマ好きはごまんといるが、競技会にまで本格的に参戦している人はごく一部。ドリフターとして2019年まで参戦していたHIKARUさんが人生初となるアメ車を手に入れたのは2020年の2月。

アメ車を敬遠していた彼を一変させた出会い

2011年に土屋圭市氏と稲田大二郎氏が起ち上げた「ドリフトマッスル」。2018年に「ドリフトキングダム」へと名称を変更して2019年まで開催され、2020年からはD1グランプリと統合したドリフト競技会。ドリフトがどういったものかを説明せずともクルマ好きの読者諸兄であればご存知のはずだが、白煙を巻き上げながらクルマを横滑りさせる様は実に迫力があり、見る者を熱狂させる。何でこんな話からスタートしているかと言うと、今回紹介するHIKARUさんはこの競技会に参戦していたから。彼の愛機はニッサン・180SX。20代の頃からそっちの世界にドップリと浸かり、平日は仕事、休日はドリフトという生活を送ってきたと言う。

180SXは競技専用車両ということで、普段乗りにはVIPカーを愛用。当初はとくに手を付ける予定はなかったものの、やはりクルマ好きの血が騒ぎ、いつしかショーにエントリーするまでにカスタム。「スイッチが入っちゃうと止まらなくなっちゃうんですよね」

だがそのVIPカーも〝やりきった〟ところで手放し、現在の普段乗りは欧州車ということで、これまでアメ車とはまったくの無縁。「やっぱりアメ車って壊れるっていうイメージが強くて…。それに身近で触れる人もいなくて…。」

2008 CHEVROLET AVALANCHE

まさに多くの人がアメ車に対して抱きがちなイメージそのままが一番の理由。しかし、そんな彼の思いを一変させるコーストモータリングとの出会いによって、今はシボレー・アバランチを愛車としている。ちなみに2020年の2月に購入したばかり。購入時にはほかにも何台か候補があり、その写真を奥さんのMISAKIさんにも見せて相談したところ、ベッドを有するトラック形状が決め手となって選択したそうだ。ちなみにHIKARUさんは現在、板金塗装会社を経営しているため、機関系以外の修繕はお手の物。今はまだシンプルなフォルムを留めているけれど、これがいつ豹変するかは彼のスイッチ次第。

ちなみに話を伺っている際にはほかにも目移り。どうやらチャレンジャーが気になっているようで、やはり速いクルマに目がない。チャレンジャーを購入した際にはぜひドリフトを披露してもらいたいなぁ、なんて(笑)。

28インチのビッグリム(LEXANI・LUST)

DSC_8516

ボトムスにはボリューミーなボディに負けず劣らずの28インチのビッグリム(LEXANI・LUST)に25偏平タイヤを組み合わせて彩るとともに、マフラーも志村工業にてワンオフ製作したデュアルで心地いいサウンドを響かせ、ホワイト×クロームでコーディネイト。

DSC_8527

DSC_8518

板金塗装が本業だけに、ボディのキズや凹みを修正すること、色を塗ることなどは朝飯前。まだ購入して半年足らずではあるが、早くも内外装のアチコチが気になったようで、ダッシュパネルやトノカバー、サイドステップをペイント。

コーストモータリングで紹介してもらった女性オーナーをこちらで紹介しているが、彼女の愛車は2009年型タホ。HIKARUさんの愛車は2008年型アバランチ。世代が同じなのでフロントから見たら瓜二つ。ジョークで同じポーズのショットをパシャリ(笑)。残すはサバーバンだけだなぁ。

2008 CHEVROLET AVALANCHE

OWNER : HIKARU & MISAKI & MEI


オトコ勝りなカスタムでメイクされたタホが相棒

夜な夜な集まった10人は全員がアメリカンSUVに乗り、ボトムスは28インチを装着

2019年の夏を締めくっくたサマーコースト、オールジャンルのUSカスタムモデルが集結

すべてのクルマ好きが楽しめる 熱い情熱をかけたイベントが再び『サマーコースト2018』


Thanks:COAST MOTORING
TEL:04-2946-7203
HP:http://coast-jp.com


PHOTO&TEXT:編集部
アメ車マガジン 2020年 9月号掲載


関連記事

  1. 0001 インパラのニュースタンダードに着目せよ!/シェベルSSのバッチは…
  2. Chevrolet Malibu、シボレーマリブ 当たり障りのないデザインに、その気になれば速い所がお気に入り
  3. DODGE RAM、ダッジラム アウトローな雰囲気で独特の存在感を放つラムトラック。
  4. 1964 Chevrolet Chevelle、1964 シボレー シェベル 控えもながらもシンプルで精悍なスタイリングでストリートロッダーか…
  5. 大規模マイナーチェンジ決行の最新型タンドラが続々と到着【フェアラ…
  6. 2019 CHEVROLET CAMARO SS 1LE、2016 DODGE CHALLENGER SRT392 いつかは2人でアメリカンマッスルカー!という思いを遂に実現【チャ…
  7. 2018 Chevrolet Tahoe RST 前期フルサイズSUVブームの 主役となったGMの兄弟車たち シボ…
  8. 1965y CHEVROLET CORVETTE、1965y シボレーコルベット、C2コルベット 超絶ミントコンディション!!「デイ1」状態を再現した極上なC2コ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP
×