クーペ

チャレンジャーSRTデーモンの進化「サタン」をLUXZが召喚!

2019 Challenger SRT Demon EDGE CUSTOMS Challenger S

2019 Challenger SRT Demon EDGE CUSTOMS Challenger S

2019 Challenger SRT Demon EDGE CUSTOMS Challenger S

Let’s Enjoy CHALLENGER -かっこいいが一番楽しい

悪魔が“ S ”に身を包みサタンへと超絶進化を遂げる!

究極のチャレンジャーが作りたい。もちろんベースはデーモンで、唯一無二と言える1台にしたい。そんなユーザーの願いを形にしたのはもちろんLUXZ・島澤氏。もはやこれは、悪魔を凌ぐ存在だと言えるだろう。


ダッジチャレンジャーSRTデーモンは異次元の840hpを叩き出す


デーモンを遥かに凌ぐ究極のカタチが降臨!

チャレンジャーのカスタムシーンを牽引し続ける、LUXZのEDGE CUSTOMS。M/R‐LINE、チャレンジャーSという3つの異なるスタイルのオリジナルパーツをリリースしているが、頂点に立つ「S」の完成形と言うべき、パーフェクトスタイルがついに完成した!

ベースとなるのは、同じくチャレンジャーの頂点に君臨する19年型のデーモン。オーナーさんがラグジ・島澤氏に1つだけリクエストしたのは「どれだけ時間が掛かっても良いから、島澤さんの魂が込められた1台にして欲しい」という事。その想いに応えるために、既存の「S」とは一線を画し、渾身と言うべき1台とするために島澤氏が導き出した答えは、スプリッターとそこからフロントフェンダーへ繋がるカナードをワンオフ制作する事だった。

2019 Challenger SRT Demon EDGE CUSTOMS Challenger S

確かに既存の「S」に2つのアイテムを加えただけだが、そのオーラはまるで別格。クルマが止まっていてもフロントからフェンダー、さらにリヤに向かって空気の流れを感じさせる動感が伝わってくる。加えてプラムクレイジーのグラデーション&グラインダータトゥーが施されており、デーモンを超越している。「S」と相まって、悪魔の長であるサタンと形容するのが相応しい!

チューニングも施しクルマの本質も追求!

今回ラグジが製作したサタン(もう、そう呼んじゃいましょう!)は、先述したように究極を目指して制作されているが、それはスタイリングだけでなく性能面についても言える事。本格的なサーキット走行にも対応できるようにエアサスではなく、デーモンの出力特性なども考慮した専用の車高調をチューニングショップHPPで制作。約5cmロワリングを行なっているが、まさにその姿は公道を走るレーシングマシンのよう。

2019 Challenger SRT Demon EDGE CUSTOMS Challenger S

ストック状態で840馬力を誇るモンスターだが、吸排気系はもちろんスーパーチャージャーの容量アップを実施。もちろんそれに伴いベルトやガスケットなども強化しており、一分の隙も見せない程徹底してチューニングも実施。MOPAR純正オプションの6ポッドキャリパーに変更し、DPのスリットローター&強化パッドも装着。走る・曲がる・止まるはもちろんだが、その上スタイリングをも追求している。

究極、至高、頂点…。どんな言葉でも言い表せない、まさに島澤氏が世界に向けて放つ渾身の一撃。この次があるのか、心配になってしまう程パーフェクトな仕上がり。だが、島澤氏の瞳の奥には、きっと次の構想が潜んでいる事だろう。デビューから10年が経過したチャレンジャーだが、まさに今が旬だと言えよう。

スプリッターとカナードを加えSをさらにアップグレード

_N6I7593

チャレンジャーSの最大の特徴というべき、切り落としたようなオーバーフェンダー。フロントのスプリッターとそのまま繋ぐのではなく、カナードを使用してボディラインを構築。単純な形状でなく三次曲線を描くことで空気の流れや躍動感を感じることができる。

_N6I7771

MOPAR純正6ポッドキャリパー&DPのロータ&パッドに交換。チャレンジャーSの巨大なオーバーフェンダーに合わせて、タイヤはNITTO INVO(F:285/30R20/R:345/25R20) に変更。ホイールは1221の1771をセットし、前後共に極深リムを組み合わせる。

サイドスカートやリヤスポイラー、アンダーディフューザーは既に発売中のチャレンジャーSの物。エクステリアパーツは全てFRP製だが、ABSに匹敵するほど高い品質を誇る。マフラーはvibrantの左右出しをセット。後ろからタイコを見せる事で、レーシーさを存分に引き出す。

実はオリジナルカラーはブラックだったが、島澤氏の「悪魔を象徴する紫以外ありえない!」と言う事でオールペンを実施。単純なソリッドでなく、グラデーションを施しさらにはROHANの特殊技法と言うべきグラインダータトゥーも施され、見る角度によっては禍々しさを感じる程だ。

デーモンのエンブレムがあしらわれたシートカバーに、ラグジのオリジナルフロアマットを装着。パワーユニットはafeのエアクリーナーを変更した程度に見えるが、スーパーチャージャーのアンダーサイズのアップやベルトの強化、レーシングサーモスタット&プラグに交換しており、そのままサーキットで全開走行できるまでポテンシャルを高めている。


LUXZ【ラグジ】

TEL:058-259-3922
HP:https://luxz.jp

ラグジに関する記事一覧


写真/浅井岳男
文/空野稜

アメ車マガジン 2020年 10月号掲載


関連記事

  1. DSC_5840 大胆メイクでヴィンテージマッスルカーの新境地を開拓! その名は「…
  2. WORK VS XV 【WORK VS XV】WORKの放つアイテムは王道のメッシュス…
  3. DODGE CHALLENGER GT AWD、ダッジチャレンジャー GT AWD AWDのチャレンジャーGTなら季節を選ばずマッスルを楽しめる!
  4. 2007y DODGE NITRO 見れば見るほど癖になる それがナイトロの魅力!
  5. 2013 シボレー カマロRS 街で見かけたカマロに心奪われ、初めてのアメ車デビュー!
  6. 735 900hpを超えた超モンスター SRTヘルキャットチューニング【…
  7. 1991 Pontiac Firebird Trans Am GTA 歴代ファイヤーバードにおいて3世代目は最もポピューラーな存在
  8. 2015 Ford Mustang 50years Edition ショップで見つけて試乗で即決。ひと目惚れで選んだ、鮮烈オレンジの…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP
×