ダッジ

24インチホイールを脱ぎ6インチリフトアップしたダッジラム1500

DODGE RAM1500

DODGE RAM1500

DODGE RAM1500 Produced by QUARTTFAB

きっかけはアメマガキャラバンそこからカスタムがスタート!

2019年の秋に開催された、アメマガキャラバン三重。そこに参加した野村さんは、同じく出展していたQUARTTの酒向さんと出会う。それがきっかけで、このRAM1500が誕生したという、ウソのようなホントの話。

24インチホイールを脱ぎ6インチのリフトアップ!

2019年の6月に、現在の愛車ラム1500を手に入れた野村さん。それまでは国産SUVをローダウンし、大径ホイールを装着するラグジュアリースタイルを楽しんでいたこともあって当初はラムもその方向性で考えていたのだが、2019年に開催したアメマガキャラバン三重に参加した時に、QUARTTの酒向氏と出会ったことで、カスタムの方向性がガラリと変更してしまった。

DODGE RAM1500

すでに装着していた24インチホイールを脱ぎ捨て、6インチものリフトアップを実施し、圧巻の37インチタイヤを装着するなど、当初とはまったく異なるスタイルに大変身。ある意味、アメマガキャラバンが1人のアメ車オーナーの運命を変えたと言っても過言ではない。それは言い過ぎか?

DODGE RAM1500

実は野村さん、リフトアップを当初から考えていたので、フロントにドライブシャフトが存在しない2WDモデルを3年かけて探し出したそう。リフトアップのほかにビレットグリルやLEDランプ、メッキグリルの同色化なども実施。やり過ぎない、シンプルですっきりとしたスタイルを実現している。ちなみに2WDではあるものの、キャンプやBBQなどのアウトドアに活用中。さすがにジェットスキーはしないので、特に問題はないとのこと。

今後の予定としてはマット系やガンメタといった、渋目のオールペンにもチャレンジしたいとか。もちろんQUARTTではペイントも含めたカスタムを得意としているので、その日が訪れるのもそう遠くなさそうだ。

フロントマスクをブラックアウトし、内側にビレットグリルをインサート。バグガードやオーバーフェンダー、さらにはリアバンパーも同色にすることで、まとまりの良さを感じる。

灯火類はLED&HIDに変更することで、夜間の安心感を向上させつつ、現代的な雰囲気を醸し出している。トノカバーはSnugtopをチョイス。アンテナの先端には以前の愛車にちなみ、鷹のマスコットを取り付けるなど、さりげないコダワリが随所に施されている。

_N6I7407

ラフカントリーのキットを使用して、ノーマルから6インチのリフトアップを実施。4WD車の場合、フロントのドライブシャフトブーツに負担がかかるので大掛かりなリフトアップはしづらいが、野村さんのラムにはドライブシャフトがないのでそんな心配はない。

6インチリフトアップしたことで、タイヤは大幅にサイズアップし、37×12.5R20のRANEGADE RTにTWGメイヘムメタル8015を組み合わせる。

_N6I7523


THANKS:QUARTT FAB
TEL:0583-81-9167
HP:http://quartt.jp


PHOTO:浅井岳男
TEXT:空野稜

アメ車マガジン 2020年 10月号掲載


関連記事

  1. 2014y DODGE CHARGER SRT8 チャレンジャーと人気を二分する最速セダンとして評判のチャージャー…
  2. DODGE RAMVAN ラムバンを超える魅力的なクルマはない
  3. チャレンジャー、BLOODY CHALLENGER produced by QUARTT FAB インパクト絶大なチャレンジャー、一度見たら忘れられない存在
  4. TOYOTA TUNDRA TRD Pro、トヨタタンドラTRD PRO オフローダー戦線に再び戻ってきたタンドラTRD Pro
  5. アメマガガール、2015y フォードマスタング2.3エコブースト ノーマルのマスタングで納車されると思ってたら、旦那様が内緒でカス…
  6. Pre Runner 2007 TOYOTA TUNDRA LIMITED 土煙を巻き上げて疾走する、トロフィートラックに魅せられて…タンド…
  7. 361 GMブランドに登場したオフロード特化グレード・オールテレーン G…
  8. 4 派手さよりもシンプルさを選んだ、サウススタイルのチャレンジャー

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP
×