OTHER

力強さと大きさ、そして存在感ニッサンタイタンで他と差を付けろ!

2018 NISSAN TITAN SV / 2005 NISSAN TITAN LE

2018 NISSAN TITAN SV / 2005 NISSAN TITAN LE

2018 NISSAN TITAN SV / 2005 NISSAN TITAN LE

USフリークスたちがさらなる個性を求めて辿り着いた逆輸入トラック&SUV
US TOYOTA / US NISSAN TRUCK & SUV

より個性を求めUS日産車が欲しいという人はモナミモータースへ行くべし!アメリカとの太いパイプを持ち、US日産車を自社直輸入しているから、好きな仕様を探すこともできるし、アフターフォローもバッチリ。注目のUS日産車の中でも、今タイタンが人気急上昇。存在感と安心感、そして個性を求めるならタイタンがベストチョイスだ!!

存在感と安心感に加え個性も求めるならタイタン

逆輸入車=タンドラと言っても過言でないほどに逆輸入車界のトップアイドルなのがUSトヨタのタンドラだろう。もちろんスタイリングや信頼性など魅力はふんだんにあるのだが、ポピュラーということは、それだけ街で見かけることも多い。アメ車の存在感と、日本車の安心感、そしてさらなる個性を求めたいという人に猛烈プッシュしたいのがUS日産の「タイタン」。このクルマは日産のフルサイズピックアップであり、そのボディサイズはもちろんエンジンも大排気量のものを搭載、しかもアーバンオフローダーが求めるスタイリッシュさとオフロード走破性をも兼ね備えるものだ。

2018 NISSAN TITAN SV

そんなタイタンをはじめ、US日産のアルマダ、フロンティアなどの魅力的なクルマたちを僕らにデリバリーしてくれるのが川越市に店を構える「モナミモータース」。同社社長の富岡さんは日産ディーラーのメカニック出身ということもあり、日産車のエキスパートであり、誰よりも日産車の魅力を知っている。そんな富岡社長もリコメンドするのが、やはりタイタンなのだ。

2005 NISSAN TITAN LE

「日産車は好きだけど、購入後のメンテナンスなどが心配、パーツ供給は?」なんて思う人も、モナミモータースならノープロブレム。

専用の診断機や大型リフトの導入、アメリカとの太いパイプも持つことから重整備からカスタマイズまでアフターケアも充実。存在感と安心感、そして他とは違う個性をも求めるアナタは、まずはモナミモータースに相談してみていただきたい。必ずや明るい逆輸入車ライフが待っているのだから!


2005 NISSAN TITAN LE

初代タイタンの武骨なスタイルにラギッドなテイストを盛り込む腕白仕様
2005 NISSAN TITAN LE

こちらはファーストジェネレーションとなる2005 年型タイタンをモナミモータースによりカスタマイズされた車両。先代は現行型よりも武骨なスタイリングが特徴だが、それをさらにラギッドにブラッシュアップした仕様。

_N6I5687

LEグレードの4WDクルーマックスをベースに、フロントにアフターのガードバー、ブッシュワーカー製オーバーフェンダー、フロントにビルシュタイン・アジャストショックアブソーバー、ホイールはSCS RAY10(マットタンクブロンズ)17インチなどをインストール。大胆なカスタムをしなくとも素性の良いタイタンだからこそ、ちょっとしたアレンジでこれほどカッコ良くなる。

2年間だけ採用されたシャンパンゴールドのボディカラーも「オシャレワイルド」に貢献している。

荷台にはベッドエクステンダーを装着。ピックアップトラックユーザー憧れのアイテムだが、これがなかなか使えるのだ。インテリアはスパルタンなものとなっており、5人乗り仕様でフロアシフトの5ATを採用。

_N6I5725

エンジンは5.6ℓV8を搭載し、申し分ないパワーを発揮する。もちろん4WDなのでオフロードもガンガン行ける。


2018 NISSAN TITAN SV

2018 NISSAN TITAN SV

よりスタイリッシュになった現行型タイタン。こちらは2018年型のタイタン4WDクルーマックスSVグレード。タイタンの初代は2003年に登場しており、日産初のフルサイズピックアップトラックで、搭載エンジンはその車格に見合った5.6ℓV8となる。

_N6I5840

この2018年型にもVK56(5.6ℓV8)を搭載、トランスミッションは7ATを組み合わせている。 キャビンバリエーションはキングキャブとクルーキャブ(ダブルキャブ)の2種類。

_N6I5895

2016年にフルモデルチェンジを受け、2代目となったタイタンは、それまでの武骨でワイルドなアピアランスから全面的に刷新された大胆なデザインとなった。 名前の由来は、力強さと大きさをイメージできるギリシャ神話のタイタンからきている。

インストルメントパネルはイマドキなスポーティ&スパルタンを絶妙に融合したデザインとなる。ATレバーはコラムシフトとし真ん中にも座ることができ前後合わせて6人乗りとなる。リヤの足元もかなり広いぞ。


MONAMI MOTORS【モナミモータース】
住所:埼玉県川越市的場981-7
TEL:049-232-5888
HP:http://www.monamimotors.com/

クルマを楽しみたい人の逆輸入車専門店

タイタン、アルマダなどのUS日産のダイナミックな逆輸入車をメインに取り扱うプロショップのモナミモータース。アメリカから自社直輸入により魅力的な逆輸入車を見つけてくれるスペシャリストだ。ピットにはフルサイズ車にも対応する大型リフト2基を完備し、重整備からカスタムまで行なうプロショップ。


PHOTO:浅井岳男
TEXT:木村和博

アメ車マガジン 2020年 10月号掲載


関連記事

  1. 2019 シボレー シルバラード LTZ、2019 CHEVROLET SILVERADO LTZ シボレーシルバラードは、迫力のマスクで復権を目指す。
  2. 2017 RAM 1500 EXPRESS CREWCAB 最後のクロスヘッドグリルを手に入れるべし!2017y ラム150…
  3. DSC_1626 愛車はサバーバンと同じ顔を持つC-1500。当てては直しを繰り返…
  4. ASTEP WGN ステップワゴンをベースにしたアストロ「ASTEP WGN」【埼玉…
  5. 2018 NISSAN TITAN Crew Cab SV アメマガ主催イベントで目にしたニッサンタイタンに視線は釘付け!!…
  6. 1999 Ford SVT Lightning F150をベースにモディファイされた、マッスルトラック「ライトニ…
  7. 2011 TOYOTA SEQUOIA / 2013 JEEP WRANGLER UNLIMITED 本場流の最先端カスタムを地で行くセコイア&ラングラー・アンリミテ…
  8. 1966 CHEVROLET C10、1966シボレーC10 初代シボレーC10のショートボックスはスクエアなボディシルエット…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP
×