SUV

JKラングラー×DIYカスタムはアウトドアでのカッコ良さの追求です!

JEEP女子、2013 ジープ ラングラー アンリミテッド スポーツ

JEEP女子、2013 ジープ ラングラー アンリミテッド スポーツ

2013 Jeep JK Wrangler Unlimited Sport owner : Zuu

AWESOME JEEP やっぱり「ジープ」がカッコイイ!

「街中で見た瞬間に、Jeepラングラーが欲しいって思いました(笑)」と素敵な笑顔で取材に応えてくれた21歳のずーさん。2013年型のジープ・ラングラーアンリミテッド(JK)のスポーツが彼女の今の愛車だ。

2013年モデルのコマンドグリーンにラブ♡

「大きくて四角ボディに丸いヘッドライト、それとコマンドグリーンのボディカラーが購入の決め手となりました。キャンプや釣りにスノーボードなど、アストドアが大好きなので、JKラングラーは私にとってベストな選択だと思っています」と話してくれたのは、2013年型ジープ・ラングラーアンリミテッドのスポーツに乗るずーさん。毎日の通勤のほかに、キャンプや釣りにスノーボードなどで大活躍していて、アウトドア好きな彼女の休日を楽しくする最高のクルマだ。

「スタッドレスタイヤから夏タイヤに履き替えるタイミングで、今のタイヤ&ホイールを購入しました。ホイールはMLJのXTREME‐J XJ04でタイヤはBFグッドリッチのオールテレーンT/A KO2。いろいろなタイヤとホイールを見て、一番気に入ったのがこの組み合わせでした。ほかにはDIYでのカスタムも行なっています。ハンドグリップはインスタでその装着方法を勉強しながら取り付けましたし、フューエルカバーとテールレンズガードの装着も自分でやりました。テールレンズガードは艶アリをマットブラックへとペイントして装着しています。塗装屋の友人に教わりながらスプレーで塗り直しました」。

2013 ジープ ラングラー アンリミテッド スポーツ

2013 ジープ ラングラー アンリミテッド スポーツ

カッコ良さの追求、その結果がJKラングラーという選択とその後のカスタムをずーさんが行なっている理由だ。しかし、維持は大変ではないのだろうか?「税金とガソリン代はかさみがちですが、大好きなクルマなので大きな問題ではないです。それよりも、気温が低くなるとなぜか繋がりが悪くなるブルートゥースのオーディオを何とかしたいです(笑)」。

今後もカスタムを続けていくとのことで、その様子は彼女のインスタグラム(_jeep_olllllllo_)で見ることができる。そしてもうひとつ、この9月にシボレー・C‐10に乗る旦那さんと入籍したばかり。ご結婚、おめでとうございます!

2013 ジープ ラングラー アンリミテッド スポーツ

3M7A9304

3M7A9308

3M7A9313

キャンプやスノーボードなどでも大活躍するというラゲッジには、ボディカラーとマッチさせたお気に入りのブランケットを敷く。ハンドグリップはフロントのみならず、しっかりリア側にも装着。これもインスタを見ながらずーさん自身で装着したもの。

3M7A9259-1

3M7A9261-1

JEEP女子、2013 ジープ ラングラー アンリミテッド スポーツ

その装着には、テールレンズを外す必要のあるフューエルカバー。これも自ら装着したとのこと。テールレンズガードは、マットブラックのスプレー塗料を使い、友人に教わりながら塗ったそうだ。

MLJのXTREME-J XJ04とBFグッドリッチのオールテレーンT/A KO2

JEEP女子、2013 ジープ ラングラー アンリミテッド スポーツ

ホイールとタイヤはMLJのXTREME-J XJ04とBFグッドリッチのオールテレーンT/A KO2(LT285/70R17)を装着。あれこれ調べた後に、ワイルドなそのデザインに惹かれて購入を決意したとのこと。

2013 ジープ ラングラー アンリミテッド スポーツ

FRPトップゆえに夏は暑く冬は寒い傾向にあるが「それもジープだから体験できる魅力のひとつです」というずーさん。実は高校時代に全日本アマチュアボクシング大会で優勝経験を持つ!


JLズラリのWHAだから 安心して初アメ車に挑戦できた

大きなクルマに乗りたい。そんな彼女が選んだのは、可愛らしい雰囲気とは対局のJKラングラー。

四角いカタチをしたいわゆる四駆が好き ジープラングラーアンリミテッド RINA ☆ アメマガガール

純粋に見た目だけでラングラーアンリミテッド・ルビコンをセレクト。しかもサハラエディション!


THANKS:MLJ
TEL:03-5473-7588
HP:https://www.mljinc.co.jp


PHOTO:清野央
TEXT:マーク清原

アメ車マガジン 2020年 12月号掲載


関連記事

  1. 2008 HUMMER H2 ブランド自体が消滅して8年だが 今も熱烈なファンに支えられている…
  2. DSC_1843 現在はランエボとマスタングを2台所有する筋金入りのクルマ道楽。
  3. HAOU WHEELS HUMMER H2 with FUNFORT TINYUNIT TT-03 アウトドアやキャンプにも格好良さを追求する、覇王ホイールの新たな…
  4. ブレインストームオリジナルペイント、マッドジガー、エスカレードEXT ブレインストームオリジナルの強靭塗料MAD JIGGER(マッド…
  5. _N6I3204 【JLラングラー】上質な力強さに遊び心を加え 〝自由〟な使い勝手…
  6. 1995y CHEVROLET SUBURBAN、シボレーサバーバン amZ2018で最優秀賞を獲得 シャイアンフェイスが熱い!
  7. 2018 Jeep WRANGLER RUBICON、2018ジープラングラールビコン どうしてもショート+MTのJLラングラールビコンが欲しかった!
  8. CHEVROLET CHEVELLE NOMAD、CHEVROLET SUBURBAN シンプルなシェベルとアメリカンなリフトアップサバーバン

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP
×