クーペ

【マスタング 50YEARS EDITION】マッチペイントで統一感を強調 ノーマルとは異なる個性を放つ!

2015 FORD MUSTANG 50YEARS EDITION

2015 FORD MUSTANG 50YEARS EDITION

2015 FORD MUSTANG 50YEARS EDITION

be high on MUSTANG マスタングが僕らのハートを高ぶらせる!

誕生以来、マッスルカーの灯を絶やさず牽引し続けるマスタング。日本のチャレンジャーブームの先駆者たるラグジでは、マッスルカーの代名詞と言うべきマスタングのアイテムも絶賛販売中。だが、慣れ親しんだラグジのスタイルとは、一風異なるのが特徴だ。

ジミ過ぎずハデすぎない大人なカスタム

オリジナルのボディラインを活かしつつ、大胆な解釈と斬新な手法で個性のカタマリと言うべきスタイルへとアレンジする、ラグジEDGE CUSTOMS。チャレンジャーオーナー御用達のカスタマイズアイテムと誰もが思うが、マスタング用のアイテムもラインアップ中。これまで本誌では幾度と無くマスタングのデモカーを紹介してきたが、今回の仕様は島澤社長曰く「スッキリ、しょうゆスタイル」とのことだ。

2015 FORD MUSTANG 50YEARS EDITION

2015 FORD MUSTANG 50YEARS EDITION

ベースとなるのは現行マスタングのファーストモデルと言うべき、50周年イヤーズエディション。前後/サイド/トランクスポイラーはもちろんEDGE CUSTOMSをチョイスする。フロントスポイラーの下に追加するアンダースポイラーもラインアップするが、あまり派手すぎないようにしたいと言うユーザーのリクエストで、敢えてレスとしている。また、マスタングは未塗装の樹脂パーツを各部に採用するが、これをボディ同色にペイント。エアロパーツの追加もさることながら、全体的な統一感を醸し出しているのがポイントだ。

エアロパーツの装着で低いスタイリングは演出可能だが、やはり車高調を組み合わせることで、その完成度はさらに増してくるもの。フロントは245、リヤは275タイヤに変更することで、路面を蹴り上げ疾走する野生馬らしさを強調している。

まさに、マッスルカーはかくあるべき! と思わせてくれるような、シンプルだが存在感のあるスタイル。そのアダルトな佇まいは、大人が似合うカスタムカーだ。

ベースとなるのは、2015年に販売された50周年モデル。樹脂むき出しの部分をボディ同色とすることで、逞しさや高級感をアップ。さらにEDGE CUSTOMSのパーツを追加することで、唯一無二の存在へと進化させる。ちなみに50周年モデルのリヤコンビはクリアレンズが標準。ポジションはグリーンに変更し、オリジナリティを強調。

ホイールはnicheの新作・GEMELLO M219をチョ イス

ホイールはnicheの新作・GEMELLO M219をチョイス。ブラック&マシニングのカラーや20インチというサイズ感が見事にマッチ。まさにベストなバランスを産み出している。

前後バンパーに加え、トランクにもスポイラーを追加し、疾走感を強調させる。サイドスカートは前後部分を立体的な造形とすることで、ボトム部分にフロントからリヤへと続く新たなキャラクターラインを創造する。マフラーはマグナフローをチョイス。漆黒のボディの中で、マスタングエンブレムとマフラーエンドがひときわ映える。


アメリカで賞賛の嵐を生んだキングオブチャレンジャー

マッスルというよりも「スポコン」的な要素を入れた独自路線を突き進むSRT8 HPE600

マッスル感を高めるMラインを注入 チャレンジャーSRTヘルキャット

チャレンジャーならLUXZ、訪問して感じた安心感が決め手


LUXZ
TEL:058-259-3922
URL:https://luxz.jp


Photo: 浅井岳男
Text: 空野稜
アメ車マガジン 2020年 12月号掲載


関連記事

  1. 2010y フォード マスタングGT エレノアVer、2010y FORD MUSTANG GT ELEANOR Ver 一度は諦めかけたエレノアの夢を、新しい家族の誕生で実現させる
  2. 1995 FORD F-150 【フォードF-150】90年代らしさを残した、正統派リフトアップ…
  3. 2018 フォードエクスプローラーリミテッド、2108 フォードマスタングエコブースト アメリカンクーペからSUVまで、フォードも充実したスパーク
  4. 2018 CHALLENGER SXT、2015 CHALLENGER SRT8 良質なユーズド・チャレンジャーをライバル車と見比べられる好環境
  5. アメマガガール、2016 フォード エクスプローラー タイタニアム、2016 FORD EXPLORER Titanium 家族のことを思えば エクスプロラーが一番です!
  6. 2007 CHEVROLET CORVETTE、2007 シボレーコルベット ライバルである兄にはコルベットの購入をずっと秘密にしていた
  7. ダッジチャレンジャー、チャレンジャー、CHALLENGER カスタム作業を実行に移すべく、チャレンジャーはラグジの元へ
  8. 2019 FORD MUSTANG V8 GT FASTBACK、2019 フォード マスタング V8 GT ファストバック 右ハンドル最新マスタングが フォード3拠点に到着!!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP
×