クーペ

走りと経済性のバランスが取れた、マスタングエコブーストモデル

2018 FORD MUSTANG PREMIUM Eco Boost Performance PKG

2018 FORD MUSTANG PREMIUM Eco Boost Performance PKG

2018 FORD MUSTANG PREMIUM Eco Boost Performance PKG

be high on MUSTANG マスタングが僕らのハートを高ぶらせる!

走りと経済性のバランスが取れた、エコブーストモデルだけを販売中

SUVからスーパーカーまで、世界中のあらゆるスペシャリティカーを取り扱うアズール。もちろんマッスルカーもその一角を占めており、特にマスタングを積極的に取り扱うが、敢えてV8モデルではなく2.3ℓのエコブーストだけを取り扱っている。

マスタングに乗るなら、やっぱり5.0ℓのV8でしょ!と思う人はまだまだ多いと思うが、最近のアメ車は排気量のダウンサイジング化がますます進んでおり、その先鞭をつけたのが現行マスタングと言える。数値だけ見ると2.3ℓは物足りなく思えるが、実用性や経済性を考えると「必要にして充分」だし「お財布にも優しい」。となると、答えはアリだ。

AZZURRE MOTORING

そんなユーザーの嗜好を反映して、アズールでは2.3Lのエコブーストだけを在庫中。取材時には6台ストックがあり、スタンダードとパフォーマンスパッケージをちょうど3台ずつ展示。基本的にノーマルだが、アズールではシンプルだが非常に効果的なカスタムも提案中だ。

今回ピックアップしたのは2018年式のプレミアムで、走りを重視したパフォーマンスパッケージが装備された車両。実はマスタングを始め、アメ車のマッスルカーの多くは飛び石や擦り傷を考慮して、グリルやボディアンダーに未塗装パーツを採用するケースが多い。実用性は問題ないが、正直言ってどうしても見栄えは劣り高級感に欠けるのだが、これらの未塗装部をボディ同色にペイントするだけでさり気なく、でも見違えるほどグレードアップさせる事が可能。ボディパーツを追加せず色だけでここまでスタイルが変わるのだから、マストなカスタムメニューと言えるだろう。

もちろん、アズールではそれ以外のカスタムにも対応可能。自分の理想通りのマスタングを、イチから創り上げていくことも可能だ

2018 FORD MUSTANG PREMIUM Eco Boost Performance PKG

2018 FORD MUSTANG PREMIUM Eco Boost Performance PKG

2018 FORD MUSTANG PREMIUM Eco Boost Performance PKG

マスタングらしさの1つに高い運動性能が挙げられるが、その性能を思う存分堪能できるパフォーマンスパッケージを装備。ストラットタワーバーやインパネ中央に追加メーターを装備するが、スイッチ1つで様々な走行モードの切り替えやステアリングフィールが切り替えられるのも魅力。エクステリアは基本的にノーマルだが、本文で述べたように樹脂パーツをボディ同色にペイント。また、ホイールやブレーキキャリパーもブラックでペイントし、凄みが増したと言えるだろう。


アグレッシブな走りを体感したい人に贈る。マスタングパフォーマンスPKG

エレノアらしい“走り”を磨き上げた珠玉の一台、シェルビーマスタング

パーツだけでなく色も重要なカスタムアイテム シボレーカマロ

本国“ワイドボディキング”と結びつけるAZRコネクション


AZZURRE MOTORING
TEL:0562-95-0678
URL:http://azzurre-motoring.com


Photo: 浅井岳男
Text: 空野稜
アメ車マガジン 2020年 12月号掲載


関連記事

  1. CA4R003999 話題のワークスモデルを“ 百式” 強化武装!2009y ダッジ …
  2. 1970 CHEVROLET CHEVELLE SS396 GMのマッスルにおいて最もポピュラーで人気のシボレー・シェベル
  3. 2014y Ford Mustang 5.0GT ELEANOR Ver、2014y フォードマスタング 5.0GT エレノア Ver ひと目惚れしたエレノアは、走ることが楽しいと思えた初めてのクルマ…
  4. 2018 DODGE CHALLENGER SRT HELLCAT エアサス搭載のチャレンジャーヘルキャットでドリフトを楽しむ
  5. 221 COBB チューン続々増加中 エコマスタングが面白い!フォードマ…
  6. 2015ダッジチャレンジャーSRT ヘルキャット、2015 DODGE CHALLENGER SRT HELLCAT サブライムグリーンの個性的なチャレンジャーが驚異的なカスタムスピ…
  7. 2 漆黒のごとく深い艶を放つシェベル。そのコンセプトはマイアミから生…
  8. _N6I2233_ Special Interview【LUXZ 代表取締役 島澤 …

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP
×