クーペ

「各務原まつり」に登場した戦闘機カラーのマスタング

FORD MUSTANG

DSC_2257

FORD MUSTANG OWNER : 犬塚貴志
LBWK LIBERTY WALK CUSTOM OWNERS FILE ②

ワイドボディやスラムドスタイルはサラッとラフに乗りこなせ!

日本のみならず世界にその名を轟かせるリバティーウォーク。その独創的なスタイルに魅了されるファンは国内外を問わず増殖中。常にトレンドの最先端を行く姿勢は多くのカスタムフリークたちを虜にし、同社のカスタムコンプリートモデルを指名買いするユーザーも多い。しかし、クルマは飾って眺める物じゃない。ラフに走らせて楽しんでこそ本当の価値がある。

各務原まつりで話題となったクルマ!

2019年の9月、岐阜県の各務原市で開催された「各務原まつり」に登場した戦闘機カラーのマスタング。実はその一カ月前にオーナーとなり、現地まで乗りつけたのが紹介する犬塚さんだ。航空自衛隊、飛行開発実験団のF‐4EJ、F‐15J、F‐2Aが、リバティーウォーク製作の戦闘機シリーズ(アヴェンタドール、ウラカン、フェラーリ458、BMW435i、R35GT-R)が集結する姿はユーチューブでも話題となり、まるでハリウッド映画の様な超絶なインパクトを誇る。撮影当日、犬塚さんは仕事の都合で遅れて参加となったのだが、その存在感の高さは別格。

FORD MUSTANG

FORD MUSTANG

戦闘機カラーと簡単に言っても、リベット打ちの部分など高速で空を舞うことで発生すると見立てた黒い風切りの跡を筆頭に、フロントボンネット先端の擦れや傷まで忠実に塗装で再現されている点は、もはや芸術の域。大げさかもしれないが、実際に空を飛んできたかの様な錯覚すら覚える程にリアルだ。「思わず実車をじっくり撮ることができて光栄です!」とオーナーと話をすると、最初は皆そういってくれるんだけど、仕事先に乗り付けても見慣れてくると「またあのクルマで通勤している程度にしか思われなくて…、その位自分にとっては日常で、割と普通に乗っています」と。戦闘機マスタングの人! で覚えてもらえるのは本望。「もう見慣れた」と言われるくらい当たり前にデイリーユースすることこそ、クルマ冥利に尽きると言えるだろう。

真鍮の様な風合いのエンブレムも塗装で表現しており、コンセプトが明確かつ徹底されている正真正銘のショーカー。カジュアルな戦闘機塗装や、ヤレた感じを演出するエイジング塗装とは一線を画す、仕立ての良さも特筆物だ。

こちらのページで紹介するワイドボディマスタングとパーツ構成はほぼ同じなのに、まるで数年間戦地で活躍して帰還したかの様な印象をもたらせる別格のオーラが漂う。マフラーはFI可変バルブ式を採用しており、日常走行で音量をマイルドに切り替え可能なこともデイリーユースを可能にするギミックの一つとなる。

THANKS:LIBERTY WALK
TEL:0561-51-0001
HP:https://libertywalk.co.jp

PHOTO&TEXT:石井秋良
アメ車マガジン 2020年 12月号掲載


関連記事

  1. DSC_2095 異なる楽しみ方を堪能 シボレーカマロ & GMCユーコ…
  2. アイファイブ、I-5 アイファイブならではの確固たるスタンスは、リニューアルしても変わ…
  3. 1963y Chevrolet CORVETTE C2、1963y シボレーコルベット C2 希少価値の高いC2コルベットスティングレイのスプリットリアウィン…
  4. 2009y FORD E350 XLT 4WD、2009 フォードE350 XLT 4WD 4WDシステムを搭載する、大変希少なフォードE350
  5. 1967y ポンティアック GTO、1967y PONTIAC GTO 優美なルックスを持つマッスルカーのパイオニア 1967y ポンテ…
  6. _8MP6305 アメ車に求めるインパクトフェロモン香るオトコの1台 フォードF3…
  7. 1965 Buick Riviera、1965 ビュイック リビエラ ずっと憧れていた65年型リヴィエラをネットで発見し、現車を見ずに…
  8. _DSC7910 特注エアサスを組み込み 広島カープの本拠地で完全着地【ジェットシ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP
×