クーペ

青いリバティーウォークフルコンプリートのマスタングを見て一目惚れ

FORD MUSTANG

DSC_2182

FORD MUSTANG OWNER : じゃが~
LBWK LIBERTY WALK CUSTOM OWNERS FILE ③

ワイドボディやスラムドスタイルはサラッとラフに乗りこなせ!

日本のみならず世界にその名を轟かせるリバティーウォーク。その独創的なスタイルに魅了されるファンは国内外を問わず増殖中。常にトレンドの最先端を行く姿勢は多くのカスタムフリークたちを虜にし、同社のカスタムコンプリートモデルを指名買いするユーザーも多い。しかし、クルマは飾って眺める物じゃない。ラフに走らせて楽しんでこそ本当の価値がある。

ガンメタリック×ブロンズの黄金比!

こちらのページの青いリバティーウォークフルコンプリートのマスタングを見て一目惚れしたことがキッカケで2020年の3月に購入したばかりのじゃが~さん。20代半ばの若さで勢いのある選択肢は非常に好印象。シルエットは同じでも自分なりに色を出していきたいとこだわったのがボディカラーとリムカラーのコーディネートであり、ガンメタリックのマットを基調としながらリム部分にブロンズの差し色を取り入れているのがポイント。

FORD MUSTANG

FORD MUSTANG

また細かい部分ではあるが、ボンネットのワークスネイションステッカーもボディカラーに馴染んでさり気なく主張しており、定番とは一味異なるステッカーチューンのアレンジも特筆物だ。ちなみにエアサスはAIRREXを搭載しており、フロント9.5J、リア12Jのディープリムを際でかわすスラムドスタイルは圧巻の一言!

2.1mにも及ぶ車幅は初めてのアメ車としてはかなりハードルが高かったそうだが、乗り出すとギリギリでコインパーキングにも収まるし、乗らなきゃ慣れないからと、躊躇することなくどこへでも乗りつけるのがじゃが~さんのスタイル。そう言えばここ最近は〝若者のクルマ離れ〟なんて言葉を聞かなくなったが、彼の様に勢いのある若者は目に見えて増加傾向にある。次世代のアメ車オーナーたちがカスタムシーンを熱く盛り上げてくれることは非常に嬉しい限り!

PS3・グランツーリスモをはじめ、リアルなチューニングカーをゲームの世界で楽しんだ世代であり、YoutubeやSNSを通じて世界中のカスタムトレンドをタイムリーに手に入れられる今の若い世代だけに、玄人を唸らせる目の肥えたカスタムをアッサリとこなせる。長年の経験と実績云々ではなく、直感的な格好良さにストイックであることが若い世代のカスタムシーンにおける一番の魅力と言える。

DSC_2189


LBWK LIBERTY WALK CUSTOM OWNERS FILE

白黒基調で往年の旧車らしさが際立つチャレンジャー

「各務原まつり」に登場した戦闘機カラーのマスタング

ディープインパクトブルーカラーにLBワークスフルコンプリートとなるマスタング

セマ出展車両のクライスラー300をパワフルにこなすアメ車女子

押し出し感の強い威風堂々とした表情で魅力を放つクライスラー300C

同級生の2人が選んだのは、ラグジュアリーブームを巻き起こした300とH2だった。


THANKS:LIBERTY WALK
TEL:0561-51-0001
HP:https://libertywalk.co.jp


PHOTO&TEXT:石井秋良
アメ車マガジン 2020年 12月号掲載


関連記事

  1. _N6I5767 魅力溢れる80~90年代のアメ車たち【C3 Corvette/C…
  2. 2017 FORD MUSTANG EcoBoost 掟破り? LBワークスフェンダーのスムージング加工したマスタング…
  3. FORD MUSTANG、フォードマスタング 若いうちは好きなことをしたいと、揃ってマスタングを選択したカップ…
  4. 1928 フォード モデルA セオリーに囚われることなく、掟破りなカスタムで魅せる FORD …
  5. 2012 FORD MUSTANG CONVERTIBLE 豪快なワイドフォルムで、圧巻のオーラを放つマスタングコンバーチブ…
  6. 2015y DODGE CHALLENGER SRT392、2015 ダッジチャレンジャーSRT392 ボディカラーはマイカラーである青のB5ブルーのチャレンジャーSR…
  7. _N6I1924 究極の自動車趣味としてアメリカでは定着している「ストリートロッド…
  8. 2013y CHEVROLET CAMARO Hot Wheels EDITION ホットウィールと、シボレーがコラボしたモデル。カマロ・ホットウィ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP
×