クライスラー

押し出し感の強い威風堂々とした表情で魅力を放つクライスラー300C

CHRYSLER 300C

CHRYSLER 300C

CHRYSLER 300C OWNER : はじめちゃん
LBWK LIBERTY WALK CUSTOM OWNERS FILE ⑥

ワイドボディやスラムドスタイルはサラッとラフに乗りこなせ!

日本のみならず世界にその名を轟かせるリバティーウォーク。その独創的なスタイルに魅了されるファンは国内外を問わず増殖中。常にトレンドの最先端を行く姿勢は多くのカスタムフリークたちを虜にし、同社のカスタムコンプリートモデルを指名買いするユーザーも多い。しかし、クルマは飾って眺める物じゃない。ラフに走らせて楽しんでこそ本当の価値がある。

極艶、漆黒、威風堂々の風格を極める!

新旧甲乙付けがたい魅力を放つ300だが、フェイスのインパクトだけで言うと、押し出し感の強い威風堂々とした表情で魅力を放つ旧モデル。キャデラック優勢だったアメ車のセダン部門で、新たなキャラクターが加わることで再びセダンブームを巻き起こし、国産VIP系から300Cへと乗り変えるオーナーも当時は多かった。

CHRYSLER 300C

CHRYSLER 300C

現車はリバティーウォークの従業員が過去に所有していた車両で、LBフルエアロにフォージアートホイール、エアフォースのエアサスペンションなど、手塩にかけてカスタムを施したのを3年前に購入。アメ車が好きでリバティーウォークに遊びに行くたびに様々な車両を目にしてきたが、その中でもっとも存在感が際立っていたのがこの300で、ほかの選択肢はなかったと当時を振り返る。さすがに2008年モデルなので多少の経年劣化による整備やメンテナンスは必要となってくるが、大きなトラブルはなくグッドコンディションを保つ。

DSC_2117

また、洗車傷の目立つ手入れの大変な漆黒ボディだが、常に磨きを怠らずに極艶ぶりをキープしている点も称賛物。新車から10年以上経つと中古車市場でも良い個体と悪い個体の差が歴然となってくるが、こうして大切にするオーナーの手に渡れば20年、30年と時を刻み、次世代のビンテージモデルとして来世に残していける可能性も高まる。価値ある個体を残すも廃らせるも、巡り合うオーナー次第と言えるだろう。

発売当初はベントレーに匹敵する顔面力で威圧感抜群だった300C。ここ数年は中古車の球数も徐々に減少傾向で、程度の良い個体の希少性が高まりつつある。大切に扱ってきた車両は将来ビンテージモデルとして再び脚光を浴びる可能性もあるので、このまま頑張ってコンディションを維持して欲しいところだ。


LBWK LIBERTY WALK CUSTOM OWNERS FILE

白黒基調で往年の旧車らしさが際立つチャレンジャー

「各務原まつり」に登場した戦闘機カラーのマスタング

青いリバティーウォークフルコンプリートのマスタングを見て一目惚れ

ディープインパクトブルーカラーにLBワークスフルコンプリートとなるマスタング

セマ出展車両のクライスラー300をパワフルにこなすアメ車女子

同級生の2人が選んだのは、ラグジュアリーブームを巻き起こした300とH2だった。


THANKS:LIBERTY WALK
TEL:0561-51-0001
HP:https://libertywalk.co.jp


PHOTO&TEXT:石井秋良
アメ車マガジン 2020年 12月号掲載


関連記事

  1. 2017 CADILLAC CT6 プラチナム V6 3.6ℓ AWD 世界をリードするラグジュアリー、優雅な時間を堪能できるCT6
  2. RSF_3006 クールな雰囲気のツヤ消しブラックにフルラッピングしたダッジチャー…
  3. DSC_8479 カスタムするたびに愛車がカッコよくなる クライスラー300C H…
  4. DSC_1899 彼女の愛車はクール&スタイリッシュな漆黒のチャージャー…
  5. 2011y DODGE CHARGER、2011y ダッジ チャージャー チャレンジャーには負けないチャージャーカスタムの面白さ
  6. 2010 CHRYSLER 300C SRT8、2010 クライスラー300C SRT8 300Cにマグナムフェイスをスワップし 24インチを収める究極加…
  7. DSC_8263 惹かれた一番の要因はフロントフェイス クライスラー300C MA…
  8. 01_GC_Main2_opt カスタムも視野に入る 59年型シボレーインパラ【グレイスキャブ】…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP
×