クーペ

機能とスタイルを融合させたエアロ【DODGE CHALLENGER R】

EDGE CUSTOMS Produced by LUXZ DODGE CHALLENGER R

EDGE CUSTOMS Produced by LUXZ DODGE CHALLENGER R

EDGE CUSTOMS Produced by LUXZ DODGE CHALLENGER R

機能とスタイルを融合させたエアロ、いま見ても少しも陰りを見せない

チャレンジャーのラインナップにワイドボディが加わったのが2018年。だがそれよりも2年も先に、ラグジはワイドボディキットをリリース。世界にその名を知らしめるラグジだが、メーカーの先を行くその製品は、今でもまったく色褪せない。

大量生産品から唯一無二へ、R‐LINEが昇華させる

アメ車の宿命と言うべき、モデルイヤースタイル。毎年のようにグレードの追加や小変更が行なわれ、カラーバリエーションに至っては1年で消えることも珍しくない。ユーザーにとって非常に悩ましく、いつ買えば良いのか正直悩むところ。

それはデビューから10年以上経過し、今なお絶大な人気を誇るチャレンジャーに於いても例外ではない。2015年モデルから最凶モデルとしてヘルキャットが登場したが、2018年モデルではデーモンが登場。さらにその翌年にはレッドアイが追加され、最初期モデルのヘルキャットオーナーはじくじたる思いを禁じ得ない。

EDGE CUSTOMS Produced by LUXZ DODGE CHALLENGER R

_N6I0774

だが、そんなヘルキャットオーナーの溜飲を下げてくれるのが、EDGE CUSTOMSのR-LINEだ。いくら最新モデルがすごくても、それはあくまでも大量生産品。オンリーワンを目指すなら、やはりカスタマイズという手段は欠かせない。だが。せっかくのヘルキャットのイメージを損なうようなカスタムはしたくない。そこでラグジが採り入れたのは、走りを追求したレーシングスタイル。エアロパーツと一体でボディラインを描くカナードを採用し、スポーティさを超越したレーシーさを表現。ダッジがリリースしたワイドボディモデルと比較しても引けを取らないタイヤサイズを装着しており、むしろチャレンジャーのワイドボディはラグジが本家本元と言ってもおかしくはない。

2016年にR‐LINEが発表されたが、今でも非常に斬新だ。EDGE CUSTOMSは単なるパーツではなく、時代を先取るヘッドライナーなのかも知れない。

マットカーボン&ブラッシュドリムのWORK EMOTION CR 3P

マットカーボン&ブラッシュドリムのWORK EMOTION CR 3P

サスペンションはAir Forceのエアサス

サスペンションはAir Forceのエアサスに交換し、実用性を損なわずスタイリングも追求。R-LINEのキットを装着したことで、フロントは275/35ZR20、リアは315/35R20をセット。かなりぶっ飛んだサイズではあるが、ラグジでは定番と言えるサイズ。ボディカラーに合わせ、マットカーボン&ブラッシュドリムのWORK EMOTION CR 3Pを装着する。

チャレンジャーのカスタムに、レーシングスタイルを採り入れる!というコンセプトで誕生した、EDGE CUSTOMS R-LINE。2016年にリリースされたが、5年近く経過してもまったく色褪せて見えない。ある意味、時代を先取りしたスタイルなので、今世の中が追いついて来たと言っても過言ではない。フロントグリル/前後オーバーフェンダー/前後カナード/サイドスカート/トランクスポイラー/オリジナルサイドデカールの8アイテムから構成されるが、どれか1つ欠けても成立しないほど、完成されたカタチだと言えるだろう。


マッスルというよりも「スポコン」的な要素を入れた独自路線を突き進むSRT8 HPE600

MOPERが後追いするほどの先進性を感じさせるラグジのM-LINE

ヘルキャットの本性が目覚める 野生的&攻撃的なスタイル!エッジカスタムズ チャレンジャーS

チャレンジャーSの物理的な立体感にローハンの視覚的な立体感が合体

マッスル感を高めるMラインを注入 チャレンジャーSRTヘルキャット


Thanks:LUXZ
TEL:058-259-3922
HP:https://luxz.jp


Photo:浅井岳男
Text:空野稜
アメ車マガジン 2021年 1月号掲載


関連記事

  1. 0S7A9376 実は絶滅危惧種のサードIROC-Z【1990 Chevy Cam…
  2. CA4R0015 チャレンジャーカスタムに旋風を起こす噂のモデルが次なる一歩を踏み…
  3. コルベットC4、CORVETTE C4 コルベットヒストリー④【1984~1996 コルベットC4】
  4. 2019 Chevrolet Corvette ZR1、2019 シボレーコルベットZR1 最強のコルベット再び!最高出力はコルベット史上最強の755hpを…
  5. DSC_6903 SRT-8に惜しげもなくぶち込んだフォージアート30インチ! ダ…
  6. 2011 FORD MUSTANG GT500E ELEANOR あの映画のシーンが蘇る“エレノア”さらに過給機を武装して走りも過…
  7. DODGE RAM、ダッジラム アウトローな雰囲気で独特の存在感を放つラムトラック。
  8. _N6I2452 キチンと調教されたように見えつつ、アクセルという鞭で野性が目覚め…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP
×